« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月21日 (土)

杭州、今冬初の積雪

 杭州は今年始めての積雪を観測しました。
 18日の夜半から降り始め、杭州から離れた場所の臨安、富陽では積雪の1cm、市街地、空港のある蕭山でも雪が積もりました。

 過去の記録によると最も早い積雪の記録は、1987年11月29日の4cmですからそれよりも10日あまり早い積雪となります。
 また今年の11月は雨の降る量が多く、過去最も多い降雨量を記録しています。
 気温を見てもこの時期の平均気温は6.7℃で、1976年の5.7℃に次ぐ低い気温となっています。

 そのような中、11月18日の気温は-1.1℃となり、11月 の最低気温の記録を破りました。
 11月13日に急激に冷え込んで以来、冷たい雨、雪、氷結とますます寒くなっています。

ネタ元はこちら
記事:杭州網 杭州50多年来今年出现积雪最早
写真:杭州網 “早雪”你看到了吗? 
写真再上段:新華網 银装裹杭城

上段画像:西湖北側の宝石山付近の映像
サムネイル画像:杭州市内各地の模様

Hz_snow10_5


Hz_snow1_7 Hz_snow2_6 Hz_snow3_4 Hz_snow4_5 Hz_snow5_4 Hz_snow6_3

Hz_snow7_5 Hz_snow8_4 Hz_snow9_3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

サトウキビ

 私の母の世代が若い頃(戦後すぐの頃)は食べるものも少なく、甘いものなんて早々食べられるものではなかったようです。
 甘いものの一つにサトウキビがあり、竹のような形状のサトウキビの外側の皮を剥き中の柔らかいところを囓りながら吸って食べたようですが、私たちの甘いものが普通にある世代のものが食べても面倒なだけの食べ物となってしまい、手に入れることすら難しくなってしまっています。

 そんなサトウキビも、中国では季節になるとまだ市場に出回ってくるようで、若い友人・知人達に聞いても食べたことの経験がある人達は割と多く、さほど当別なたべものでもないようです。

 さて、そんなサトウキビの記事を浙江在線で見つけました。

“甘蔗队”
   サトウキビを持った人達
2009年11月07日 浙江在線新聞網
作者: 三口

 午後、杭州中山路にとても長いサトウキビを持った一群が現れました。
 一軒の果物屋さん、馬大嫂が販売促進のためにおこなわれました。
 客は一人2・3本のサトウキビを購入し、店員は食べやすいように葉っぱを削っていました。

Satoukibi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »