« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

訂正

Chachoubublemiroku1 すみません、昨日に続いて半杭州ネタです。

 今回杭州に行ってもっとも気に入った自分自身へのお土産が写真のこれ。
 そう、弥勒菩薩???の茶寵???です。

 まず何故これが弥勒菩薩?布袋さんじゃないのって話しは2007年9月26日の『私じゃありません』ってのを読んでください。

 以前から私のブログを詠まれている方、もしかすると憶えていらっしゃるかもしれません。
 茶盤の上でお茶を掛けて遊ぶもの 『茶玩』 のことを。
 実は今回杭州に行き、日本で茶玩と呼ばれているものは『茶寵』と呼ばれていたんです。

 茶寵と書いて”ちゃちょう”と呼びます。
 寵とは三省堂「大辞林 第二版」を見ますと、
特別にかわいがられること。気に入られること。めぐみ。いつくしみ。
 とあります。
 茶盤の上の可愛らしいもの、という意味になります。
 それに比べ茶玩は茶盤の上のオモチャという意味になりますから、私としては中国で使われている茶寵の方が意味としてはふさわしいように思います。

 これから『茶玩と呼びます』と言いましたが、訂正して『茶寵(ちゃちょう)』と呼ぶことにします。

 ちなみに写真の茶寵、お湯やお茶を掛けると口からプクプクと泡が出てきます。
 お湯を掛けることにより茶寵内部と外部で気圧の差が生じ、口からプクプクと泡を吹きます。

 茶盤の上でプクプクしている姿、好きです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

ちょっとイヂワル

Hangzhoumop 8月の杭州へは、デジカメを2台持って行きました。
 一台は予備として持っていきましたが、使わないのも勿体ないので滞在中予備の一台を通訳さんに渡して撮影をして貰いました。

 ちょっとイヂワルかな?と思いつつお願いしたテーマが
『あなたが見た、中国らしいところ』
 というもの。

 これって結構難しく、例えば日本にすんでいる私たちがごく当たり前と思っていることでも、外国から来た人達は『これって、日本的だね!』ということが沢山あります。
 それが京都や東京のような場所ならば日本人にもわかりやすいのですが、それが普段生活している場所、ましてや海外に行ったことのない人だと比較対象が全くないので、どれが日本らしいものなのか全くわかりません。
 中国でもそれは同じことで、相手と自分の違いは相手のことが分かって初めてわかってくることです。

 またお寺のような歴史のあるものについては、日本の文化の多くは中国からもたらされたものが多く、中国らしい部分を探しても割と日本に共通している部分があるので、なかなか難しいのではないでしょうか。

 まだ学生さん、しかも日本の文化・生活を見たことのない方ですから、
『あなたが中国らしいと思うこと』
 をテーマにするのは、少々イヂワルなことなんです。

 ごめんなさいね。
 と、今になって軽い罪悪感・・・ちょっとだけ、悪かったかなって思っていますhappy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

おぉ~グーグルアースじゃん

Shinagawastation 8月9日、成田空港から杭州へ向かう機内からの写真です。

 成田空港を出て数分、ふと下を見たら何処かで見た風景が見えてきました。
 ありゃぁ東京駅じゃな・・・ってことは、と撮った写真が今回のもの。

 何処かわかった人はエライ!

 品川駅上空を写したのですが、右上にはレインボーブリッジの入り口が見えます。
 左手の方にある緑に見える部分はさすがにわかりませんでしたので、調べてみたら国立科学博物館付属自然教育園と東京都庭園美術館の敷地でした。
 この辺りは全く行かない場所なので地理が理解できませんが、これが銀座上空ならば色々説明しちゃうと思います(相手が迷惑と思っても)。

 飛行機上空から見た風景、まさにリアル・グーグルアース!
 久しぶりにグーグルアースを起動させ私の自宅を探しましたが、解像度が低すぎて全く見えませんでした(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

お土産

Zhangxiaoquan 杭州へ行った時のお土産といえば龍井茶、シルク、蓮根の片栗粉、王星記の扇子などありますが、もう一つ忘れちゃいけないのが 張小泉の刃物。

 中華包丁~ペティナイフなどの料理用の刃物も捨てがたいのですが、私が張小泉をお土産として選ぶのならば、爪切りをオススメします。

 中国の製品が『安かろう・悪かろう』というのは昔の話しになってしまった感がありますが、中国に行って実際にものを見てみると・・・・という物が未だにあります。

 ですが、この張小泉は良い物を作っています。
 以前ドイツのゾーリンゲンのヘンケルスで購入した爪切りもパチンパチンと切れ味鋭く10年経った今でも購入当時と全く変わらぬ切れ味ですが、張小泉の爪切りもヘンケルスに負けず劣らずパチンパチンといい音をして爪が切れます。
 しかも、切った後の爪もギザギザすることなく、しかも足の親指がその状態で切れるんです。

