« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

タオタオのオモチャ

 建物の解体現場で働く大人達に混じって小さな自転車のオモチャで遊ぶ、黄色い綿入れを着た女の子を見つけました。
 女の子の名前はタオタオ(滔滔)。安徽省出身の6歳。お父さんお母さんはこの現場で働く大人達の中にいます。

 タオタオが持つ自転車のオモチャは、解体現場で見つけたもので、始めは汚くて一ヶ所壊れていましたが、それをお父さんが直し、今ではタオタオの宝物となっています。
 タオタオは可愛らしい小熊や布老虎(布でできた虎の人形)など幾つかのヌイグルミを持っていますが、それらは全て建物の解体現場で見つけ、それらの多くが新しい物でした。
 ”私の田舎だったら壊れるまで使うのに、都会の人達はお金が・・・”
 とタオタオのお母さんは話していました。

 以上は杭州網の記事からの抜粋です。
 中国は田舎と都会の貧富の差が大きく、杭州のような大都会では今の日本と同じような状況になりつつあるようです。
 価値観の違いといえばそれまでかもしれませんが、私にはタオタオに心の豊かさを感じます。
 しかし、タオタオの心の豊かさを羨ましいと思う反面、物質的な豊かさにも魅力を感じ捨てることができません。
 改めて今の生活を考えさせられる写真です。

 タオタオのオモチャ(滔滔的玩具)の原文は以下から読むことができます。
 また、とても重たいのですが動画も見ることができます。

杭州網:2010-03-15 滔滔的玩具

Taotao1

Taotao2

Taotao3

Taotao4

Taotao5
Taotao6
Taotao7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

新茶、最高値は2888元!

Wu_niu_zao

新华网浙江频道:2010-03-04

 浙江省温州市永嘉县瓯北镇で“永嘉(烏牛早)早茶節”とともに、永嘉烏牛早の茶摘みが始まりました。

 浙江省温州市永嘉で生産される”烏牛早”は浙江省で最も早い時期に生産が始まるお茶として知られています。
 《茶歌》《茶経》にもこの地域のお茶のことは記録されています。

 このお茶は一般的に生産時期が早く、2月15日~4月5日の間に摘まれ、同省内のその外の品種と比べても最も早く茶摘みが始まります。

 “早茶節”の時期に釜炒りされたお茶が最も価格が高く、500gに対し2888元の価格で販売されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

杭州 三月の断橋

Duan_qiao_snow_1_3

Duan_qiao_snow_2

Duan_qiao_snow_3

Duan_qiao_snow_4

Duan_qiao_snow_5

Duan_qiao_snow_6

 三月というのに、突然の雪が杭州を雪景色に変えました。
 暖かかった気温が急に下がり氷点下となり、人々は服を再び冬物に変えなければなりませんでした。
 しかし、空から舞い降りてくる雪を見て人々は喜び、興奮し、雪遊びに興じていました。

 当ネットの記者は夜半に断橋で笑顔の観光客の撮影をしました。

浙江在線:2010年3月9日(王堅穎)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

新安江の川霧

Ruver_fog1
River_fog2
River_fog3

浙江省杭州市建徳市の新安江では川霧が立ち上がり、まるでその美しさに山は川面に映る街の風景に恋をするようです。
釣り人は魚を釣るのではなく、まるで景色をつっているようです。
撮影:陳燮衡
浙江在線:2010年03月02日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

運河沿いの茶楼が浸水の被害に

3月6日、杭州市拱宸橋近くの運河が増水し、付近にある茶楼が浸水の被害にあいました。
一夜のうちに増水し、二階建ての茶楼は離れ小島となってしまい、一階の大広間は足首まで水に浸かってしまいました。

杭州網2010-03-07

Hz_flood_chakan_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

春暖西湖遊人多

春のような暖かさに西湖に多くの人が訪れました。

新華網  2010-02-20

West_lake_20100219_1

西湖白堤を散策する、観光客の人達。

West_lake_20100219_2

断橋を渡る観光客達

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »