別腹・菓子

2008年11月15日 (土)

満記甜品

Mankitenpin 『甘い物大好き~』ってほどではありませんが、出かける時には予め調べておき時間があればそこに立ち寄ってみたり、面白そうな店を見つけるととりあえず入って口に放り込むくらいの甘い物好きな私です。

 過去何度か杏仁豆腐が好きと書いていますから、中華スウィーツには関心を持っています。
 ということで、杭州のレストランに入った時には必ずメニューのデザートの欄を必ずチェックしますが、美味しそうなものが無いのでいつもガッカリしていたのですが、杭州のグルメサイトを探していたら見つけました、中華スウィーツの店。

 満記甜品
 香港系の店で、杭州には延安路の国大百貨と郵電路(湖賓路近く)の2店舗を出店しています。
 国大百貨店を最初に出店し多くの客に指示されたことから、西湖のブランドショップが並ぶ通りの一角にもう一店舗出店しました。

 私が8月に杭州へ行く前に、友人から郵電路にできたことを聞いていましたので、これは行かねばと思い行ってきました。

 食事を済ませ、『じゃぁ行くべぇ、混んでなきゃ良いけどねぇ~』と友人と意気込んで店に入ったら、かなり混んでいましたが運良く座ることができました。
 たらふく食べた後なので、頼んだのは二人で、マンゴー豆腐花、ゴマの豆腐花、杏仁味の白玉の3品。

 洋菓子にない食材を使われることが少ない、という理由からこの3品を選んだのですが、味はどれも中華スウィーツの中では洗練されていて、全てを美味しく食べることができました。
 個人的にはマンゴーとゴマ味が好きで、もう一工夫すれば日本人にもOKという雰囲気を感じさせてくれました。

 広東料理をたらふく食べた後でしたが、二人で3品はいける!と軽く見ていましたが、大きな間違いでした。
 豆腐花系のスウィーツは意外と豆腐の量が多く、ソースを食べきってしまい味が単調となってしまい豆腐を残し、杏仁はソースが多すぎでソースを残してしまうという、日本人には許されざる行動をしてしまいました。

 席に案内され注文をしたら直後に代金を支払うといます。
 店員さんの服装や態度は決して悪くはありません。

 注文数と食べ方は私のミスだったのですが、量は普通に食べられる量ですので、疲れを中華スウィーツを西湖の近くで食べたいという時には、オススメです。
 また、23:00まで営業していますので、夜市や夜の西湖散策の際に立ち寄ることができます。

満記甜品(湖賓店)
住所:上城区郵電路98号(東坡路と郵電路の角地)
電話:0571-87067060

営業時間: 9:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

銀座でドーナッツ

Mieldonuts 10月24日の杭州在住のDadaoさんが杭州でドーナツを食べたというブログを読み、よく25日に東京へライブを聞きに出かけ、歌舞伎も見る予定でしたので歌舞伎座のある銀座でドーナッツ屋さんを調べて行ってきました。

 銀座・有楽町界隈には有楽町イトシアにあるアメリカのドーナッツ屋さんの
クリスピー・クリーム・ドーナッツと関西で生まれた銀座6丁目に銀座本店があり、プランタンに販売店を持つミエルの2店舗が有名なようです。

 クリスピー・クリーム・ドーナッツは行列のできる店として有名、またネット検索した結果プランタン銀座のミエルも行列ができるとのことでしたので、歌舞伎座に割と近いミエルの銀座本店に行ってきました。

 喫茶スペースとテイクアウトの二つに分かれ、どうせならと焼きたてを食べたいと思い喫茶してきました。
 行った時はコーヒーにプレーンドーナッツが無料でついているということでしたので、ラッキーと思いそれを注文。

 ドーナッツにフォークを入れると意外や意外、サクッと切れます。
 それを口に入れると表面はサクッ、中身はしっとり柔らか、油っこいドーナッツとは異なりあっさりしています。
 肝心な味はパンケーキのようで、そうでないってな感じでしょうか。
 もっとも、焼き菓子は粉にバター・砂糖がメインなので、味はよく似てくるんですけどネ。

 私が行ったのは12時過ぎの丁度お客さんの少ない時間でしたんで、すんなり席に案内されましたが(というよりも、そんな時間でしたので私一人しかいませんでした)、よく26日にも行った時には行列ができていましたので、時間を選んでいけば良いと思います。

Mielginza  26日はテイクアウトをしたのですが、喫茶が混んでいるのにテイクアウトは空いていましたので、待つことなく買うことが出来ました。
 プレーンとシナモンを買って帰りましたが、昨日に続き運良く新製品の”メープルアマンド”をサンプルとして頂くことができましたhappy01 とってもラッキー!
 メープルのしっとり感にクラッシュアーモンドの食感が楽しく、うん、これはオススメ!

