« 寝ぼけ | トップページ | 竹細工 »

2007年11月14日 (水)

ブルース・ブラザーズ

The_blues_brothers 先日友人のところへ世界お茶まつりで手に入れたお茶を送ったのですが、その時に私が持っているブルース・ブラザーズのサントラアルバムを送りつけてやりました。

 友人曰く『夜に聞くもんじゃないな』だそうです。
 確かに、間違いありません(笑)

 『何かお勧めの映画は何』
と聞かれたら スティーブマーチンの ロクサーヌ をお勧めしますが
 『好きな映画は何』
と聞かれたら、間違いなく ブルース・ブラザーズ(Blues Brothers)と答えます。

 1980年に公開され、おそらく中学生の頃に見ていると思うのですが、高校生の頃に気になり始め完全にはまったのは、公開後の5,6年後だと思います。
 見始めた頃、既に主役のジョン・ベルーシーは亡くなっていましたが、出演しているミュージシャン達は現役で頑張っていました。

 映画の筋はDVDをご覧になって頂くとして、この映画を見て気になる部分が一つ。
 クライマックス寸前、ジェイクとエルウッドの二人が役所のエレベーターの中、静かに流れている音楽がボサノバの名曲アントニオ・カルロスジョビンの”イパネマの娘”なんです。
 確かにエレベーターの中で流れるような音楽には間違いないのですが、BGM的に使うのならばオリーブの首飾りやクラッシック音楽でも良いように思うのですが、何故にイパネマの娘なのか?

 台本を書いたエルウッド役のダン・エイクロイドもしかして、この曲が好きなんじゃないかと、思ったり何かします。
 そう勘ぐるのも、私が両方とも好きだからなんですが(笑)

 殆どの人が、あのシーンでこの曲が流れていることに気付いていないと思います。
 もし見る機会があったら、気にして見て下さい。

|

« 寝ぼけ | トップページ | 竹細工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/17034960

この記事へのトラックバック一覧です: ブルース・ブラザーズ:

« 寝ぼけ | トップページ | 竹細工 »