« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月27日 (月)

マスクの使い方

Chabatake_200904 私はお茶の生産地に住んでいながら日本茶は好きではないのですが、子供の頃に茶摘みを経験していますのでこのシーズンは少なからずきになるものです。
 人の手で摘む茶摘みもピークを過ぎて、今は機会によるお茶の刈り込みになっています。
 今年はまだなのですが、この時期製茶工場の近くを通るとお茶を蒸す臭いがし、車で走っていても後から車が来ていなければ思わず止まって嗅いでしまいます。

 さて、こんな時期に飛び込んできたのがメキシコで発生した豚インフルエンザのニュース。
 民放のニュースは好きじゃありませんが、流れてくれば見てしまいます。
 何気なく見ていて気付いたのが、メキシコ人のマスクの付け方。

 豚インフルエンザの報道が始まった頃のニュース映像を見ていてメキシコ人の5人に一人はマスクを鼻を覆うように付けるのではなく鼻の下にマスクの上部がくるように付けているのに気付きました。
 それが、今日のニュースを見ているとマスクの使いタカタを間違っている人を見つけることが出来ませんでした。
 短時間の間に使い方が正しくなったのが不思議ですが、あまりに多くの人の使い方が間違っていることから、テレビなどで使い方を教えたのかもしれません。
 マスクを日常的に使うのは日本・中国・韓国・台湾・ベトナムなどの東アジア諸国が多いという話を聞いたことがありますが、メキシコでもマスクは日常的なものではないのでしょうから使えなくて当然なのでしょうが、日本人の私からしてみると『なぜマスクの使い方も知らんの?』って思ってしまいます。

 私ゃ、ニュース見てても変なところばかり見ていますね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

親戚だと思っているんです

Lotus 今突然思い出しました。

 何年も前のことですが、東京へ行こうと高速バスに乗った時の話しです。
 いつもは割と空いている高速バスなのですが、この日は補助席を覗けば空席が二つしかなく、一つはヘッドフォンでシャカシャカ音楽を聴いているヤンキー風の兄ちゃんの横。もう一つは東アジアではないアジア系のお兄さんの隣。
 【隣でウルサくシャカシャカしているのを注意するのが面倒 libra アジア系の人は香水の臭いが気になる人がいる】 を天秤にかけた結果、アジア系のお兄さんの隣の席へ座りました(普通は日本人を選ぶんでしょうか?)

 座ったものの気になっていた臭いが気にならなかったのでホッとしまして、まぁいつものように英語で挨拶代わりに
「どこから来たんですか?」
「インドです。浜松の大学で集積回路の勉強しています」
 日本に来て2年というのに、流暢な日本語で返事が返ってきた時には少々驚きましたが、声の調子や態度から彼に良い印象を感じていました。

 どこからそのような話しになったのかも覚えていませんが、彼の家系はヒンドゥー教の中でも上位の階層のようで色々と話しをしてくれましたが今はサッパリ覚えていません。
 そんな中でも今でも覚えているのが
『インド人は仏教をヒンドゥー教の親戚や兄弟のように考えている』
 ということでした。
 仏教もヒンドゥー教も成立を考えれば、別にそんなに大切なことでもないんですが、なぜか不思議に今でも覚えています。
 まっ、当時はきっと仏教とヒンドゥー教は全く異なる宗教だと思っていたから、その一言だけ覚えていたんでしょうね。

 そのインドからの留学生とは東京へ着く間の4時間あまり、取り留めのない話しをしていたと思うんですが、彼が妙に日本の幽霊の話しを聞きたがりまして、嘘ともホントとも分からない日本の幽霊の話しをした記憶があります。
 ヒンドゥー教の中で幽霊がどのように扱われているか分かりませんが、輪廻に関するところから幽霊について興味を持っていると話しているような記憶があります。

 バスでインド人と幽霊話をした、という話しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

酒酔いよりもお茶酔い

Westlakebeer さて、今日は私のお酒の話しです。

 『私はお酒が飲めません、下戸ですと』普段から言っています。
 ホントのことを言うと、全く飲めないわけではありませんが、好きではありませんから殆ど飲むことはありません。

 いやね、全く飲まないわけではないのです。
 飲む時、一緒に飲む人、体調がよければビール1・2本くらいは飲みますし、飲むことができます。
 その機会も一年に3度有れば多い方で、飲み慣れていないことから、たまに飲んだ時には顔は真っ赤、身体はむくんだようになり、頭も痛くなり、眠たくなってしまいます。

 -飲まない-飲むと気分が悪くなる-飲みたくなくなる- の繰り返しで、ますます飲まなくなってきています。

 友人に言わせると『osomeちゃんは、飲めないことはないと思うよ』とのことなんですが、我が家は酒に乱れる遺伝の傾向にあり、それを子供の頃から見ていますから「酒は飲んではいけない」という思いがあります。

 そんな私ですから、年間通して数えると酒酔いよりもお茶酔いの方が多いような気がします。
 もっとも、お茶酔いといってもホントのお茶酔いではなく、テアニンを含むおいしいお茶をたくさん飲んだ時の、頭ははっきりしているものの気持ちが落ち着きリラックスした状態の気持ちの良い状態のことなんですけどねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

生野菜はあまり食べませんが、徐々に・・・

Hatsuka_daikon_1 杭州へ何度も行き、会社では中国の工場からの研修者が、そんなことから中国人と接する機会はとても多いのですが、お隣の国なのに文化の違いにはいつも興味深く接しています。

 特に食文化の違いは私個人的な興味であることからも、彼らの行動には常に目を配っています。
 研修者たちの宿舎で彼らが料理を作るところを観察したり、杭州ではスーパー・レストランは勿論のこと食い歩きしている人が何を食べているかも何気ない顔で見ています。

 中国の人達が生野菜をなるべく食べないことは中国料理屋さんのメニューや、研修者達が作る料理を見ていて気付いたことで、後々裏を取ったらやはり中国人の多くは生野菜を食べないことが一般的なことでした。
 研修者達と一緒にスーパーへ行った時もミズナをチョコッとつまんで食べたら『汚いよ、それに生で食べちゃダメだよ!』とはっきり言われたこともありましたんで、私も中国人の常識だと思いこんでいました。

 ところが、ここ半年の間で二人もあまり抵抗なく生野菜を食べる人と知り合いました。
 どちらも若い女性で、生野菜をポリポリ食べるんです。
 一人は杭州の台湾系の茶館で、もう一人はディズニーランドのレストランで、レタスをポリポリ食べているのを見ながら

『生野菜食べるの?だって中国に人って生野菜食べないでしょ』
『うん、中国に人はあまり食べないけど、私は食べるよ』

 中国では、まだまだ農薬や虫など問題はありますが(日本でももちろんあるでしょう)、徐々に食生活も変わりつつあるようです。
 中国の野菜は日本の野菜に比べて形は不揃いな面はありますが(不揃いでも問題なし!)、味は中国の野菜の方が美味しいと思いますから、中国の人達が野菜そのものの味を覚え始めたら、新しい世界が広がってくるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

税金を払う側として、素朴な疑問なのですが

Kingyo_shabon2 政治家も官僚も、信頼も信用もしていない私なのでこういう疑問が出るのでしょうか?

 公立病院の赤字経営が問題となっていますが、赤字経営ではいけないのでしょうか?
 病院は人間が生活していくうえで、必要不可欠なものです。
 確かにあれば便利であることは間違いありませんが、税金を払う側としては、一日に数人しか使用しない田舎に立派な歩道を作ってしまったり、一日数台しか利用しない山奥の道路をアスファルト舗装すしてしまったり、殆ど使用されることのない巨大な施設を作ったり、年金が良い例ですが不手際(怠慢?)により余分な税金を使うなどするよりも、不便は感じるかもしれませんが人間の生死に関わる病院が無くなるよりも良いと思うんです。

 もちろん、病院経営側は税金を使っているという意識を持って、最大限の経営努力をし極端な赤字を出さない要にすることが前提となることは当然のことですが。

 公立病院は消防や警察と同じように、生活していくうえで必要なものだと思うんですけどねぇ~。
 要は、お金の使い方の問題なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

小学生の頃なんですが

Kaeru_jpg 今日の日曜日は私の住む町の市長、市議会議員の選挙の投票日です。

 昨晩の8時で”ちり紙交換”のアナウンスのような選挙カーの騒音も今朝は聞こえず、しっかり朝寝坊することが出来ました。

 名前を連呼しても、よろしくお願いしますと連呼されてもウルサイだけでたまったものではありません。
 今は議員はしていませんが、以前出馬し当選した後に聞いた話だと、当選しても市議会には出席しない議員やら、居眠りしている議員やらが多いという話を聞き、まぁどうしようもないねぇ~、と思ったこともありました。

 政治に関心がないわけではありませんが、正直なところ今の状況を見ていると政治家なんて信頼も信用も出来るわけありません。ましてや、官僚なんてのも同じことです。 

 さて、そんな私の性格はどうも小学生の頃からのようです。
 選挙ポスターへの、鼻画鋲、口ひげ、眼鏡や一本毛の黒子等のイタズラ書きは子供の遊びの定番ですが、私の場合はもうちょっと違いまして・・・

 学校帰りに選挙カーが通ると満面の笑顔で大きく手を振るというのが私のやりかたでして(笑)
 もちろん、小学生には選挙権などありませんから無視して通り過ぎても構わないのでしょうが、そこは景気付けであいても『小学生の皆さん、ありがとうございます!○○をよろしくお願いします』とこちらに大きく手を振りながらアナウンスしてくれます。
 友達がいる時には友達も引きずり込み、一人の時もよくこんな遊びをしていました。
 今考えると実に下らない遊びでしたが、当時は面白かったんでしょうね。

選挙ポスターへのイタズラ書きは公職選挙法になりますので、絶対にそんなコトしちゃ行けません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

お腹の調子が・・・

Kinjyoodori1small 仕事で生活のリズムが変わってからというもの、どうもお腹の調子が良くありません。

 規則正しい生活をしている時は休みであっても決まった時間になると起きて、決まった時間にトイレに行っていたのですが、それが出来なくなったら完全におかしくなりました。

 オマケに水分摂取量も減ったことにより出が悪くなり、それを解消しようとトイレにいると逆の反応になってしまい、出が良くなると正露丸をのみ・・・の繰り返しになっています。

 それに対応できる人、出来ない人がいると思うんですが、私はどうも後者のようで規則正しい生活が出来ないと身体に不調が現れてくるようです。

 この御時世、しかもいい年齢ですから自営を考える以外は転職もおいそれとはできません。
 まだ精神的な部分には不調が出ていませんが、それが出始めたら転職も視野に入れなければ行けないかもしれません。

 あぁ~、トイレに行きますdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

何やってんだかねぇ~

Airplane 3月31日、上海発、羽田空港着の離陸前の機内で日本人夫婦がケンカを始め出発が1時間も遅れた、という記事を中国系のニュー卯を発信するサイトで見ることができます。

 大きな声での言い争いから始まり、終いには旦那の流血にまで至り、機長が仲裁に入り『これ以上機内で騒ぎを起こさないこと』という要求を拒否したために現地警察に通報し・・・

 二人が日本国籍であったことを中国では報道していますが、こんなことはどこの国籍、何人であっても恥ずかしいを通り越した行為であることは間違いないことでしょう。

 この行為を日本国内で行われたらどうなっていたでしょう?
 列車の運行を妨害した時には多大な補償を支払わなければならない、という話しは良く聞きますが、飛行機の運航を妨害した場合にはどうなるのでしょう?
 という現実的な話しも気になるところですが、この夫婦の倫理観もとても気になります。

 ちなみに、ネットで調べた限りこのニュースは日本国内の大手新聞社のサイトでは取り上げられていないようです。
 この夫婦、日本国内では知られていないのでノホホンとしているかもしれませんが、中国国内のネットでは実名こそ出されていないものの自分たちの恥を曝されていることは知らないでしょうね。

日本語サイト
http://www.recordchina.co.jp/group/g30324.html
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0409&f=national_0409_029.shtml
http://www2.explore.ne.jp/news/article.php?id=12143&r=sh

中国語サイト
http://www.jfdaily.com/news/xwshehui/200904/t20090401_591006.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

ハッピーバースデイ ディアー 吉之丞さん

Kabukiza_chirashi いつまでも長く舞台に立っていただけることを幸せに感じていますので、誕生日まで気にしていませんでしたが4月5日は私が最も好きな歌舞伎役者の”中村吉之丞”さんの誕生日でした。

 一時は腰を痛め、『もう舞台に立てないかもしれない』というところまで体調を崩されていましたので、それが今もお元気に舞台に立たれていることを思うと本当に嬉しく思います。

 歌舞伎座の楽屋へも何度かお伺いさせていただきましたが、舞台での上品なお姿と同じ立ち居振る舞いをなさっていました。
 また、記憶力がよく今までの芸談などだけでなく、ご自身を含め役者の失敗談などもゲラゲラと笑いながら話してくださいます。

 江戸~明治にかけて活躍した名優四代目尾上松助は90歳過ぎまで舞台に立っていましたから、現代ならば四代目松助のように90歳過ぎまで舞台に立つことは可能ではないでしょうか。
 いや、年齢関係なくいつまでもお体の許す限り舞台に立っていただきたいものです。

 2009年4月は歌舞伎座、夜の部の毛谷村にご出演なさっています。
 まだ吉之丞さんに注目なさっていらっしゃらない方、ぜひ注目してご覧になって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

今の茶葉の状態

Chaba 月曜日に撮影した現在の茶畑です。
 日本茶として使うにはまだ早いな、という大きさでしょうか。

 これからの気温にも影響されますが、4月中旬~下旬くらいから茶摘みが始まるのではないでしょうか。
 週末に茶の産地として全国的な牧ノ原の茶畑を車で走っている時は、茶摘み前の最後となる農薬(殺虫剤?)の散布を行っていました。

 無農薬の茶畑にはアブラムシ等の様々な虫がいますから、茶摘みの時にこれらの虫を一緒に刈り取られると品質が落ちてしまうので農薬散布は必要悪であり、人体には影響が少ない種類の農薬を、適切な量を使っているのは十分理解できるのですが、やはりその作業を見てしまうと若干なりとも抵抗を覚えてしまいます。
 飲む時には農薬をまいている光景を思い出すことは全くありませんが、直接見た時だけそう感じるのですから不思議なものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

昔の曲を聴いてます

Ohta_hiromi_2 以前はCDをたんと買っていたのですが、ここ数年は日本では全く買わなくなりました。
 一番最近買ったのは、昨年の8月に中国杭州で買った”お経にメロディーを付けた”ような不思議なCDです。

 レンタルCDは時々借りるのですが、ここ数ヶ月子供の頃に聴いた曲が聴きたくて、古いものばかりに目が行っていますが、たった一曲のためにCDを一枚借りるのも浪費かな?と思い躊躇していました。

 ところが今更ながらユーチューブにそのような曲がたくさんアップロードされているのを知り、昔のものばかり聞いています。
 聞きたくて仕方なかったのが、太田裕美ちゃんの『木綿のハンカチーフ』と『さらばシベリア鉄道』の2曲。
 『木綿のハンカチーフ』は彼女の代表曲で、人気も高いことから未だにラジオ時々流されておりそれを聞く度にCD借りなきゃと思っていただけに嬉しいのなんの。
 『さらばシベリア鉄道』は大滝詠一さんの曲で、アルバムA Long Vacationにも収録されていて大滝さんのも好きなんですが、太田裕美ちゃんのを初めて聞いたので、こちらも捨てがたいものがあります。

 他に、久保田早紀さんの『異邦人』やら渡辺真知子さんの『カモメが翔んだ日』なども既にブックマーク済みになっています。

 最近知ったんですけどね、youtubeをダウンロードして、あ~だ・こ~だするとyoutubeからもCDを作ることが可能なんですね。
 世の中、色々考える人がいるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

日本人が桜を好きな理由

Sakurasomei 桜が満開ということで、私も週末デジカメ片手に出かけてきました。

 行ったのは、隣町の旧金谷町(現島田市)の牧ノ原公園。
 この場所は空気が澄んでいれば遠くに富士山が見える良い場所なのですが、この日は春霞で残念ながら富士山を見ることはできませんでしたが、それでも美しい景色を見ることができました。

 日本人は本当に桜が好きで、現地に到着する間は桜の花を見かけない時がないくらいどこでも桜の花を見ることできます。

 大きく生長した桜は一本でも豪華で見応えのあり、このような樹木は日本では見つけることができないのではないでしょうか。
 梅、桃、は桜ほど大きくなりませんし、木蓮(白木蓮)は大きくなりますが花が大きく桜ほど密にならないことから美しくはあるものの豪華でないような気がします。

 日本人が桜が好きな理由、は諸説あるようですが、花が咲き~散る、それが日本人の感性に合うなんてことを言いますが、私は単純に美しいから、というのが本当の理由ではないでしょうか。
 だって、私にしても桜を見に来ているオバチャンやオッサンたちを見ていると、桜の花を眺めながら『人間の一生は・・・』だの『桜は日本人の精神の・・・』だの桜の花に精神性を感じているとは思えないんです。
 まっ、そんなことを口に出して言う人はいませんからオバチャン、オッサンたちを私と同じだと決めつけてしまうのも、如何なモンだなとは思いますけどね。

 色んな理由を付ける人は多くいますが、どの国の人でも桜を見たら『美しい!』というのがまず始めに感じることで、それから好きな理由を付け始めるんでは?
 好きな理由、そんなに複雑じゃないんじゃないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しばらくぶりです

Kaeru_jpg ココログが海外からのコメントを規制していると云うことですので、こちらにも新たにブログを作りました。

  ここ数ヶ月はまともに更新も行われていませんでしたが、”ぼちぼち書こうかな”と思い始めましたので、まっそれなら作ってしまおうということです。

 まっ、相変わらず内容はグダグダでしょうけど(笑)

 ということで、こちらもよろしくお願いします。
http://osometimes.blogspot.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »