« 収集癖 | トップページ | マリーゴールド »

2008年1月16日 (水)

エコロジー

Suisen ゴミの分別が始まったとき、私すぐに『これらの分別された物は、本当にリサイクルされるのか?』と考えました。

 案の定、国民のリサイクル意識が高まってきた今、一部でリサイクルされていないことが明らかにされてきました。

 先日のニュースでは再利用されるはずのプラスチックが、実は産業廃棄物として捨てられていた、ことを見ました。
 古紙を使っているとされていたリサイクルペーパーも実は表示されている割合よりも少ない量であったり、全く使用していなかったことが明るみにされ責任を取り社長が辞任するというニュースも今日見ました。

 再生紙100%のコピー用紙が、実は100%じゃなかった、というのを聞いて、がっかりしたのですが、よく考えたら再生紙100%のコピー用紙って高いので購入していませんでした。
 と自分がエコな奴じゃないと気付いた時に、じゃぁ今まで100%再生紙ということで100%じゃない紙を買っていた人は本当はもっと安い値段で買えたんじゃないか、とも気付きました。

 ウソ再生紙を購入していた人は、お金返してくれるんでしょうか?
 返してくれないとしたら、企業はどのようにして責任を取るんでしょうね。
 少なくとも社長が辞任する位では、企業の責任とは言えないような気がするんです。
 ニュースではここんとこ何も言っていませんでしたが、大きな問題として扱ってくれないでしょうかねぇ。
 そんでもって、誰か ”金返せ!” って言ってくれないものでしょうか?
 少なくとも、国民の税金を使って再生紙を購入していた公的機関は、言うべきでしょうね。
 ウソ言ってた企業、差額分を返金すると共に今後数年間は罰として税率を上げても良いんじゃないでしょうかねぇ。

 なんかエコロジー志向に、水を差されちゃった気分です。

|

« 収集癖 | トップページ | マリーゴールド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/17720109

この記事へのトラックバック一覧です: エコロジー:

« 収集癖 | トップページ | マリーゴールド »