« 最近テレビに出ていないけど | トップページ | 茶器自分流 »

2007年9月 2日 (日)

中国のホテル デポジット制度

2007westlake5 今までの杭州旅行はJALのツアー旅行を利用していましたので、ホテルの代金などはツアー料金に含まれていましたが、今回は個人旅行ということでホテルの支払いは自分で行わなければなりません。 

杭州でビジネスサポート・通訳翻訳・マンション探し・買い付け・各種手配などの業務をしているビッグムーンライトさんに予約してもらったホテルは西湖の目の前(落ちるまでに30秒もあれば充分)の華僑飯店。

 昨年友人と一緒に杭州へ行った時に、友人がこのホテルを利用して英語が通じることは知っていましたので、安心していました。

 が、支払いの時になりビックリ!

 予約の時点では8日泊まり2436元だったのですが、いざ支払いの時点になったら3000元も請求されるではありませんか。
 600元の差は日本円で10000円に近い金額です。 
 普段は大雑把な私ですが、さすがに差が大きいので予約表を見せて確認をしたところ

『デポジット(deposit)』
 
 と言うではありませんか? 

「預け金?なんじゃ? でも預け金ならば帰りには返金されるだろう」
 と思いサインしてしまいましたが、返金されなかったらと心配でした。

 杭州在住の日本人の友人にこの件を尋ねたところ

『中国ではホテルの備品を持ち逃げしてしまう客がいるので、デポジットと制度があるんです』

 との回答に驚きながらも納得しました。
 クレジットカードで支払いましたので、チェックアウト時に現金で返金されても困ると思いながらチェックアウトしましたが、伝票による精算でほっと一安心。
  
 そんなに備品を持って行く人が多いのでしょうか、中国?

|

« 最近テレビに出ていないけど | トップページ | 茶器自分流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/16316999

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のホテル デポジット制度:

« 最近テレビに出ていないけど | トップページ | 茶器自分流 »