« カップ麺 | トップページ | またまた杭州へ »

2008年2月18日 (月)

斧琴菊

Yokikotomatasu 市川昆 監督が亡くなられ、テレビでは「犬神家の一族」を放送しています。

 子供の頃に横溝シリーズが好きで映画館でテレビで何度も見たのですが、内容についてはさっぱり覚えていませんでした。

 今回見て初めて気付いたのが、”斧琴菊(よきこときく)”。
 斧琴菊(よきこときく) と言えば三代目菊五郎が作ったものとして、今でも尾上菊五郎家で使われているものということはチョットした歌舞伎好きならば誰でも知っていることです。

 市川監督最後の作品となった「犬神家の一族」を初めて見たんですが、それで尾上菊之助さんと富司純子さんが出演しているんですね。

 菊之助さん、舞台に立つ女形の姿を見るとお母さんによく似ていると思うこともありますが、戦後という設定もあり眉毛を太くしている姿は、まぁお父さんそっくり。

 こういう映画って、昔の方が古めかしくて面白いと思うことが多いのですが、今回のは前回のと同じ、いやそれ以上に面白く出来上がっていますね。

 

|

« カップ麺 | トップページ | またまた杭州へ »

コメント

お久しぶりです。
(以前のHNを忘れたので、新しいのにしましたが、まあだいたいお分かりでしょう)

私も「犬神家……」ちょっとだけ見ました。
ゴムの仮面をかぶっていても、菊ちゃんだとすぐわかりましたね。
とてもステキな若者でしたねー。

そういえば、「歌舞伎美人」の松也くんの写真も、ちょっぴりお父さんに似てきてません?

投稿: 北千手観音 | 2008年2月20日 (水) 17時14分

おシャシャのシャン での松也くん、角度や仕草によっては松助さんにそっくりで驚きました。

「歌舞伎美人」の写真、特に笑った顔が松助さんによく似ていますね、カーリューさんhappy01

千手観音のDVD、杭州のDVD屋さんで安かったら買ってこようかなぁ。
日本だと高いんで。

投稿: osome | 2008年2月20日 (水) 22時58分

ああ、カーリューでしたね。
すっかり忘れていてお恥ずかしい……テヘヘ。
以後は北千手観音もよろしく。

投稿: 北千住観音 | 2008年2月22日 (金) 10時54分

へへへ、やっぱりカーリューさんでしたねhappy01

DVD屋さんに行ったのですが、カンフーハッスル・少林サッカーのチャウ・シンチーの新作「長江7号」のDVDを探していたらつい千手観音を探すのを忘れてしまいました(笑)
千手観音は買わなかったのですが、観世音霊感歌なる怪しいCDを買ってきました。
夜寝る時聞くとぐっすり眠れるかな?と思いまして(笑)

投稿: osome | 2008年2月25日 (月) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/40174191

この記事へのトラックバック一覧です: 斧琴菊:

« カップ麺 | トップページ | またまた杭州へ »