« ディズニーキャラクターと写真を撮る | トップページ | その後 »

2008年3月11日 (火)

歌舞伎役者からのラブレター

Kabuki_za ぴかの観劇(芸術鑑賞)日記 さんで見つけたサイトです。

 脳内メーカーやユニークな占い等、ユーモアサイトが好きなのですが、久々に大ヒットしました。
 その名も

 

『歌舞伎役者からのラブレター』

 自分の名前を入力すると、任意の歌舞伎役者からラブレターが届くというもの。
 ちなみにosomeで入力してみると、片岡仁左衛門さんからloveletterが届きました

 ちなみに女性宛へのラブレターですので、男の私が歌舞伎役者からのラブレターを貰っても、何か妙~に気持ち悪いんですけどね。

osomeちゃんへ

会う事も少ないし、話す事も多くはないんだけど、何かに夢中になっていないとすぐにosomeちゃんのことばかり考えてしまうんだ。
こんなに誰かのことを好きになるなんて、自分が一番びっくりしてるんだ。
気が付いたら京都ホテルオークラで、浅草ビューホテルで、博多座でosomeちゃんの姿ばかりいつも探してて、いないって分かってるんだけど変だよね。
今日の朝、見かけたときに何度も話しかけようともしたし、何度も思いを告げたいと思ったんだ…。
でも、出来なかった。
俺はもう、人を好きになってはいけない、好きになる資格なんてない。
俺はもう、幸せにはなれないんだ・・・。
だけど、どうしてもこの想いは伝えたかったから。
中村福助がosomeちゃんに興味あるって言ってた。
一番の親友の中村福助なら、きっとosomeちゃんの事、幸せにしてくれると思うんだ。
お願いが一つあるんだけどいいかな?
osomeちゃんが好きな助六人形、頑張って手作りで作ってみたんだ。
3月11日にお家に届くと思うから。喜んでもらえるといいんだけど・・・。
最後まで読んでくれてありがとう。

大好きだよ。
片岡仁左衛門より
 

|

« ディズニーキャラクターと写真を撮る | トップページ | その後 »

コメント

ご紹介いただきまして有難うございますm(_ _)m
私もいろいろな方のブログで拝見し、これならいいかなぁというラブレターをGETできたので記事にした次第です。同じ仁左衛門丈からのお手紙でも内容が違うバージョンなんですね。osomeさんというお名前なので、手紙の文面から見ると特に違和感がないのもいいですね。
それと杭州に行かれたとのこと、西湖の記事とか読んでました。実はもう4年くらい前に、仕事で上海→杭州と行ったことがあります。西湖も多少観る時間がとれるはずでしたが、仕事が予想に反して長引いてしまい、ほんの一瞬だけほとりに車を停めて写真を撮る時間しかなくなってしまったのが残念でした。上海は20数年前に行った新婚旅行からその出張までで3回行きました。行く度に大きく変化している様子に感心しきりでした。

投稿: ぴかちゅう | 2008年3月11日 (火) 21時39分

これ、私も最近ラルクバージョンをやりましたw
歌舞伎役者バージョンもあったんですねーーー♪

投稿: DaDao | 2008年3月11日 (火) 23時52分

>ぴかちゅう さま
面白いものを紹介して下さり、ありがとうございました。
歌舞伎好きの友人達に先行して紹介したら、大受けしていましたhappy01
お遊びと知りつつ、贔屓の役者からラブレター貰うと嬉しいですね。

私も4年前に初めて杭州へ行きました。
あれから6度も足を運びましたが、行く度に杭州は魅力的な街に変わっていっています。
西湖周辺も益々魅力的に変貌しています。
美味しいところ、気持ちの良い茶館をご紹介しますので、お時間がおありでしたら一度ゆっくりと杭州を訪問してください。
上海とは空気の流れが異なると思います。

投稿: osome | 2008年3月12日 (水) 20時31分

>Dadao さま
お気に入りのラルクのメンバーから、ラブレターは届きました?
あたしゃ、本物のラブレターが欲しいと毎日待っておりますが、悲しいことに一度も来たことがありませんweep

投稿: osome | 2008年3月12日 (水) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/40429441

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎役者からのラブレター:

» 08/03/08 松嶋屋二代からのラブレター?? [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
{/roket/} いよいよ明日、下北沢トリウッドでの記録映画「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」6作品の連続上映の初日。土日の2日間で6本全部観る予定であるが、羽田澄子監督の挨拶もあるらしい。下北沢に初めて足を踏み入れるのも楽しみだ。 {/pc2/} さて、あちこちのブロガーさんが楽しまれている占いサイト「歌舞伎役者からのラブレター」を私もやってみた。本名(今と旧姓)、そのひらがな、姓名だけとか、ハンドルネームとかいろいろなバージョン。 下記はそのひとつの例。 {/mail/} 「ぴかちゃんへ えっと・・... [続きを読む]

受信: 2008年3月11日 (火) 21時20分

« ディズニーキャラクターと写真を撮る | トップページ | その後 »