 価格は10元チョット。 
 日本人にとっては容易に手を出しやすい金額です。

 清の皇帝も使ったと言われる、杭州きっての老舗である張小泉”の刃物。
 杭州市内には幾つも扱う店がありますので、一度立ち寄ってみてください。
 杭州でも有名なお土産街である”河坊街”にもあります。
 2008年8月現在は、扇子で有名な王星記と同じ建物の中にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

自作パソコン

Kingyo_shabon2 今使っているパソコンも、その前のパソコンもパーツを買ってきて、自分で作りました。

 自慢じゃありませんが、未だにパソコンが起動しないことが時々ありますが、それでも起動すれば変な使い方をしない限りは、私の言うことを聞いてくれます。

 何故自作パソコンか?
 確かに部品の選択から始まり、OSやソフトのインストール等々の面倒なことが山のようにありますが、それでもメリットがありそれはメーカー製と異なり壊れたら壊れた部分を交換すればすぐに使えるようになると云うことです。

 パソコンを道具代わりに使っているので、無いと不便このうえなく、なるべく使えない時間を短くしたいというのがあり、自作することを選択しています。

 今日も自作パソコンのことについてフィリピンからの研修生と話しをしたのですが、彼らは当然のように聞いていくるンです”自分で作るのって、難しくない?”って。
 面倒ではあるものの、難しくはないので私は彼らに

『あぁ、あなた達の化粧よりも簡単だよ!』

 って答えてあげます。
 男の連中には

『君たちが、夜する化粧よりもね』

 多少ブラックユーモアを含みますが、そこで笑いが起きます。

 意思の疎通が難しい中では、笑いは大きな意思疎通の道具として役立つことが多々あります。

 まぁ、とりあえず笑っとけ。
 状況にも寄りますが、笑顔を向けて眉間にしわを寄せる人は少ないのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

勇気

Busandbousan 先日友人と電話で話をしていた時

 『父さん、電車やバスで、ジイちゃんバァちゃん、妊婦さんに席を譲る乗って勇気いるよね』

 『あぁいうのはそう思ったら自然に身体が動いて席を譲らないと、ダメだよ。それに、席を譲るってのは相手のことよりも、譲ったら自分が気持ちいいだろ。』

 確かにそうなんです。
 他人が大変だからというのも大きな理由なんですが、そういう行為というのは自分自身が妙に清々しい気持ちになります。
 もちろんそれは、優越感や自己陶酔というものではなく、ある種の自己満足的なものなのかもしれません。

 そんなことを考えているようでは”マダマダ”で、そんなことすら感じなくならなければいけないんでしょうが、そこまで行き着くには時間が掛かるでしょうし、経験も必要だと思います。

 もちろん私はまだまだ自己満足の世界にいますが、それでも私が座っている目の前にヂイちゃん・バァちゃん・妊婦さん等が来た時には反射的に立ち上がるようになっていますが、大抵は立ち上がって席を譲った直後にバランスを崩してズッコケることが多く、いつも逆に心配を掛けてしまっていますwobbly

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

本当にウルサイ! NTT

Kaeru_jpg 1ヶ月以上前からNTTから”光”に入らないかと、本当ウルサイ勧誘電話が掛かってきています。

 一度は『何度も何度も掛けてきて、いい加減にしてくれない!』
 と怒気を含んだ声で言ったこともありますが、それでもNTTの関連会社??からひっきりなしに電話が掛かってきて、正直頭に来ています。

 今日も私が外出中に電話が掛かってきたようで、任天堂Wiiがもらえるから光を引かないかだのという電話が掛かってきたようで、母も辟易していました。

 プロバイダーの関連会社というところからも電話が掛かってきて、頭に来たこともありましたが、プロバイダーは私の要望したように見積もりを送ってきてしっかりと得だと言うことを理解させてくれましたが、他は『安くなりますから、安くなりますから』の一点張り。

 NTT関係なく、金額的にもスピード的にも得のようですから申し込みを検討していますが、これ以上NTTからの勧誘が五月蠅いようならば、電話先で怒鳴ってしまいそうです。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

蓮蓬

Hasunomi 夏に杭州へ行くと、町のあちらこちらで籠に蓮の花が終わった、蓮の実が付いている部分だけを販売している売り子さん達を見かけます。

 蓮の実が食べ物であることは知識として持っていますが、日本で知られているものは乾燥したもので、月餅の中に入れられることが多い、という位の知識しか持ち合わせていません。
 それに、どうやって食べるの?等と聴く中国語の能力もありませんから、売り子さん達を横目で眺めながらいましたが、今回の杭州で初めて食べる機会ができました。

 杭州を出発する前日、通訳のKちゃんと一緒に入った解放路の巨大な茶館”青藤茶館”で飲み物を飲みながら、食事をしていた時にKちゃんが『ちょっと待ってて下さい』と持ってきてくれたのが、この蓮の花が終わった後の物。

 日本語では花托(かたく)と呼ばれる蓮の花が終わった後の物、中国では蓮蓬と呼ばれており、この蓮蓬の中に実があり、これをたべます。

 まず蓮蓬から実をしたから押し出すように取り出します。
 実は緑色の固い皮に覆われていますので、爪や歯で剥くと中から白っぽい実が出てきます。でも、まだ薄皮が付いていますのでこの薄皮を取ります。
 そうすると食べることができるのですが、ここでもまだ一つ注意があります。

 この白い蓮の種の中心には後々葉になる緑の部分があり、これは苦いので好みによってはこの緑の部分も取り除かなければ、蓮の実(中国語で蓮子)を食べることができません。
 味はナッツの類と同じで、濃厚な味でお茶と一緒に食べたら美味しい物です。

 西湖の夏は蓮の湖として有名で、皆が蓮の花が咲くことを楽しみに待っていますが、この蓮の実も皆が待ち望んでいるようで、町歩きをしていても蓮方を嬉しそうに持っている人を見かけます。

 もう一度食べたいなぁ~。
 近所の池に蓮が咲いているけど、蚊に刺されるから行きたくないシィ。
 日本でも売ってくれないかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

空港からのタクシーにご用心

Enanro 杭州簫山空港から杭州市内へ、杭州市内から杭州簫山空港へは電車という選択肢がないため、バス、タクシーを利用しての移動になります。

 バスは切符売り場で切符を買い求め、1時間に1、2本の間隔で15元で杭州市内へ行くことができます。

 私は荷物も重く、私がよく利用する地域へは100元(1600円程度?)以内でホテルの目の前まで運んでくれて楽チンなので、いつもタクシーばかり使っています。

 今まではそんなこと無かったのですが、杭州市内へ向かうタクシーの運転手は『100元でどうだ?』、空港へ向かうタクシーの運転手は『120元でどうだ?』と価格交渉をしていました。

 今まで何度もタクシーを使っていますし、タクシー料金が値上げされたという話を聞きませんから、100元・120元は明らかに高い金額を要求しています。
 私はとやかく言うのも面倒なので(というか、未だに中国語は話せません)、メーターを指さし”これを使え”と言ってやりました。

 

杭州情報・ニュースブログを見るとタクシーメーターを使用しないと高額の罰金を取られるようなので、消費者が有利なようになっていますが、なかなかそうもいかないでしょうから、メーター使用の方が高額となってしまったとしてもメーターを使えと意思表示をした方が良いと思います。

 以前はこんなこと無かったんですが・・・
 杭州空港から、空港へのタクシーにはご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

思い出

Kaeru_jpg 先日、赤塚不二夫さんがお亡くなりになりましたが、赤塚不二夫さんといえば私にとっては天才バカボンが印象的です。

 小学5年生の時、近所で遊んでいて何の拍子か頭を鉄板の波板で切り血がダラダラと流れてきました。
 そんな状態で遊んでいるのも気が滅入りますから、すぐに家に帰ったのですが、家に帰ったら誰もいません。

 頭から血をダラダラと流したままでいては、畳や板の間を汚してしまいますから、血が出ているところをタオルで押さえていました。

 今は地元の情報番組を放送していますが、一昔前の夕方の5~6時といえば子供向けのアニメを放送するのが常でした。
 そんなこんなで、頭をタオルで押さえながら”天才バカボン”をゲラゲラ笑いながら見ていると母が帰ってきて、真っ赤になったタオルを見てまぁビックリ。
 すぐに車に乗せられ病院に連れて行かれたことが、今でも記憶に残っていますhappy02

 頭から血を流しながらアニメを見ながらテレビを見る・・・間違いなく、昔から私は私であったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

安眠

Kaeru_jpg 杭州から帰って思ったこと。

 日本が思ったほど蒸し暑くなく、夜もそれなりに眠れるようになったこと。
 それともう一つ、セミに朝起こされなくなったことでしょうか。

 セミが鳴かなくなったのは良いのですが、お金は落ちていないだろうかと下を見ながら歩いていると、セミの死骸が落ちているのは少々悲しくなります。

 自然の摂理なので悲しくなることもないのですが、なんかもの悲しくなってきます。
 年を取ったせいでしょうか。

 昼間セミが鳴かなくなったと思ったら、夜にはコオロギが鳴き始めました。
 夜暑いのも、もう少しの辛抱のようです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

パソコンモニターが汚れていたら

Kaeru_jpg 皆さんのオタクのパソコンモニター汚れていませんか?

 最近は便利になり、パソコンモニターもここをクリックするだけで内側から綺麗にしてくれるんです。

http://theglobalbible.com/temp/screenclean.swf

 まずはクリックを。

 自動でクリーニングが始まらない場合は犬の画像が現れますので、そこの三角マークをクリックすると、クリーニングが始まります。

 クリーニングは自動で終了しますので、それまで画面を見ていてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

恥ずかしい思い

Kingyo_shabon2 今回の杭州旅行で私は2つのホテルに泊まりました。

 一つは現地で雨後の竹の子のように増えているチェーン店のビジネスホテルと、5星ホテルが経営する少々高級な感じのするビジネスホテルです。
 私がその5星経営のビジネスホテルに宿泊した時の話しです。

 私の部屋は12階。
 杭州最終日の夕方6時頃、外から帰りシャワーを浴び『もう疲れて動けんが、飯は食いたい!』と着替え、1階に向かうエレベーターに乗ったら、あらビックリ。
 Tシャツを表裏逆、しかも前後まで間違え、首の下にタグがある状態できているのに気付きました。
 このまま外に出てしまったら大恥をかいてしまう、と思い誰も入ってこないだろうと思いこみ、Tシャツを脱いで器用とした瞬間ドアが開きました。
 そこには何と白人のご夫婦が、怪訝な顔をしながら入ってきました。

 いやまぁ、恥ずかしいこと。
 咄嗟のこととはいえ、思わず英語で
『驚かせてごめんなさい、Tシャツを逆に着てたのに気付いて、着替えてたんです。本当に驚かせてごめんなさいね。』
 と笑いながら平謝りしたら、相手も理解してくださったようで
『あなたも、服を逆に着ていたのに気付いて驚いたでしょう!』
 って言って下さったので、私も笑いながら
『そうなんです、自分自身でビックリしちゃって』

 そこから、私は日本人であることを話し、白人ご夫婦がどこから来たのか?中国は楽しんでますか?等と世間話をしているうちに1階に着き、もう一度私はロビーで
『本当に驚かせてしまって、ごめんなさい!』
 って平謝り。
 ちなみに、この白人ご夫婦イタリアからビジネスで杭州を訪れていたようで、他にもこのホテルには割と外国人が宿泊していて、観光にビジネスにと使用されているようです。
 どこのホテルかは、またの機会にご紹介します。 

 今冷静に考えると、自分の部屋に戻って着替えれば良かったんですけど、思考能力が停止していたんでしょうね(笑)
 まったく、中国まで行って何やってんだかbleah

 ちなみに、夏の杭州には上半身裸の男が時々いますので、女性の皆さんは心して夏の杭州へお出かけ下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

ご無沙汰しておりました

Hzolympicwushan しばらく旅行の準備と、旅行でブログを更新していませんでした(できませんでした)。

 行ってきたのは毎度のように、中国浙江省杭州。
 北京も上海も香港も興味はなく、いつも行くのは杭州ばかり。
 何度行ったか忘れてしまったため、パスポートを見直したら7回も行っていました。

 でも、何度行っても、どの季節に行っても全く飽きることはありません。
 それどころか、中国の友人・知人達が増えて行き、彼らと会うことが楽しくてなりません。
 もちろん現地の日本人の友人達と会うこともとても嬉しく、それも杭州へ行く理由の一つであることは間違いありません。

 といっても、相変わらず中国語でコミュニケーションを取ることは難しく、いつも人の助けを得て楽しんでいる次第。
 今回もdadaoさんの紹介で、お願いした学生通訳さんのKちゃんが大きな助けとなってくれて、楽しい旅となりました<(_ _*)>

 昨年の夏は杭州市内を歩いてばかりいましたが、今回は少し遠出して江蘇省の陶都”宜興”と日本人には多く知られていない”徳清の新市”へ行くことができ、面白い経験ができました。

 昨日までは日常ではない現実がありましたが、明日からは日常という現実が待っています。
 それでも、今回の杭州行きで新たに考えることもできましたので、今までとは違う日々が過ごせそうです。

 はぁ、杭州にいる間はエアコンのある部屋で眠れましたが、日本では暑い中で寝なければなりません。 
 それが少々、苦痛です(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »