« 歌舞伎が見れないので | トップページ | ボロボロいう車 part2 »

2009年5月18日 (月)

プーアル茶 烏龍茶

Chabatake_200904 静岡県島田市(旧金谷)にある『お茶の郷博物館』に併設する売店に時々行くのですが、売店では緑茶を中心に販売していますが、そこで見つけたのが日本の緑茶の80% を超える最大の栽培品種”ヤブキタ”種で作った烏龍茶です。

 お茶は1本の茶樹から【緑茶・紅茶・プーアル茶・緑茶・白茶・黄茶】と製造過程で味と香りの異なる6つの種類を作ることが”可能”です。
 ですから、日本の緑茶に使われるヤブキタ種であっても烏龍茶を作ることができます。

 先日、これと同じように中国浙江省の杭州で生産される、中国を代表する緑茶”龍井茶”の茶葉でプーアル茶を作ったという話しを聞きました。

 さて、ヤブキタの茶葉で作った紅茶は既に販売されていますので、烏龍茶はどのような評価を受けるのでしょうか。
 龍井茶の茶葉からは『九曲紅梅』という実によく完成された紅茶が有名で多く生産されていますが、プーアル茶はどのような味と香りになるのでしょう。

 こういう挑戦、好きです。

|

« 歌舞伎が見れないので | トップページ | ボロボロいう車 part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/45051094

この記事へのトラックバック一覧です: プーアル茶 烏龍茶:

« 歌舞伎が見れないので | トップページ | ボロボロいう車 part2 »