« 酢 再び | トップページ | ミカン »

2007年11月25日 (日)

地獄の話って

Mokugyo_2 子供の頃から何度シリーズ化されているのかわかりませんが、日曜日の午前中にゲゲゲの鬼太郎が放送されているんですね。

 終わりのところだけ少し見たんですが、内容は悪事を重ねた人間を地獄に送るというもの。
 ふと思ったのは、今の子供達って地獄のことを知っているのだろうかと云うこと。

 子供の頃、周りに信心深い爺さん婆さんが多くいたこともあり、また寺へ遊びに行くこともあったことから、地獄の絵や話ってのは割と身近にあったように思い出します。

 人が死ぬと三途の川に行き、その後に閻魔大王の前に行き裁きを受け、悪い人は地獄へ行き、地獄に行くと青鬼赤鬼・牛頭馬頭などの鬼がいて、火の池地獄・針の山の図や鬼が人間をのこぎりで刻んでいたりと、子供の頃はこんな絵を何度か目にしていたものです。
 子供にこんな絵を見せたらそりゃまぁ恐いですよね。
 『悪いことすると、地獄へ行くよ』
 ということを、洗脳のように子供の頭の中に擦り込ませていたんでしょうね。

 信仰心があるなしに関わらず日本人はこういうこと知っていたんですが、最近はどうなんでしょうねぇ。

|

« 酢 再び | トップページ | ミカン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/17187086

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄の話って:

« 酢 再び | トップページ | ミカン »