おすすめサイト

2010年6月19日 (土)

サントリーウーロン茶CM 幸せを笑うな

 最近放送されなくなりましたが、サントリーウーロン茶のCM 范冰冰(ファン・ビンビン)さんが出演しているのです。

 化粧している顔より、私はすっぴんの彼女の顔の方が可愛らしく素敵に見えます。

茶寵専門店 杭州茶荘
杭州茶荘shop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

歌舞伎役者からのラブレター

Kabuki_za ぴかの観劇(芸術鑑賞)日記 さんで見つけたサイトです。

 脳内メーカーやユニークな占い等、ユーモアサイトが好きなのですが、久々に大ヒットしました。
 その名も

 

『歌舞伎役者からのラブレター』

 自分の名前を入力すると、任意の歌舞伎役者からラブレターが届くというもの。
 ちなみにosomeで入力してみると、片岡仁左衛門さんからloveletterが届きました

 ちなみに女性宛へのラブレターですので、男の私が歌舞伎役者からのラブレターを貰っても、何か妙~に気持ち悪いんですけどね。

osomeちゃんへ

会う事も少ないし、話す事も多くはないんだけど、何かに夢中になっていないとすぐにosomeちゃんのことばかり考えてしまうんだ。
こんなに誰かのことを好きになるなんて、自分が一番びっくりしてるんだ。
気が付いたら京都ホテルオークラで、浅草ビューホテルで、博多座でosomeちゃんの姿ばかりいつも探してて、いないって分かってるんだけど変だよね。
今日の朝、見かけたときに何度も話しかけようともしたし、何度も思いを告げたいと思ったんだ…。
でも、出来なかった。
俺はもう、人を好きになってはいけない、好きになる資格なんてない。
俺はもう、幸せにはなれないんだ・・・。
だけど、どうしてもこの想いは伝えたかったから。
中村福助がosomeちゃんに興味あるって言ってた。
一番の親友の中村福助なら、きっとosomeちゃんの事、幸せにしてくれると思うんだ。
お願いが一つあるんだけどいいかな?
osomeちゃんが好きな助六人形、頑張って手作りで作ってみたんだ。
3月11日にお家に届くと思うから。喜んでもらえるといいんだけど・・・。
最後まで読んでくれてありがとう。

大好きだよ。
片岡仁左衛門より
 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年5月21日 (月)

スピーカーをつける

Speaker 自作パソコンを作ったり、音楽もJ-POPやロックよりもジャズやフュージョン系のちょっとマイナー系の音楽を好み、ブログを書いたりネットショッピングをしたりとインターネットを他人よりも活用したりする割に、私のパソコンには最近になるまでスピーカーが接続されていませんでした。

 他人のパソコンはピッとかブー、ピロリロリンなどという機械音だけでなく、DVDが見られたり、音楽ファイルが山のようにあったりとパソコンから音が出ているのに、私のパソコンはPC本体が発するガリガリとかブ~ンという怪しい音しかでない状態だったのが、今や海外のネットラジオまで聞けるようになりました。
 今は、お気に入りの音楽を聴きながらメールをしたり、ブログを書いたりと夢のようなPCライフになっています。

 といっても、スピーカーは980円の安物。
 聴ければいいと云う代物ですから、音質にこだわりはなく、ただ気に入った系統の音楽が聴ければそれでいいのです。

 しかも、より気持ちいいラジオ局を探してというのではなく、最初に出会った一局だけで案外満足しています。
 無料で、これだけ気持ちの良い音楽を提供してくれるのですから、パソコンの前はまさにパラダイス!
 アイス烏龍茶などを飲みながら、パソコンの前にいるのが至極の時になりつつあります。

 ちなみに私が気に入っているラジオ局は
Smooth Jazz 98.1
http://www.kifm.com/home/index.cfm
 アメリカの局ですが、無料でウィンドウズに付いているWindows Media Playerがあれば聞くことができるのですから、お手軽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