 テイクアウトして帰ったものですが、売り子さんの話だと1~2分オーブンで温めてたべて、もちろん焼きたてには敵いませんが、ということでしたので実践したら美味しく食べられました。

 油で揚げたドーナッツはどうしても胃に来るのですが、ミエルのドーナッツならば大丈夫。

 私が行ったのは
ミエル銀座本店
東京都中央区銀座6丁目12-1
03-6218-0112

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

たまごボーロを作ってみた

Tamagoboro 我が家の電子レンジがオーブン機能が付いていることを思い出し、それが使えることもわかりましたので、料理雑誌に載っていた”たまごボーロ”を作ってみました。

 材料は

卵:L玉一個
片栗粉:120g
小麦粉: 50g
砂糖: 50g

 作り方は

1、卵を割り、ボールの中で溶き卵にする
2,溶き卵の中に、砂糖50gを全部入れてかき混ぜる
3,2の中に片栗粉・小麦粉をふるいに掛けながら、入れる
4,3をヘラなどでダマになるように、荒くかき混ぜる
5,4を手で”しっとり”するまで、しっかりまぜる
6,5をラップに包み、10分程度常温で寝かせる
7,クッキングペーパーをオーブンの鉄皿の上にひく。
8,クッキングペーパーの上に、5を少量手に取り丸め、並べて行く
9,予め160℃で温めておいたオーブンに8を入れて、20~25分焼く
10,軽く焼き色が付いたら、出来上がり!

 10工程ありますが、卵・砂糖・片栗粉・小麦粉を混ぜてこねた物を小さくまるめ160℃のオーブンで焼く、とそんなに難しくなく実に簡単な物です。

 

沸騰プリンを作った、大雑把な私ができたんですから、たぶん誰でもできると思います。

 毒味のために数個食べましたが、30分経った今でも生きていますし、お腹も痛くなっていません、それどころかもう少し食べたくなってきました。

 で、再び食べ始めたんですが、たまごボールには飲み物が必要です。
 飲み物なしで沢山食べると、口の中がポソポソになってしまいます。
 そうですねぇ、飲み物ならばなんでも大丈夫そうです。

 また太るなこりゃbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

杏仁豆腐を作る-失敗

Kingyo_shabon2_30 金曜日から始まった杏仁豆腐作りですが、結果は失敗!
 南杏を使わなかったので味に納得がいかず、最大の失敗はゼラチンを使ったものが分離してしまったこと。

 生クリームが原因だったのか、何が原因だったのか分かりませんが、ゼラチンのものだけが分離してしまいました。

 来週はレシピを変えて、再度挑戦の予定です。
 南杏を使わずどこまで美味しくなるか、分離させないようにするにはどうしたらいいかです。

 私の場合杏仁豆腐を作るのが楽しみではなく、どうも実験になっています(笑)

 くっそ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月30日 (土)

杏仁豆腐を作る-実際に作る

Kingyo_shabon2_29 今朝は6時に目が覚め、そのまま朝食を作り、杏仁豆腐作りに取りかかりました。

 今回杏仁豆腐で使った材料は以下のよう

杏仁 (北杏30g、南杏30g)
水 500cc
牛乳 300cc
生クリーム 200cc
砂糖 80g
粉ゼラチン 20g

 作り方は
1.杏仁を250ccの水で一晩寝かし、戻す
2.戻した水と一緒に杏仁をミキーサーにかける
3.サラシで濾して、杏仁液をとりだす
4.絞りかすを250ccの水に再度浸し、再び杏仁液を取り出す
5.杏仁液に牛乳・生クリームをまぜ、火に掛ける
6.沸いてきたら砂糖を加え溶かす
7.粉ゼラチンをお湯で良く溶かす
8.6にゼラチンを入れてよく混ぜる
9.器に入れて固まるのを待つ
10.召し上がれ

 とういう工程です。

 ただ一つ不安が・・・
 最近ぼけが激しいので、ゼラチンと液体の分量を間違えてやしないかということ。
 只今冷蔵庫に入れて固まるのを待っています。
 さて、できますやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

杏仁豆腐を作る-下準備

Kingyo_shabon2_28 杏仁豆腐は”杏仁豆腐の素”を購入して作られるのが、一般的だと思われます。
 自分で作ろうという場合は、”杏仁霜(あんにんそう)”を使って作るのが、多くの本などで紹介している方法ではないでしょうか。

 今回私が作ろうとしているのは杏の種の中心にある”杏仁”を使って作ります。
 首都圏の中華街や中華食材を扱う店に行けば杏仁の入手はできますが、地方にいる私はほぼ入手不可能ですのでインターネットで探して杏仁を手に入れました。

 杏仁には大きく”北杏”と”南杏”の2種類があり、北杏は香りが強く、南杏は甘い味が特徴です。
 また、他に杏仁豆腐ように北杏よりも薫り高く、まろやかな味の皇杏と呼ばれる杏仁もあります。

 本当は南杏と皇杏をブレンドして作りたかったのですが、最近ぼけが進行しているようで間違えて北杏と皇杏を購入してしまいましたので、今回は北杏と皇杏を利用して杏仁豆腐を作ります。

 さて、杏仁を使うには下準備が必要です。
 今日の仕事は北杏30g、南杏30gを軽く水洗いして、250ccの水に浸して一晩置き柔らかく戻しておきます。

 で、続きは明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

杏仁豆腐を作る

Kingyo_shabon2_26 先週末、急に杏仁豆腐が食べたくなりスーパーへひとっ走りし食べてみたのですが、×。
 味と香りに納得がいきません。

 で、杏仁の素・・・ではなく、杏仁を取り寄せ、今日届きました。

 以前も杏仁豆腐を杏仁から作ったことがありますが、スーパーで買ったものはもちろん、杏仁霜から作ったものとは雲泥の差があり、友人達には

『杏仁豆腐は、自分で作ったものが一番美味いな!』

 と豪語するほど、驚くほど美味しい杏仁豆腐を作ることができます。

 私の作る杏仁豆腐は昔からある菱形に切ったシロップを付けて食べるタイプではなく、柔らかい絹ごし豆腐のように柔らかいタイプの今風の杏仁豆腐です。

 杏仁豆腐、生まれは中国なのですが、中国では殆ど食べられていないようです。
 実際に中国人達に

『杏仁豆腐を中国で食べたことがある?』

 と聞いても、日本でしか食べたことがないと答えが来ます。
 こんなに美味しいデザートを知らないというのは、可哀想な限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

豆大福

Mochikinmamesekihan 数日前から無性に食べたくなり、休日の今日ひさしぶりに”豆大福”を買いに”もち金”へ朝から出かけました。

 正直言って、あまり人には教えたくない店の一つです。
 ”もち金”の名前でわかるように、この店は昔でいうところの”お餅屋”さんでお祝い用の赤飯なのですが、観察しているとお客さんが購入していくのは大福、おはぎ、柏餅といった餅菓子と赤飯のおにぎりのようです。

 赤飯はもちろんのこと、全ての餅菓子が和菓子屋のものよりも美味しいのですが、そのなかでも絶品と思うのが”豆大福”。
 餅、アンコの硬さ・甘み・しっとり感、そして豆の塩味のバランスが取れ、今まで食べた豆大福のなかで私の中では一人横綱状態です。

 お店のおばちゃんの話によりますと、電話で予約をして車で1時間掛けて買いに来る方もいるそうです。
 そんな店でありながら、ネットはもちろんのこと地元の人にも殆ど知られていない店なのは立地条件と店の外観、全く宣伝していないこと、そして・・・。 
 そしての理由は、店に行けば分かると思います。

 今現在でも豆大福は週末だと午前中で売り切れてしまうことが多いので、店の住所・電話番号は控えさせて貰います。
 知りたい方は、私にメール下さればお教えします。

 そうそう、餅を使っていますので販売当日に食べないと堅くなってしまうので、地方発送もしていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

チョコレートを作るpart3

Kinjyoodori1small_11  土曜日から続いているチョコレートを作るシリーズです。

 昨日のチョコレートの味ですが、味はバッチリ!成功でした。

 ただ、一つ忘れていました。
 それは、オレンジのブランデー”グランマニエ”を入れることを忘れたのです。
 味にメリハリが出るので、お酒は適度に入れるのが私の好みです。

 何となくチョコレートと生クリームの割合も分かってきました。
 来週は(来週もやろうとしています)チョコを散らかすことなく、完璧に作れるかどうか?
 まぁ、無理でしょうね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

チョコレートを作るpart2

Kingyo_shabon2_8 昨日に引き続き、今日もチョコレートを作ってみました。

 昨日の失敗を繰り返さぬように作ったつもりですが、どこかに手抜かりがあるのが私の特徴。
 いうならば、行き当たりばったり、見切り発車ですな。

 現在チョコレートを固めている最中ですので味は判断出来ませんが、固まってくれれば昨日よりも美味しいものが出来るはずです。

 しかし、頭を使って刻んだチョコが飛び散らないようにとプラスチック製の薄っぺらなまな板の上で刻みましたが・・・静電気が発生し、刻んだチョコレートが昨日よりも飛び散る結果に。

 他にも失敗はありますが、そこはいつもの土壇場のリカバリーで何とかなりましたので、結果オーライ。

 今回は昨日の半分の分量で作りましたので、大量のホッとチョコレートを飲まなくても済みそうですが、果たして食べられるものになっているかが問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