« 松也さん、大河ドラマに出るんですって | トップページ | 歌舞伎が見れないので »

2009年5月13日 (水)

日本のテレビって

Gateball 日本に研修制度できている中国人達と彼らの宿舎に行き時々話すのですが、2年以上日本にいるので日本語を殆ど理解できるので日本語で話ができるので楽ちんです。
 で、訪れるといつもテレビが付いているので

 『日本のテレビって、面白いでしょ?』

 って尋ねると、

 『うん、面白い番組も多いけど、日本のテレビは食べ物が出てくる番組が多いです』

 その話しを聞くまではなんにも意識してなかったんですが、意識してみると確かに日本のテレビは食べ物関連の番組が多いような気がします。
 料理番組はもちろん、国内外を問わず旅番組でも食中心の物が多いですし、バラエティー番組でもゲストと食事に行ったり、クイズ番組でも景品が食べ物だったり、中国人だけでなく驚くのは”大食い”物なのではないでしょうか。

 他の国からしてみたら、”多すぎる”と思って見ている国の方もいるかもしれません。
 もっとも、食べ物に関する番組が多いからと云って、不思議と思う人はいたとしても、異常だろう、と思う人はいないと思いますので、悪いこととは思いません。

 当たり前と思って意識もしてませんでしたが、当たり前でないこと多いのでしょうね。

 写真は杭州のテレビを見ていたらゲートボールの番組を放送していたので、パチリと一枚取ったものです。
 そういえば、最近ゲートボールをしているお年寄りを見なくなりました。
 ブームは去ったんですね。

|

« 松也さん、大河ドラマに出るんですって | トップページ | 歌舞伎が見れないので »

コメント

確かに日本は「食」に関する番組が多いですね。安くて、しかも美味しい物を取り上げてくれるのは大歓迎ですけど、贅を尽くし、材料にこだわり(食材だとか食感だとか、あるいは「もっちり」だとか、この十数年間の美食ブームで生まれた新語が私は大嫌い)、手間をかけたいわゆる逸品志向に対しては、正直そんなに旨い物が食べたいのか?という気持ちでいます。
ところで中国のテレビ番組といえば、『郷村名流』という中国東北の村を舞台にしたコメディが、向こうに滞在している間にファンになって、恋しく思っているところです。

投稿: Dalian | 2009年5月21日 (木) 17時14分

私は自他共に認める美味しい物好きですが、贅の限りを尽くした”美食”は私も好きではありません。
それよりも、当たり前の食材を当たり前の金額で食べることの方が素敵だと思いますし、当然のことと思います。
中国での楽しみの一つが食べること。ただ、問題は写真付きのメニューでないと味の想像が付かないことですsad

郷村名流を乡村名流にして、googleで動画検索してみたら、たくさんの動画が出てきました。
中国はテレビ番組でもすぐにネットに出回ってしまうみたいですね。
字幕を読むことができたら、中国語の勉強になりそうです。
未だに、話せませんcrying

投稿: osome | 2009年5月23日 (土) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/45000999

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のテレビって:

« 松也さん、大河ドラマに出るんですって | トップページ | 歌舞伎が見れないので »