« なぜに酢豚? | トップページ | 杭州 南山路の路地を歩く »

2008年11月20日 (木)

ジャスミンティー

Jasmintea ジャスミンティーはトイレの芳香剤みたいな臭いがして嫌い!
 と話していたか違いましたが、何となく気持ちはわかります。

 美味しいジャスミンティーを飲んだことがなかったのでしょうね。
 私も子供の頃に飲んだ記憶からジャスミンティーは臭い物と思っていましたが、中国で上質なものを飲んで以来その認識は全くなくなり、今は美味しいジャスミンティーは美味しいとはっきり言えるようになりました。

 写真は芋虫ではありません。これもジャスミンティーです。
 ユニークな形で、茶葉の香りもさほど良く感じなかったので、香りの良い球状に仕上げられたものを試飲していたのですが、店主がこれをすすめてきたので口に含んでみたらビックリ、茶葉の時には美味しそうと感じなかったこの芋虫形ジャスミンティー美味しいじゃないですか。

 今までの経験から茶葉の香りの良くないものは飲んでも美味しくない、というのが定説であったのですが、このジャスミンティーだけは例外でした。
 お茶を飲んで鼻から抜ける香りが素晴らしく良いのです。
 決して強い香りではなく、上品なジャスミン特有の香りがす~っと鼻を抜けて行きます。
 茶葉のできも良いのでしょう、それでなければどれだけジャスミンの香りが良くても不味く感じてしまいますが、何杯飲んでも美味しく感じます。

 ただし一店だけ注意しないといけないのが、お湯の温度です。
 熱い湯を注ぐと香りが逃げてしまい、美味しさを感じません。
 ぬるいと思うくらいの温度で飲むのが良いと感じました。

 このジャスミンティーはフランス向けに福建省で作られたと聞いていますが、このジャスミンティーならばフランス人でも充分楽しむことができるでしょう・・・ただ、砂糖を入れなければの話ですが(^-^;

 ジャスミンティーを買う時、香りだけで判断しがちですが、可能ならば試飲することをお勧めします。
 これは×、と思っていたものが意外や意外となることもあるかもしれません。

 若干持ってますんで、飲んでみたい!という方連絡下さい。

|

« なぜに酢豚? | トップページ | 杭州 南山路の路地を歩く »

コメント

写真のジャスミン茶とは違うのですが、
球状のジャスミン茶が好きです。
でも写真のほうがさらによりおいしそうな気がします。
私が買ったのは、横浜中華街にある台湾のお茶屋さん、日本だと50グラムで2000円ぐらいだったかとおもいますが、敦煌でも・・現地価格では高かったのですが、日本人なら高いって感覚ではなかたような。(金額は覚えていません)
ただし、同じようなお茶でも西安では10倍価格がUPしていたのを覚えています。

投稿: harumichin | 2008年11月20日 (木) 23時02分

そうそう、その球状の(以下ダンゴムシ)ジャスミンティーと芋虫ジャスミンティーとを飲み比べてみたんです。
もちろんその時飲んだダンゴムシくんも合格点だったんですが、それ以上に私の口にあったのが芋虫くんだったというわけです。

西安まで行くと10杯にもなってしまうんですか!
西安での値段を出せば、産地の福建省に行けば1㎏買えちゃっりして。
ジャスミンティーって緑茶の等級の低いものを使うことが多いので、緑茶に比べ安いものが多いんです。

今日飲むと眠れなくなってしまうので、明日の朝、飲んでみよっとhappy01

投稿: osome | 2008年11月21日 (金) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/43174315

この記事へのトラックバック一覧です: ジャスミンティー:

« なぜに酢豚? | トップページ | 杭州 南山路の路地を歩く »