« 最近の週末は | トップページ | ジャスミンティー »

2008年11月19日 (水)

なぜに酢豚?

Subuta 中国と縁のある友人から
「色々中国料理はあるけれど、酢豚だけは日本と変わりない味だよ」
 という話を聞いていたので、今まで酢豚を食べませんでしたが、この前に杭州へ行った時は身体が”酢豚を食え~”って要求してきたので、友人の忠告を無視して酢豚を食べてしまいました。

 中国料理の油っこさはあまり気にならなかったんですが、中国料理屋に行ってもご飯を炒飯にしてしまったり、ビーフンや麺、時には食べなかったのですが滞在も6日くらい過ぎたら妙に白飯も身体が欲しがっていました。

 そんなこんなんもあり、その日は酢豚+白飯をメインに食事をしたら、なんて美味しいこと。
 白飯は精神的な物かもしれませんが、酢豚は身体が酢を求めていたのかもしれません。
 特に美味しいと感じた酢豚が黒酢を使っていましたので、美味しいと感じたのでしょう。

 この酢豚を食べた店は、東鴻私房菜でここ3回ほど行けば必ず訪れる広東料理屋さんです。
 小さい店ですが人気の店で、時間を間違うと席が空くまで待たなければなりませんが、日本にはありませんから多少の待ち時間は我慢です。
 この次に行った時もこの店に行くと思います。
 特に昼は時間をずらすと一人で行っても迷惑がられないので、助かります。
 それに、メニューが写真付きというのも嬉しいところです。

 東鴻私房菜
 杭州開元路85-2(開元路の南山路口)
 以前の記事はこちら
 お客さんの評価はこちら(中国語です)

|

« 最近の週末は | トップページ | ジャスミンティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/43137636

この記事へのトラックバック一覧です: なぜに酢豚?:

« 最近の週末は | トップページ | ジャスミンティー »