« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月29日 (水)

茶道具を見に行く

Mitsuimemorialmuseum 25日の土曜日、この日のメインイベントのライブは夜の8寺30分頃までに行けばOK。

 ということで、ゆっくり家を出たのでは勿体ないと、いつもの貧乏根性で朝一番の在来線に乗り家を出ました。
 10時30分頃には東京に着いたので、そのまま日本橋にある三井記念美術館へ茶道具の展示を見に向かいました。

 書画・陶磁器・漆器・竹製品などの国宝・重要文化財などが並んでいましたが、私が心のメーターが触れるのは、陶磁器だけ。
 美術館・博物館には時々足を運ぶのですが、いつも陶磁器にしか興味を示さないのです。

 今回見た中で気に入ったのは、本阿弥光悦作の黒楽茶碗『時雨』と同じく光悦作の楽赤茶碗の『乙御前』の2つ。
 時雨は重要文化財となっていますが、乙御前はなんの指定も受けていません。
 黒の茶碗に緑の抹茶、赤の茶碗に緑の抹茶、どちらも色彩的にはいい組み合わせだと思うのですが、抹茶が入っていない状態を鑑賞すると私は何の指定も受けていない乙御前に心が動き、次のコーナーに向かっても何度か引き返して眺め直していました。

 実を言いますと、黒い茶碗って全く興味がなかったのですが、今回初めて茶碗の中に抹茶を入れた状態を想像してみた時に、やっと黒い茶碗の魅力に気付いた次第です。
 ただ、これは美術品としてみた時のことで、もし使うとしたならばやはり赤い茶碗を使うと思います。

 三井記念美術館では、茶人のまなざし「森川如春庵の世界」として、来月一杯11月30日まで開催しています。
 この日は土曜日ということもあり、和服を着た女性が多く訪れていました。
 茶道をする、しないは別としてこういう物に触れるというのは、良いものだと思います。

三井記念美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

1000件目

Ofukusan このブログも書き始めて1000件目となりました。

 支離滅裂、意味不明、トンチンカンはさておいて、よくもまぁという気持ちです。

 これからも同じ状態で、変わりはないと思いますのでご勘弁を。

 さて、1000件目の今日は、昨日の新幹線の中でのお話です。

 昨日・一昨日と上京し歌舞伎・ナベサダ・博物館と食べ物、非日常の二日間を過ごし、疲れ切った新幹線の中、隣にお母さんと4・5歳くらいの男の子が座っていました。

 お姉ちゃん、お父さんの4人で何処かへ出かけた帰りのようで、隣に座っていた母とと男の子は妙にテンション高かったのですが、騒いで大きな声を立てるほどではなかったのですがそれなりに話し声は大きく、聞こえてきたら習慣的に聞き耳を立ててしまいます。

 この男の子、ソフトキャンディの”ハイチュウ”を数個食べてご機嫌だったのですが、そのうちにハイチュウからガムに切り替えて食べ始めていました。
 お母さんが、ふとあることに気付き

『タッくん、もしかしてガムを飲み込んでいない?』

 と聞いたのですが、この男の子が

『いいよ、よく噛んだから!』

 ・・・・隣で私は大爆笑をこらえるのに一苦労。大変だったんですから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

パンダのしっぽ

Pandastail 上野動物園からジャイアントパンダが今年の4月に死に、多くの人が残念な思いをしてしまいました。
 また、今年の7月にはドリームワークスがパンダを主人公としたカンフーパンダを作ったりと、パンダは未だに子供・大人・老若男女を問わず人気の動物であるのは間違いないことです。

 個人的にはレッサーパンダの方が好きなのですが、ジャイアントパンダも見ていると妙に愛らしく見えてくるから不思議です。

 パンダの尻尾といえば黒くてまん丸というのがイメージなんですが、実際のパンダを見ると尻尾は白色で丸くなっています。
 どうも黒いのはヌイグルミにした時に白よりも黒の方が可愛らしから、と言うのを聞いたことがあります。
 子供達が間違えるといけないので、これからヌイグルミ屋さんは、パンダのヌイグルミを作る時には白にしてくださいね。

 いや、今日はそんなことを書きたかったのではなく、毛を取った時のパンダの尻尾の形です。
 今までそんなこと気にも留めなかったのですが、画像を見てビックリ!
 パンダの尻尾って毛を取ってしまうと、割と貧相なんですね。
 パンダの毛のない尻尾を見る機会は滅多にないとはいえ、パンダも毛がないとなんかガッカリな動物になってしまいます。
 でも、病気治療のために毛を剃られてしまったんですから、愛らしくなくても仕方ありませんね。

 ここで見つけました。
http://club.chinaren.com/134635140.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

トマトとタマゴの炒め物

Tomatoegg 土日の朝は私の実験のための時間?
 何の実験かと云いますと、料理の実験です。

 先週は杏仁豆腐をゼラチンだけで作ってみましたが、私の予想よりも固くなってしまい失敗。
 次回はゼラチンの量ではなく杏仁水の量を増やして実験してみようと思っています。

