« 生きています・・・とりあえず | トップページ | 今更ながら9月5日の話し part2 »

2009年9月25日 (金)

今更ながら9月5日の話し part1

Kabukiza090905 今更ながらなのですが、9月5日に上京して歌舞伎、ジャズのライブと実に気分の良い一日を過ごしてきました。

 まずはpart1として歌舞伎のお話。

 いつものように我が儘な私は切符も買わず、歌舞伎座の特徴的なサービス”一幕見席”でこの日みたいと思った”時今桔梗旗揚”のみを見てきました。
 話の筋としては、武智光秀(明智光秀)が主君である小田春永(織田信長)を討った本能寺の変に至るまでの話しになります。

 と歌舞伎そのものは様々な人が書かれていますので、そちらを読んで下さいdash
 と書いちゃうと叱られそうなので、ちょっとだけ。
 もちろん及第点以上であることは間違いないのですが、私が見た9月5日は初日の幕が上がりまだ4日目だったためでしょうか、私には全体にぎこちない感じていました。
 しかし、歌舞伎の稽古は各々が行い、全体の稽古は3・4日間しか行われないので致し方ありません。
 地方から上京して歌舞伎を見る私としてはなるべく良い状態の舞台を見たいので、なるべく中日以降に見に行くようにしています。

 今の歌舞伎座で歌舞伎を見られなくなるまで、約7ヶ月となってしまいました。
 地方に住む私ですから、7ヶ月のうち何度歌舞伎座で歌舞伎が見られるでしょう。
 歌舞伎座で歌舞伎を見るために、好きでもない芝居を見るのは我慢できませんから、1回あるか、2回あるかそんなところではないでしょうか。

 噂には聞いていましたが、歌舞伎座正面玄関前に歌舞伎座さよなら公演までのカウントダウンの看板がありました。
 決してアナログにこだわっていませんが、何分何秒まで表示しなくても手書きの看板で『○○日』って表示したほうが、歌舞伎座の雰囲気に似合うような気がします。

 まぁ~いずれにしても、やはり寂しいもんです。

|

« 生きています・・・とりあえず | トップページ | 今更ながら9月5日の話し part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/46306624

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら9月5日の話し part1:

« 生きています・・・とりあえず | トップページ | 今更ながら9月5日の話し part2 »