お買い物

2008年9月23日 (火)

久しぶりのヒット

Epot 以前から小型の電気ケトルが欲しかったのですが、暑くてお茶を飲む機会が減ったので買わないで我慢していたのですが、私も不注意だったのですが先日土瓶に火を付け、沸いたら止めてもらうように母に頼んでいたのですが、お互いに消し忘れてあと少しで空焚きするところでとても危ない思いをしてからというもの、あちこち電気ケトルを探し回り、この前の日曜日に手に入れました。

 母が台所の日を消し忘れたのは今回だけでなく、最近何度も経験していてとても危なく感じていましたので、今回のは単なるきっかけに過ぎません。
 湯を沸かすにはレバーを下げなければスイッチが入りませんし、沸騰すれば自動的にスイッチが切れますので、空焚きの心配もありません。
 聞くと時々使っているようなので、一安心しています。

 まぁそれよりもこの電気ケトル、800mlタイプですが、私にとってはお茶や土・日に食べるカップ麺に使うだけなのでこれで充分足りています。。
 しかも、5~6分で沸騰してくれるので極端に待たずにお茶を入れることができます。
 しかも完全に沸騰するので烏龍茶やプーアル茶を飲む時には、ベストの状態で入れることができます。烏龍茶とプーアル茶は熱湯でないといけません。低い温度で入れると、美味しくないんです。

 じゃぁ緑茶を飲む時は? 
 中国緑茶を飲む時には決して慌てません。
 私は常に真空ステンレス水筒にお湯を入れて入れますので、ある程度の時間が経てば自然に緑茶を飲むのに適した温度になっています。
 もし低くなりすぎていた場合には、もう一度沸かし直して茶海で冷ませばいいのですから、問題ありません。
 お茶は慌てて飲んだら美味しくありませんからね。

 この手の小さな電気ケトルはプラスチック製とステンレス製の2種類あり、ステンレス製の方が低価格からあり機能も私が買った物と変わりないのですが、私はプラスチックのあの臭いがいやなので多少高くてもステンレス製を選びました。
 ステンレス製だと火傷の心配がありますが、それ以上に臭いが気になってお茶が飲めなくなったのでは買ったことが無駄になってしまいます。

 それともう一つこのケトルを選んだのが、注ぎ口の形状です。
 お茶やコーヒーを飲む時、どうしても細かな動きをすることがあり丈夫に受け口のような注ぎ口の形状では使いにくいと思ったのです。
 お湯を注いでみた感触は、実に使い勝手の良い物で、これで正解でした。

 ちなみにこの電気ケトル3980円。
 安くて、良い買い物をした時の喜び、最高です!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月14日 (日)

建水(けんすい)

Hira_kensui 先日オークションで落札した、平建水です。

 大きさは内側の寸法で、直径20センチ、高さ5センチと私が持っている建水としては大きくて、初めて見た時はチョットビックリしました。

 ところで、建水(けんすい)って何?って事もあると思いますんで、チョットだけ説明。

 建水は茶道で使われ、茶碗を清める時に浸かった水を捨てる器で、水こぼしと表現されることもあります。
 中国茶の世界では水盂(すいう)と言われ、日本の茶道と同じように主に水こぼしとして使われますが、茶館に置いてある場合にはゴミ捨て代わりとしてナッツの殻、果物の皮や芯、お菓子の包み紙などを捨てるために置いてあります。

 この形のものは珍しいので建水ではないのかもしれませんが、私はこれを落花生やヒマワリの種の殻を捨てるのに丁度良いと思い落札しました。

 使い勝手がとてもよく、殻付き落花生はこの上で開ければ殻や薄皮が飛び散って汚くなることはありません。

 落札金額+送料+手数料の合計で2000円程度でした。
 この価格が適正なのかわかりませんが、この価格で気に入った者が入手できたのですから、私は本当に喜んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

お土産

Zhangxiaoquan 杭州へ行った時のお土産といえば龍井茶、シルク、蓮根の片栗粉、王星記の扇子などありますが、もう一つ忘れちゃいけないのが 張小泉の刃物。

 中華包丁~ペティナイフなどの料理用の刃物も捨てがたいのですが、私が張小泉をお土産として選ぶのならば、爪切りをオススメします。

 中国の製品が『安かろう・悪かろう』というのは昔の話しになってしまった感がありますが、中国に行って実際にものを見てみると・・・・という物が未だにあります。

 ですが、この張小泉は良い物を作っています。
 以前ドイツのゾーリンゲンのヘンケルスで購入した爪切りもパチンパチンと切れ味鋭く10年経った今でも購入当時と全く変わらぬ切れ味ですが、張小泉の爪切りもヘンケルスに負けず劣らずパチンパチンといい音をして爪が切れます。
 しかも、切った後の爪もギザギザすることなく、しかも足の親指がその状態で切れるんです。

 価格は10元チョット。 
 日本人にとっては容易に手を出しやすい金額です。

 清の皇帝も使ったと言われる、杭州きっての老舗である張小泉”の刃物。
 杭州市内には幾つも扱う店がありますので、一度立ち寄ってみてください。
 杭州でも有名なお土産街である”河坊街”にもあります。
 2008年8月現在は、扇子で有名な王星記と同じ建物の中にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

買い物

Suisen 衝動買いをして失敗を繰り返すのが私なのですが、衝動買いするのは大抵は数百円のものが多いんです。

 数千円、数万円の買い物はかなり慎重です。

 まず店舗を除き価格を確かめ、ネットショップ、オークションで価格を確かめます。
 確かにオークションやネットショップは安いのですが、送料・送金手数料などを価格に上乗せすると店舗よりも高くなってしまうことがあります。

 100均ショップも確かに安いと思うのですが、同じようなものがスーパーやホームセンターではもっと安く買えることがありますので、急がないものや100均ショップでしか置いていないもの以外は複数の店を見るようにしています。

 とまぁ、かなり買い物も慎重になりつつあるのですが、スーパーに行くと時折タガが外れてしまうことがあり、後悔しきりです。
 食べ物に出しているお金を他に回せば、もう少し面白いことができるのかも、とこの文章を書いていて気付きました。

 う~ん、お金の使い多難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

箸置き

Nezumihashioki 昨日の土曜日に行った世界お茶祭りも今日でおしまい。

 さほど大きな会場ではありませんが、丸一日会場内をウロウロしていたため今日は疲れてグロッキー状態です。

 で本当はお茶祭りで見つけたお茶の掘り出し物の話を書こうと思っていましたが、あまりに疲れてしまっているので、別のことを書こうと思います。

 お茶祭りといっても茶葉の普及や販売だけでなく、書籍・菓子・製茶の機械、そして陶磁器も展示販売していました。
 私の目をひいたのは日本の陶磁器ではなく韓国の陶磁器で、色や形の具合が私の感性にピッタリあっていました。でもねぇ、ちょぉっと価格と私の懐具合の相性が合わなくて、購入は控えてきました。
 韓国の茶器はお茶を飲むだけでなく、酒器としても使えるような感じがしました。
 色と形は私好みですから、あとは大きさと価格の折り合いが付けば、是非手に入れてみたいものでした。

 で、実際に今回私が手に入れたのは、”母のコレクションをお手伝い”というのを口実に私が集めている箸置き。
 有田焼のブースにあった来年の干支ネズミの箸置きを見つけ、あまりの可愛らしさに思わず手にとって店員さんに渡していました。

 母に”買ってきたよ~”と渡したらとても喜んでいましたが、実のところは私が集めているということには未だ気付いていません(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

新しいデジカメ

2007westlakelotusflower 杭州旅行の為に購入したデジカメCanon TX1、なかなか良い品です。
 今まで持って行ったニコンのデジカメと比べると、色彩はニコンの方が好きなのですが、キャノンTX1はなんと言っても動画が撮れることと光学10倍ズームが魅力です。

 今回の蓮の花の写真は岸から遠い場所にあったのですが、10倍ズームを使ってご覧のような写真が撮れました。
 高画質の動画を長時間撮るためにはSDHCの高容量なSDカードが必要で、予備のバッテリーを持った方が確実、という短所はありますが、良いカメラです。

 大きな声では言えませんが、”中国の働く人達”という隠れた写真のテーマがあるのですが、それを撮るには(隠し撮り?)10倍ズームは最適です。

 動画も西湖の風景、古い町並みを再現した河坊街、茶芸師さんのお茶を入れるところ等を撮影できました。

 ニコン同様に潰れるまで使い続けたいカメラに出会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

ハイキ それとも ハイク?

2007hangzhou4shoes 今まで履いていた靴が壊れてきたため、今回の杭州行きでは靴を買うこともお買い物リストの中に入っていました。
 そのため、自宅を出る時から足下はスポーツサンダル。まるで近所のスーパーへ買い物に出かけるような出で立ちで日本を発ちました。

 今まで4度、杭州に行っていますので現地の状況に慣れるのは割と早く、到着した当日の夜には貨幣価値も現地の感覚になり、欧米のスポーツブランドの靴の値段は日本円にした場合3000円~8000円と意外と高かったのですが、それでも一足買っておかなければと思っていました。
 一人で行動する時には購入することを忘れていたのですが、杭州に暮らす中国の友人達と一緒に”市場”へ出かけた時ふと思い出し、幾つかの店を物色していて見つけたのがこのスニーカー。

