« 茶道具を見に行く | トップページ | 銀座でドーナッツ »

2008年11月 1日 (土)

どうなの?

Kaeru_jpg 食の安全性が求められている中、中国製のアンコの中からトルエンが検出されたとありました。
 その後日本国内からも、伊藤ハムのウィンナーからのトルエンが検出されたとの報道がありました。
 それと同じ頃に日本製の醤油からトルエンが検出されたと報道がありました。

 日本の醤油メーカーは極微量で、身体には影響がないと発表していましたが、ではどのくらいの数字?と思いネットで調べてみた1㎏あたり1キロ当たり0.0053㎎ということ。
 では名古屋でのアンコの場合の報道ではどうだったかというと最大で0.008
㎎。
 この0.008mgというのは健康被害を訴えた方が食べたものではなく、近くのスーパーで売られていたものから検出されたものの数字なので、健康被害を訴えた方の数字がどのくらいであったのかはわかりません。

 専門家ではないですし、ネットでトルエンの人体に与える数字も見つかりませんでしたので感覚的なものになってしまうのですが、日本のアンコに含まれていた0.008mgと中国の醤油に含まれていたら0.005mgの0.003mgの差というのはどのくらい健康に影響を与えるのでしょう。

 もしこの0.003mgの差が健康に影響を与えないものとするならば、日本のアンコに含まれていたトルエンの量は健康に影響を与えない量ということになります。
 だとすると、日本のメディアは何の為にこれを報道したことになるんでしょう。
 もうひとつ、醤油に含まるトルエンの量が健康に影響を与えないとするならば、何故中国側はこれを報道したのでしょう。

 こういうのを見ていると、何か変?と思ってしまいます。

|

« 茶道具を見に行く | トップページ | 銀座でドーナッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/42971740

この記事へのトラックバック一覧です: どうなの?:

« 茶道具を見に行く | トップページ | 銀座でドーナッツ »