« 何故だかわかりませんが | トップページ | 湯たんぽ »

2007年12月 1日 (土)

贅沢な使い方

2007hangzhou10 中国は浙江省の杭州にはまり度々出かけていますが、行くたびにお茶を買って帰ります。

 中国のお茶といえば烏龍茶、と思うのは日本人で、中国人がお茶といえば緑茶やジャスミン茶になります。

 私はどのお茶と言うことなく、お茶全体が好きなのですが、そんな中でも特に好きなのは緑茶。
 今回は私の趣味嗜好の話ではなく、購入してきたお茶の話です。

 目につくお茶、面白そうなお茶で手に入れるのをどうしようかと迷った時には購入するようにしているため、何度も”失敗”というお茶を持ち帰ってしまう羽目になります。 
 最初は何度か飲むのですが、どうしても飲めないお茶が出てきてしまいます。

 お金を出して購入してきたお茶です、友人・知人にプレゼントするにはあまりにもレベルが低すぎて、プレゼントすることも出来ません。
 で、最近私が思いついたそんなお茶の使い方、それは入浴剤にしてしまうこと。

 どんな効果があるのかも分からず、ここ数回お茶を入浴剤代わりに使っているのですが一つ問題があります。
 それは、泡立ってしまうこと。

 

11月21日に書きましたが、お茶には界面活性剤成分サポニンが含まれているため、それが原因で風呂の湯を沸かすと泡が出てくるのではないかと思っています。

 そういえば、漫画家の”さくらももこ”さんは水虫になった時、お茶で治したというのを彼女のエッセイで読んだことがあります。
 もしかすると、お茶を入浴剤代わりに使うと、身体に良いことがあるのかもしれません。

 そうそう、11月26日に最近ミカンを食べるようになったことを書きましたが、そのミカンの皮も乾燥させて、お茶と一緒に入浴剤代わりに入れています。
 風呂の蓋を開けると、ミカンの香りがフワッと香り、なかなか良いものです。

 入浴剤も買うとバカにならないんですよねぇ。

|

« 何故だかわかりませんが | トップページ | 湯たんぽ »

コメント

さっすが!シゾーカ人!
お茶やミカンは入浴剤の定番でしたね!
どちらも、石鹸にされたり洗剤に成分をたされたりしているからきっといいのでしょう!
そういえば、伊豆の温泉でも抹茶風呂なんてのがありましたのでストライクです。
(チョコバットファンとしては『ヒット』と言う方がいいのか・・・}

最近では月一回の温泉では体が持たず、
二日に一回は全国の天然湯の華をいれて自宅温泉しています。
岐阜の平湯、福島の高湯、女夫渕温泉などなど。
以前はお土産に頂いていたのですが、
最近ではネットで扱っているショップがあるので助かります。

投稿: 人参烏龍 | 2007年12月 4日 (火) 21時53分

ヒット4枚集めると、チョコバット1本もらえるね!
小学校の工場見学は三立製菓でした!

おぉ~、我が家も二日に一度はお茶風呂です。
土日はチョット贅沢して、ドラッグストアーで香港の湯とか韓国○○のような怪しい入浴剤を入れてます。
正統派じゃないのが、私です

投稿: osome | 2007年12月 4日 (火) 23時09分

本格派のあなたに!
こんな本があるんですね。
『中国茶文化 (単行本)』棚橋 篁峰 著

私目はアマゾンで、リサ・ランドール博士の5次元宇宙の本を注文しました。

投稿: 人参烏龍 | 2007年12月 5日 (水) 22時18分

”ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く”
でしょうか?
あたしゃ、こういうの苦手なんです。
解説見ただけで、訳わかんないです


投稿: osome | 2007年12月 6日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/17244122

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢な使い方:

« 何故だかわかりませんが | トップページ | 湯たんぽ »