 ご覧のようにモノクロの割とポップな感じのデザインは私のお気に入りで、靴ベラの部分には RKAN2008 と、カカトの部分にはHIKEと書かれており、側面には刃の部分が短い鎌状のラインが入っています。

 ご覧になっている皆さん、思っていることは手に取るようによ~く分かります。でもね、よ~く見て下さい。
 「俺のデザインどうだい?君の知ってるブランドのと違いだろ!それにな、俺はそんじょそこらの粗悪な中国製と違い、2,3回の雨くらいじゃ壊れないぜ!」って言っているような感じがしませんか?少なくとも私には、靴がそういっているようにしか感じられないんです。
 これ履くと、外出が楽しく感じられること間違い有りません!

 

 お金の話をすると下品に感じられるかもしれませんが、当初この靴の金額は125元(2000円弱)だったのですが、私の友人のオネェさん達6人がかりで値引き交渉した結果50元(800円弱)で購入することが出来ました。
 現地の何人もの知り合いが 『この靴で50元は安いね』 と褒めてくれたので、私はとても良い買い物をしたようです。

 ちなみに、この靴を購入した翌日は嬉しくて嬉しくて一日この靴を履いて移動したのですが、一日履いた結果として右足の裏に10円玉大の立派なマメをこしらえてしまい
 ・・・HIKEって名前が悪かったか!? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

靴を買う

Hike 中国話がしばらく続きますが、我慢してください。

 今回、始めから靴を買うつもりでスポーツサンダルを履いて行き、現地で購入してきました。

 日本では中国でも有名なスポーツブランドの靴を買おうと思って意気込んでいたのですが、意外と価格が高く手が出ませんでした。
 で、友人達と近所にある市場に出かけ、見ていたら良いデザインのものがありました。
 それが写真の靴。

 ブランド名はHIKE!
 モノクロでポップなデザインがお気に入りです。
 雨に濡れなければ分かりませんが、作りは悪くなく暫く楽しんで履くことが出来そうです。

 購入した翌日、嬉しくて一日履いていましたが、靴下と靴の相性が悪かったのか見事に足の裏に大きなマメが出来てしまいました。
 私が最も大切にする移動手段は”足”ですので、杭州滞在中は少々辛かったのですが、なによりこの靴を手に入れられたことが嬉しくて嬉しくて。

 大手ブランドに負けない魅力があるのは、なぜでしょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

ウルトラマンワールド M78

Urutoramanshop 東京駅、以前は見向きもしなかった八重洲地下街ですが、最近は魅力的になってきました。

 大丸デパートの地下食品街だけでなく、本当に魅力的な店が増えてきています。

 以前行ったトミカの店に再度行こうと歩いていたら見つけた、ウルトラマンの店。

 思わず幼稚園児ばかりの店内に恥ずかしげもなく入って行きました。
 いい大人なのですが、ウルトラマン・ウルトラセブンで育った私としましては、店内を見回すだけでワクワクしてきます。

 店頭に乱雑に置いてあった1個98円の指人形を、近所に住む小学生の友人へのお土産として買い買って帰りました。
 先週の週末はレンタルビデオでウルトラQを借りてきて、4話一気に見てしまうなど、しばらくウルトラQのビデオにはまりそうです。
 でも、ウルトラマンショップに行ってウルトラQを借りてくる、つながりとしては薄いんですが、こっちの方が好きなんで仕方ありません(笑)

ウルトラワールドM78

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

デジカメを買う ~ Canon TX1

Canontx1 先週末、上京までして買おうと思っていたデジカメを近所のカメラ屋で、ほぼ最安値と思われる金額で購入しました。

 3ヶ月ほどどれにするか悩みに悩み、やっと購入しました。

 まだメモリーを入れて撮影していませんが、動かした限りは期待ができそうです。

 まだ試していませんが、長期の旅行には付属のバッテリーだけでは足りなく、オークションで互換性のあるバッテリーを手に入れなければなりません。
 また、転送スピードの速い高容量のメモリーも必要です。

 良いデジカメを買ったのは良いのですが、まだまだ必要なものがありそうだ・・・と思いながらデジカメを見ていたのですが、右指を見たら真っ赤っかではありませんか。
 どこかで赤系のインクを触ったか、ペンキでも触ったのか、いやそんなことよりもデジカメが汚れてはいないかとデジカメを見ましたが、大丈夫。
 で、何気なく鼻を触ったら・・・鼻血が出ていました^^
 何気なく鼻に指を当てた時に切ったのか、いや嬉しく興奮しすぎて鼻血が出たのかも!

 はぁ、それにしても新しく買ったデジカメが血まみれにならなくて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