« 光が来た | トップページ | 開いてますよ! »

2008年9月14日 (日)

建水(けんすい)

Hira_kensui 先日オークションで落札した、平建水です。

 大きさは内側の寸法で、直径20センチ、高さ5センチと私が持っている建水としては大きくて、初めて見た時はチョットビックリしました。

 ところで、建水(けんすい)って何?って事もあると思いますんで、チョットだけ説明。

 建水は茶道で使われ、茶碗を清める時に浸かった水を捨てる器で、水こぼしと表現されることもあります。
 中国茶の世界では水盂(すいう)と言われ、日本の茶道と同じように主に水こぼしとして使われますが、茶館に置いてある場合にはゴミ捨て代わりとしてナッツの殻、果物の皮や芯、お菓子の包み紙などを捨てるために置いてあります。

 この形のものは珍しいので建水ではないのかもしれませんが、私はこれを落花生やヒマワリの種の殻を捨てるのに丁度良いと思い落札しました。

 使い勝手がとてもよく、殻付き落花生はこの上で開ければ殻や薄皮が飛び散って汚くなることはありません。

 落札金額+送料+手数料の合計で2000円程度でした。
 この価格が適正なのかわかりませんが、この価格で気に入った者が入手できたのですから、私は本当に喜んでいます。

|

« 光が来た | トップページ | 開いてますよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/42467912

この記事へのトラックバック一覧です: 建水(けんすい):

« 光が来た | トップページ | 開いてますよ! »