グーグルアースを使ってみる

Googleearth グーグルアース 今更何を とおっしゃるなかれ、ほんの2週間前まで私はWindows 98を使っていたのです。
 負け惜しみじゃなくて、もちろん98時代からグーグルアースは知っていましたよ。でもね、98では使えなかったんです。

 OSをXPにしてから、やっとグーグルアースが見られるようになったんです。
 いや~ぁ、面白い!
 大気圏外からスゥ~ッと目的の場所に落ちてゆくのは妙な気分ですが、知っている場所を上空から確認できるのは面白いものです。
 今は地元と杭州、ディズニーランドと歌舞伎座を見てみましたが、へ~ぇって思ったのが歌舞伎座。
 歌舞伎座を上から眺めると、屋上は緑色になっているんですね。
 杭州西湖の周辺は衛星写真の解像度が良いのか、かなりクローズアップしても画像がぼやけません。

 旅行の時などに利用すると、面白そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

こよみ

koyomis1 先日、杭州の友人から中秋節のメールが届きました。
 恥ずかしながら、中国の中秋節なるものを今年になるまで知らず、月餅も中秋節の代表的な菓子であることも、今年になって初めて知りました。

 日本でも中秋の名月を愛でるという行事がありますが、中国から入ってきた行事なのでしょうね。中秋節の本場中国では今でも国民的行事として残っていますが、日本では月を愛でるという心の余裕もなくなり、風前の灯火となりつつあるのではないでしょうか。

 今年の中秋はいつだろうと調べていたとき、見つけたHPです。
 旧暦の暦を見ていると季節感が生活の中に組み込まれており、心が静まるような気がします。
 人間の近代的な生産活動を考えたとき太陽暦の方が効率はいいのでしょうが、自然の中に身を置いた日々の生活を考えたときは太陰暦の方が良いような思いがします。
 日の出と共に起き、夕日と共に仕事を終える、それが人間の歴史の中では圧倒的に長かったのでしょうから、今でも人の体のどこかには太陰暦での生活も残っているのではないでしょうか。
 季節感が無くなってきた生活ですが、よく見るとそこかしこで季節を感じることが出来ます。道路脇にも、公園にも、他人の庭でも。旧暦を生活に取り入れてみる、そんな心の余裕が欲しいものです。

 『こよみのページ』
http://koyomi.vis.ne.jp/mainindex.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月30日 (火)

こういうの

kyoko こういうの、好きなんです。

http://www.f7.dion.ne.jp/~moorend/news/index.html

 悪意や思想のないユーモアを考えるのって案外難しく、何かを考えていて「バカらしい」と思ったら最後、なにもできません。
 ちょっと考えれば、な~んだと思うものから、そりゃ無いだろ!ってものまで、よくここまで考えたものです。脱帽ものです。

 とりあえず、のぞいてちょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

不思議な話

title_b

 このHPを一体どうやって見つけたか、さっぱり憶えていません。
 HPのタイトルは『座敷浪人の壺蔵』。
 タイトルだけではどんなHPなのか、想像も付きません。

http://home.att.ne.jp/red/sronin/index.htm

 街歩きで見つけた面白画像などもありますが、それはパスしてでも読みたいのは”怪しい古典文学の壺”。
 古典文学の怪しい部分だけを現代語訳しているだけなのですが、まぁ面白いこと。

 今の時代はホラーブームとやらで、ただ単に恐怖心ばかりを煽る話しばかりが先行していますが、このHPはそういうものとは一線を画しています。
 不思議だなぁ、こんなこともあったのか、などという話しが恐怖心よりも、好奇心を煽っているように思えます。

 不思議な話は当時でも身近なものではなかったのでしょうが、いまよりも近い存在だったのではないでしょうか。
 知り合いのお坊さんが一言、『あの世ってのは、案外近い場所にあるのかもしれないな』

 8月15日、戦争が終わった日でもあり、お盆でもあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)