 で、今週はトマトとタマゴの炒め物を実験していました。
 塩の量を間違え少し塩辛い物になってしまいましたが、まぁまぁ成功といったところでしょうか。

 作り方はこれまた簡単。
1:タマゴに塩を少々入れ、よくときます。
2:フライパンに油を引き、熱くなったら卵を入れチョット堅めの半熟たまごを作り一旦フライパンから出します。
3:トマトを適当な大きさに切って、炒めます。
4:適当な硬さに炒めたら、先ほどの半熟タマゴを入れて炒めて終わり。

 写真を見て貰うとわかるのですが、手を抜いてトマトの皮と種を取りませんでしたが、取ってあげると良いと思います。

 トマトの水分を取ると良い、というご意見もありますが、私は多少水っぽいのが好きなので、トマトを炒めた時に水分を取りませんでした。

 簡単で美味しい、実験でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

コスモス

Cosmos 野菜(ピーマン)を求めに外出した先週末、田んぼ一面にコスモスが咲いていました。

 あまりに綺麗だったので車から降りて、一枚パチリと撮りました。

 車を走らせているだけでもわかるのですが、秋の深まってきている季節でもよく見ると花が咲いています。

 散歩してみたら、沢山の花と秋の風景が撮れるのではなでしょうか。
 土、日と天気は良さそうですが、なんか外出したくないんですよねぇ~。
 最近、また週末になるとプチ引きこもりがちになってきていますbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

ピーマンばかり食べています

6134950pman どうしたことか、この前の週末からピーマンを自分で買ってきて、それを炒めて食べています。

 文字通りピーマンだけで肉や他の野菜は入っていません。

 作り方はいたって簡単
1:フライパンに油を入れ、ニンニクを入れて香りを出します。
 (フライパンを熱する前に油とニンニクを入れます)
2:頃合いよくフライパンが熱くなったら、細切りにしたピーマンを炒めます
3:鶏ガラスープの素と塩で味付け・・・出来上がり。

 と、料理と言える物でもないんですが、味付けを少し濃くするとご飯が進むんです。
 母親に料理を任せておくと、野菜が出ても生野菜ばかりで多く食べられなかった食生活となってしまうんですが、先日の人参と海苔の炒め物もそうですが、こうやって食べると野菜を多く取れるんです。
 しかも、味付けを濃くすると肉が無くても、満足することができるんです。

 しかし、ピーマンばかり食べてたら一つ気になることが。
 もしかすると、私の身体ピーマンとニンニク臭くないかっていうことです。
 身体が欲しがっているのはわかるんですが、何故ピーマンばかり食べたくなるのか、自分でもわかりません┐(´-`)┌
 菓子の類ではいけませんが、野菜なら身体に悪くないんで、欲しがっているんなら食べる方がよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

人参と海苔の炒め物

Ninjinnori 自動車業界の一旦で働くため、完全週休二日制で、盆暮れゴールデンウィークは9連休の休みになるのですが、今週末は久しぶりの三連休。

 ということで、先週ニンジンだけの炒め物を作ったのですが、『何か足りない』と思い入れたのがノリ。

 その時は板ノリをちぎって入れたのですが、どうも納得できなかったので今回は道の駅で見つけた”焼バラ海苔”を使ってみたら、バッチrock

 作り方は簡単。

1:ニンジンを千切りにします
2:油を引いてニンジンを炒めます
3:鶏ガラスープの素と塩で味付け
4:焼バラ海苔を入れてニンジンと混ざったらできあがり。

 ごま油やニンニクを使っても美味しいのかもしれませんが、あまり臭いの強いものを入れると海苔の香りが逃げるような気がして試していません。

 それを、油を少し多めに入れて炒めると美味しいような気がします。
 ただ、油は太ると云われますのでそれが気になる場合は不飽和脂肪酸を多く含む植物性油を使うって云うのはいかがでしょう・・・※太らない訳じゃありませんので、沢山使ったら運動しないと私みたいになっちゃいますんで、ご注意を。

 少し強めに味付けをすると、これ一品でご飯2杯はいけます・・・朝からいけました(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月11日 (土)

干した豚の皮

Butakawaboshi 杭州から2時間ほどバスに乗り、訪れた古鎮”新市”。

 迷って入った路地で、おぉ~中国にも干しイモがあるのか、と思って近づいて見たらイモではありません。

 通訳さんに”何?”って聞いたら、”豚肉の皮の部分を干した物”との答えが来ました。

 さて、どうやってこれを食べるのかわかりませんが、保存食には間違いありません。
 水で戻して炒め物にするのか?それとも、ジャーキーのようにして食べるのか?
 いや、蒸して使うという方法もありますぞ。

 その前に、人間の食べ物なんだろうか?

 謎は深まるばかり。
 誰か教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

1番ゲート通過!

Gateball 中国へ行った時の楽しみが、ローカル番組を見ること。

 今回宿泊したホテルは残念ながら地上波を見ることができなかったのですが、中国全土の地方番組を衛星放送で見ることができました。

 どの地域の何の話題なのかもよくわからないので、とりあえずチャンネル全てを見てみるのですが、カチャカチャ(表現古すぎ!)してたら見慣れたスポーツが。

 中国の綺麗なお姉さんがプレーヤーと一緒になりながらレポートしていたのが、何とゲートボール。
 ゲートボールって日本だけのスポーツかと思っていたら、中国にも進出していたんですね。

 最近は割と下火になってしまいましたが、ゲートボールがブームの頃は早朝に専門番組まであったのですが、ちょうどそんな感じの雰囲気でお姉さんがジジ・ババと一緒にゲートボールをプレイしていました。

 中国でジジ・ババのスポーツといえば早朝の太極拳・扇子や薄い布を持ったダンス、剣を持った武術のようなものばかりと思ってましたが、へぇ~ゲートボールまでやってるんですね。

 ジジ・ババが日本で生まれたスポーツを知っている、いないはどうでもいいんですが、一生懸命に、でも笑いながらプレイしているのは日本も中国も同じだなぁと、見ていました。
 いやね、もちろんお姉さんメインに見てたんですけどネ(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

甘い香り漂う

Keika 桂花が咲きました。

 いやキンモクセイが咲きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

たまごボーロを作ってみた

Tamagoboro 我が家の電子レンジがオーブン機能が付いていることを思い出し、それが使えることもわかりましたので、料理雑誌に載っていた”たまごボーロ”を作ってみました。

 材料は

卵:L玉一個
片栗粉:120g
小麦粉: 50g
砂糖: 50g

 作り方は

1、卵を割り、ボールの中で溶き卵にする
2,溶き卵の中に、砂糖50gを全部入れてかき混ぜる
3,2の中に片栗粉・小麦粉をふるいに掛けながら、入れる
4,3をヘラなどでダマになるように、荒くかき混ぜる
5,4を手で”しっとり”するまで、しっかりまぜる
6,5をラップに包み、10分程度常温で寝かせる
7,クッキングペーパーをオーブンの鉄皿の上にひく。
8,クッキングペーパーの上に、5を少量手に取り丸め、並べて行く
9,予め160℃で温めておいたオーブンに8を入れて、20~25分焼く
10,軽く焼き色が付いたら、出来上がり!

 10工程ありますが、卵・砂糖・片栗粉・小麦粉を混ぜてこねた物を小さくまるめ160℃のオーブンで焼く、とそんなに難しくなく実に簡単な物です。

 

沸騰プリンを作った、大雑把な私ができたんですから、たぶん誰でもできると思います。

 毒味のために数個食べましたが、30分経った今でも生きていますし、お腹も痛くなっていません、それどころかもう少し食べたくなってきました。

 で、再び食べ始めたんですが、たまごボールには飲み物が必要です。
 飲み物なしで沢山食べると、口の中がポソポソになってしまいます。
 そうですねぇ、飲み物ならばなんでも大丈夫そうです。

 また太るなこりゃbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

一日に三回も

Xinshi_1 今日、仕事で2時間ほど来るまで外出したのですが、その2時間あまりの間に3回も自動車事故を見ました。

 2台は自損事故で、もう一回は追突事故でした。

 自損事故ですが、2台とも真っ直ぐな道で
『なんで、こんなことろでぶつかるの?』
 と思うような、交通量が少なく、真っ直ぐな道で前面の真ん中付近を見事に凹ましていました。

 追突事故はそれなりに交通量はありますが、よほどスピードを出さない限り反対車線に飛び出さないようなカーブで起きていました。

 2時間の間に三回も見ると
『今日は危ない!』
 と思い、寄り道をしての会社帰り注意して運転していましたが、やはり”危ない”と思うことが起きました。
 両方とも一旦停止、直線の私が優先なので出ていったら、相手車線の車がスピード上げて右折してゆき、危ないところで接触するところでした。

 皆さん、なにか”心ここにあらず”という漢字で車の運転をしている方が多いようです。
 ここ数日そんな状態が続くような気がしますので、皆さんもご注意を。
 自転車だから大丈夫!だなんてことありませんよ。
 気を付けてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

私の名字の意味

Kyoutokouyou 私の名字は全国的にも珍しく、苗字館 で調べたところ30000件登録してある中でも13000番台となっています。

 その名字の意味なのですが、私は以前から私の名字の意味を”紅葉”と言う意味であることを考えていましたが、

『osomeさんの名字の意味は”紅葉”ですね』

 と言ったのは日本人には一人もおらず、中国人が二人それを私に問うてきました。

 漢字には各々意味があり、その組み合わせにより使われることが多いのですが、私の場合はどう考えても”紅葉”としか私は考えられないのですが、両親・親戚共にそれについて話している人を聞いたことがありません。

 日本人は平仮名・片仮名・アルファベットと漢字を組み合わせて使っているからでしょうか、漢字の意味をあまり考えることなく使っているのかもしれません。
 しかし漢字しか使っていない中国人は、漢字の意味を知っていないといけないため、私の名字の意味を考えたのかもしれません。

 改めて自分の名字を考えてみると、風流な名字なんですね。
 私とは大違いcoldsweats01 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »