« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月28日 (水)

危ないところで

Kinjyoodori1small 仕事終わりいつもの道を車で走っていると、前に走っていた車が旗を持った男に脇道に引きずり込まれました。

 そう、スピード違反で捕まったんです。
前の車がつかまったのを見た瞬間にスピードを多少落としましたが、もともと私はスピードを出す方ではないので慌ててスピードを落とさなくても捕まることはなかったのですが、そうは言ってもヒヤリとしました。

 今日は別の道を通って帰ろうと思っていたのですが、それを無視して行ったら捕まりそうになったので、やはり感には従うものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

鼻血ブー

Washi 仕事中、トイレに行き顔を洗ったら妙に鼻が痛いのに気付きました。

 そんなの気にせず顔を洗い、しっかり拭いた後に、鼻をかんだら右の鼻から血がブーッと出てきました。

 ビックリしたと言うよりも、あらまぁ、って感じで見ていました。

 今朝鼻毛が出ていたので切ったため、毛の先端が尖っていた部分が鼻の中の皮膚に突き刺さったのが原因だと思っていますが、妙にいたかったんですよ顔を洗っている時。

 まぁ、すぐに血も止まりましたので大恥をかかなくて済みましたが、よくあるんですよこういうことbleah

 しっかり書きますけどね、鼻クソをほじっていたわけではありませんからネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

味も素っ気もない

Kingyo_shabon2 どうも日本の歴史がちゃらんぽらんな部分があり、どうしたら学習できるかと考え、思いついたのが高校の歴史の教科書。

 読み始めたのは良いのですが、あまりに味も素っ気もない内容にだんだんイライラし始めてきました。

 歴史の教科書ですから史実が書かれていれば良いのでしょうが、こんなに単調だと頭に入っていきません。

 知識としては充分なのでしょうが、これだけで満足する受験生ってのはある意味不幸です。

 教養として使うには、あまりにも弱すぎるような気がします。

 一般知識としては中学生程度で、高校生の教科書は受験用。
 教養としては中学生の教科書を理解したうえで、一般書籍を読んだり、芝居を見たりしたほうが生き生きとした歴史を知ることが出来るような気がします。

 高校時代の教科書の知識が今になってさほど役に立っていないこと、歴史の教科書を読み直してみて初めて気付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

なむなむ

Kingyo_shabon2 先日上京した時、他にお金を使いたかったため食事は安くて早くて食べられる牛丼チェーン店に寄りました。

 時間が朝6時前だったため客も数人で、何となく目に入った会社で使うであろう中年(初老?)オヤジの丼を見たら綺麗にお箸が立っているではありませんか。
 思わず胸元で手を合わせ

 『なむなむ』

 としてしまいましたbleah

 色んな人がいるのはわかりますが、まぁホントいるものです
 もっとも”なむなむ”しちゃう私も、その色んな人の一人であることは間違いありませんね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

こんなものいらない

Megatenpresent 掃除をしていたら出てきました。

 何年前でしょう。日本テレビが汐留ではなくまだ千代田区2番町にあったころ、年末あまりに暇でふと見て応募した『所さんの目がテン』の”こんなもの煎らないプレゼント”で当たった景品が、出てきました。

 中身は、クモとゴキブリのオモチャ。
 こんなの、ホントに要りませんが当選したらしたでとっても嬉しいものです。

 ゴキブリで思い出しました。
 日本に来て数ヶ月の日系ペルー人が突然
『あっ、油虫だ!』
 って言い始めたので、何?と思って見たら、ゴキブリがチョロチョロしていました。
 そりゃぁたしかに油虫だけど・・・
 よくよく聞いたら、以前働いていた食品の会社で年寄りにゴキブリではなく油虫で教わったそうです。
 ・・・今時、ゴキブリのことを油虫って言う人いませんね。

 最近は新芽にアブラムシが付いて嫌な思いをしていますが、とこっちのアブラムシを想像してしまいます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

ばけたん2

Baketan2 どこで見つけたか、忘れましたsad が、面白いんで紹介します。

 商品名は『ばけたん2
 UFO・オバケ探知機を略して”ばけたん2”になったと思うんですが、実に怪しい商品です。

 オバケを探知すると赤い光が、守り神?を探知すると青い光が付き教えてくれるそうです。
 素晴らしいことに、悪いオバケから身を守るためのバリア機能もついていますので、いざ(?)というときには、力強い味方にもなってくれそうです。

 それ以上に嬉しい機能は、オバケが空間に残していったメッセージを変換再生する機能が付いていることではないでしょうか。

 これで、オバケ嫌いの人は安心sign03
 お守り代わりに如何でしょう。

 友人に使ってみて!って依頼したら。

こんなの使わなくてもだれにだって備わっているので

『断る!!』

って言われちゃいました。
 私にはそんな機能付いてないんですけどぉ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

四川の地震

Hzoldbuilding 四川で巨大な地震があったことはニュースで繰り返し報道していますが、確かに地震の規模も巨大だったのですが、それ以上に被害を大きくしたのは建物の構造だと私は思っています。

 倒れた建物の写真を見ていると殆どがレンガとコンクリで作られた、地震に強い構造をしたものはありません。
 写真は杭州のお土産物屋さん街の裏手にあった、廃屋を撮影したものですが、日本での建物の構造を知っている私にとってはラフな作りに見えます。
 これで地震が来たら一発で崩壊するのは目に見えています。

 これと同じ構造の建物が四川でも使われていますから・・・
 過去100年に何度も大きな地震に襲われている地域と聞いています。
 この地域が経済的に苦しい地域と言われいますが、少なくとも学校・集合住宅・工場は耐震構造で建てておかなければいけなかったのではないでしょうか。

 いずれにしても起きてしまったことを元に戻すことは出来ません。
 一人でも多くの方に生存していてもらいたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

プリン

Pudding 連休中、何を思ったのか突然自分で作ったプリンを食べたくなり、牛乳とバニラエッセンスを買いに走り、ネットで分量と”簡単”な作り方を参考に作ってみました。

 卵に砂糖を加え混ぜ合わせ、牛乳と混ぜ合わせ・・・この位は余裕のよっちゃん。
 ネットで調べた”電子レンジで作る”カラメルの作り方を見て、難関と思われるカラメル作りも完璧に出来ました。

 作ったカラメルの上にプリン種をのせ、ネットで調べたように電子レンジへ6分30秒。
 そろそろ5分だなと思い、レンジを覗いたらビックリ、プリンがグツグツとまるでグラタンのように沸騰していましたcoldsweats02
 まぁびっくり。

 プラモデルも組み立て図を見ずに作り部品を残してしまった幼少時期から、どうも今も全く変わっていないようで、レシピを見直したら電子レンジの”弱”で6分30秒と書かれていました。
 なるほど、それで沸騰してしまったわけですな。

 沸騰プリンであっても、作ったものを食べないというのはいけません。
 すぐにレンジから取り出し、グツグツしなくなったのを確認してから”沸騰プリン”を食べてみました。
 熱いプリンで決して食べられないものではなく、悪くはありません。
 これならいける、と思いつつ全て食べきりました。

 ちなみに写真は今日作ったプリン。
 あれ以来、電子レンジは使いたくないと思い蒸し器を使って作りました。
 今作っているのは、何とか冷えたプリントして食べることが出来ています。

 沸騰プリンを作った奴、聞いたこともないcrying 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

電子レンジ茶

Denshirenjicha 釜炒り緑茶を作って調子に乗った私は、横を見たら電子レンジを発見!

 見つけちゃったら仕方ありません。
 残っていた茶葉をレンジでチン。
 横を見たらすり鉢を発見!
 見つけちゃったら仕方ありません。
 すり鉢でお茶を揉み揉み。

 これを何度か繰り返し、最後は”やっぱり少し香ばしさが欲しいよなぁ”ということでフライパンで少し、煎りました。

 で出来上がったのか、電子レンジ茶。
 すり鉢でしっかり揉み揉みしたので、今まで作った釜炒り茶よりも味と水色は一番良かったんですが、大きな茶葉を使ったので香りは釜炒り茶の方が勝っていました。

 これと同じ方法で24時間以上放置した茶葉を使って”なんちゃって烏龍茶”を作りましたが、美味しくありませんでした。

 製法の違いで同じ茶葉から緑茶・烏龍茶・白茶・黄茶・紅茶・プーアル茶が出来上がると言いますが、これは間違いのないことです。
 でもそれに適した茶の品種があり、どんなに美味しい緑茶の茶葉で烏龍茶を作っても美味しいとは限りません。
 ということを、実体験した次第です。

 電子レンジ茶、何を参考にすることなく作りましたが、ネットで検索したらすでに電子レンジでお茶を作っている方がいらっしゃいました。
 次はそれらを参考に作ってみようかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

なんちゃって 釜炒り茶(フライパン茶)

Furaipancha 早めに行こうと思っていた茶摘みも、雨が降ったり、天気が良かったりとなかなか行くことが出来ず、今日になってしまいました。

 無農薬で提供してくれていますので、葉っぱにはダニ、アブラムシ、そしてそれらの天敵のクモやテントウムシが沢山いましたが、そんなの気にすることなくせっせと一芯一葉で摘んで行きました。

 30分ほどのんびりと摘んでいましたが、あまり摘みすぎても無駄にしてしまいますので適当な量を持ち帰りました。

 家に帰り虫の付いている茶葉、痛みの激しい茶葉を分け、早速製茶作業です。

 まぁ私にしては珍しく手順通り作ってみましたが、焦がしてしまったり、ボロボロにしてしまったりということもなく何となく出来上がってしまいました。

 飲んだ感想です。
 正式な方法で手間暇掛けたお茶ではないにも関わらず、飲めない!というものではなく、逆に”あれっ、飲めるじゃん”というものでした。
 香りは新茶の香り、でも味は揉みが足りなかったのか、それとも釜炒りの為でしょうか、ちょっと物足りないなという程度で、自分で作ったものにしては不合格のでないものでした。

 ただ、飲んだ時最初に思いついたのが”それなりに飲めるじゃん”ではなく”香りが良い”でもなく『あっ、ヤブキタ』というもの。
 ヤブキタってのは日本で最も生産量の多い茶の品種で、聞き覚えだと私の住む町では8割、9割このヤブキタを生産しています。

 釜炒りにしても、蒸しにしても、品種って大切なんですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

自分家でお茶を作りたい

Tealeaf 散歩をしていたら、新茶の季節なのに伸ばし放題になっている茶畑を見つけました。

 看板があり『ご自由にお摘みください。無農薬です』と書いてありましたので、明日天気が回復したら茶摘みに行こうと考えています。

 お茶の産地の楽しみ方なのですが、新芽を天ぷらにして食べることはあります。
 でも私が考えているのは、自宅で製茶をして飲むこと。

 私は蒸して作るお茶が好きでないんで、自宅で作る低発酵の烏龍茶の作り方を参考に作ることを考えています。

 手順は簡単。

1.茶葉をフライパンでしんなりするまで煎る
2.まな板の上でよく揉む
3.フライパンの上で再びカリッとするまで煎る
4.電子レンジで中に入っている水分を飛ばす

 ですが、各工程の加減がわかりませんので、焦がしたり、味がなかったりと何らかの失敗が予想されます。 
 でもまぁ、それはそれ、面白がって作ってみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

藤花茶

Fuji2 4月12日に藤の花を作ったフレバリーティーを作りたいと書きましたが、その後を書き忘れていました。

 結果から言うと、断念しました。

 藤の花が咲き始めてきた時期に念のため藤の花を数本持ち帰りテーブルの上に置いておいたのですが、さてどれを使おうかと花を持ち上げた時です、テーブルの上には無数の小さな虫が沢山動いていました。

 また、沢山の藤の花が咲いている時はあまり香りがして良いのですが、これが数本だけだと香りが弱くてお茶に香りを付けようとすると何本の花が必要なのか・・・

 という理由で藤の花のお茶は断念しました。

 おそらく、来年リベンジは無いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »