« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

杏仁豆腐を作る-実際に作る

Kingyo_shabon2_29 今朝は6時に目が覚め、そのまま朝食を作り、杏仁豆腐作りに取りかかりました。

 今回杏仁豆腐で使った材料は以下のよう

杏仁 (北杏30g、南杏30g)
水 500cc
牛乳 300cc
生クリーム 200cc
砂糖 80g
粉ゼラチン 20g

 作り方は
1.杏仁を250ccの水で一晩寝かし、戻す
2.戻した水と一緒に杏仁をミキーサーにかける
3.サラシで濾して、杏仁液をとりだす
4.絞りかすを250ccの水に再度浸し、再び杏仁液を取り出す
5.杏仁液に牛乳・生クリームをまぜ、火に掛ける
6.沸いてきたら砂糖を加え溶かす
7.粉ゼラチンをお湯で良く溶かす
8.6にゼラチンを入れてよく混ぜる
9.器に入れて固まるのを待つ
10.召し上がれ

 とういう工程です。

 ただ一つ不安が・・・
 最近ぼけが激しいので、ゼラチンと液体の分量を間違えてやしないかということ。
 只今冷蔵庫に入れて固まるのを待っています。
 さて、できますやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

杏仁豆腐を作る-下準備

Kingyo_shabon2_28 杏仁豆腐は”杏仁豆腐の素”を購入して作られるのが、一般的だと思われます。
 自分で作ろうという場合は、”杏仁霜(あんにんそう)”を使って作るのが、多くの本などで紹介している方法ではないでしょうか。

 今回私が作ろうとしているのは杏の種の中心にある”杏仁”を使って作ります。
 首都圏の中華街や中華食材を扱う店に行けば杏仁の入手はできますが、地方にいる私はほぼ入手不可能ですのでインターネットで探して杏仁を手に入れました。

 杏仁には大きく”北杏”と”南杏”の2種類があり、北杏は香りが強く、南杏は甘い味が特徴です。
 また、他に杏仁豆腐ように北杏よりも薫り高く、まろやかな味の皇杏と呼ばれる杏仁もあります。

 本当は南杏と皇杏をブレンドして作りたかったのですが、最近ぼけが進行しているようで間違えて北杏と皇杏を購入してしまいましたので、今回は北杏と皇杏を利用して杏仁豆腐を作ります。

 さて、杏仁を使うには下準備が必要です。
 今日の仕事は北杏30g、南杏30gを軽く水洗いして、250ccの水に浸して一晩置き柔らかく戻しておきます。

 で、続きは明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

杏仁豆腐を作る

Kingyo_shabon2_26 先週末、急に杏仁豆腐が食べたくなりスーパーへひとっ走りし食べてみたのですが、×。
 味と香りに納得がいきません。

 で、杏仁の素・・・ではなく、杏仁を取り寄せ、今日届きました。

 以前も杏仁豆腐を杏仁から作ったことがありますが、スーパーで買ったものはもちろん、杏仁霜から作ったものとは雲泥の差があり、友人達には

『杏仁豆腐は、自分で作ったものが一番美味いな!』

 と豪語するほど、驚くほど美味しい杏仁豆腐を作ることができます。

 私の作る杏仁豆腐は昔からある菱形に切ったシロップを付けて食べるタイプではなく、柔らかい絹ごし豆腐のように柔らかいタイプの今風の杏仁豆腐です。

 杏仁豆腐、生まれは中国なのですが、中国では殆ど食べられていないようです。
 実際に中国人達に

『杏仁豆腐を中国で食べたことがある?』

 と聞いても、日本でしか食べたことがないと答えが来ます。
 こんなに美味しいデザートを知らないというのは、可哀想な限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

暑さで・・・

Kingyo_shabon2_25 昨日・今日と風のない場所にいると身体のスイッチが壊れてしまったのでは?と思うほど汗が噴き出し、顔を流れ落ちていました。

 皆そうらしく、午後になるとさすがにオカシクなる奴も現れ

『これだけ汗がどろどろ出ると、血液がダラダラになってしまいますね』

 まぁ、まじめな顔して言うモンですから、私もまじめな顔して

『出血死しないように気を付けてね!』

 言い間違いもこれだけ暑いと、許せちゃいます^^

 でもまだ、夏はこれからなんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

座骨神経痛?その後

Kingyo_shabon2_24 17日に座骨神経痛?って書きましたが、その後です。

 頭痛薬って良く効くもので、頭痛薬さえ飲んでいれば痛みは殆ど感じません。
 でもよくしたもので、薬が切れるかな?という時間になってくると鈍痛が始まり、完全に切れたな!という時間になると痛みが酷くなってきます。

 今週末はあえて薬を飲まないようにして、現在どのくらいの痛みがあるのか確認をしようと思っています。
 以前と同じような痛みであったならば、医者に診て貰った方がいいのかな?と思い始めています。

 痛くなければ、違和感も何もありませんから、困ったものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

尻毛がないの?

Jirikeganaino 今回も見つけました、中国の食べ物の包装にあるおもしろ日本語!

 今回は春日井製菓の”いかピーナ”のようなお菓子のパッケージで見つけました。

 ひらがなで

『じりけがないの』

 私ゃ、”尻毛がないの”と読んでしまいましたが、どう考えてもそうじゃなさそうです。
 で、私が考えるに

『まじりけがないの』

 の間違いでは無かろうかと。
 最初の”ま”が抜けて、最後に”の”を付けてしまったために、こうなったのかと。

 でも、『まじりけがない』と好意的に意味のある言葉にしたとしても・・・・

 まぁ、多くの日本人が見る訳じゃないので、どうでもいいですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

スッポンを食べる

Suxtupon 日曜日、中国からの研修生達の寮を訪れるとスッポンをさばいている最中でした。
 あ~、スッポンね・・・と別に御道路区でもなく、感動する出もなく見ていましたが一つ疑問が

『どこで買ったの?』
『ううん、そこの川で採ってきた』
『あぁ、そうなんだ~』

 いやぁ~、まいったなぁ。そこの川って、あの川!?
 上流から生活排水が流れる、あの川のスッポンねぇ・・・

 パソコンショップに行きたいというので来たのに行かないようだし、座骨神経痛が痛くて早く帰りたいところなんですが、ど~も食事をしていけ、という雰囲気です。
「こりゃぁ、参ったなぁ」
 と思いつつも、同時に
「据え膳食わずは・・・」(意味が違いますな^^)
 と思ってしまったので、
『食事をしたら帰るね』
 といいつつ、食事をして帰ることに。

 出てきました、スッポン。
 ”沢山食べるとマズイゾ”と本能がささやいていたので、多くは食べませんでした。
 コラーゲン一杯で精が付きそう、というのが初めて食べたスッポンの味の感想。
 肉よりもスープが美味しく、多少は飲んでいました。
 でも、本能がダメっていっているので、あくまで控えめ。

 他の4人でスッポン1匹を平らげ、
『あ~、美味しかった』
 と満足げ。
 私は、もちろん座骨神経痛の痛みが酷くすぐに帰りました。

 後日談
他の4人は見事にスッポンに大当たり!
対して食べなかった私は、全く問題なく、痛いのは座骨神経痛の痛みだけ
やはり本能には従うべきです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

座骨神経痛?

Kingyo_shabon2_23 1週間ぶりのご無沙汰です。
 これだけ長いこと書き込みしなかったのは、初めてだと思います。

 ここ1週間、太ももと骨盤の付け根が痛く、長いこと座っているのが苦痛な状態が続いています。

 医療関係に努める友人に症状を話したところ、
『座骨神経痛かもしれないね』
 とのことで、ネットで調べてみたら同じような症状が書かれていました。

 ただ、ネットで調べてみましたら

            

『大部分は腰椎の椎間板ヘルニアや中高年者に生じる腰部脊椎管狭窄症(脊髄(せきずい)の中を通る脊柱管(せきちゅうかん)が狭まって神経を圧迫する)によるものですが、ほかに腰椎の腫瘍、変形、カリエス、骨盤の腫瘍、前立腺のがんなどが原因になっていることもあります。』

 と書かれていますので、あまり痛みが長引くようならば、大きな病院で腫瘍やガンではないことを証明して貰わなければいけないかもしれません。

 まぁ、階段の上り下りがつらいこと。
 思わず笑ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

西湖で見たバサマ・ジサマ

Seikoperformance NHKの旅番組って結構好きで、先程も総合テレビで『関口知宏の中国鉄道大紀行』 を見ていました。

 彼は日本でも同じ旅の番組を持っていたのですが、それを広大な中国でやっているのですから、大変なものです。

 明日、旅の前半のゴール西安に到着するそうですが、5月30日には私のブログで度々登場する浙江省の”杭州”を訪れていました。
 橋の番組の映像では、西湖の周りで市民が集い・・・という内容の場面が流れていました。で、そこに写っていたバサマ・ジサマ達の映像を見て思わず笑ってしまいました。
 というのも、そのバサマ・ジサマは私が昨年友人と10月に出かけた時にも、同じ場所で寸劇のようなことをしていたんです。

 私は記憶力がない、と自信を持って言い切れるのですが、このバサマの顔だけはどうやっても忘れない味のある顔をしているんです。
 写真、姉さんかぶりをしているバサマがそう!
 どうです、簡単に忘れる顔ではないですよね。

 楽しそうなバサマとジサマ、次回8月に行くので元気でいてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

雷さま

Kinjyoodori1small_32 ここ3日ほど、夜になると雷が鳴りと雨が降っています。

 私の住む町では、夏の積乱雲が出やすい時期でも雷が鳴ることはさほど無いのですが、今年はゴロゴロが続いています。

 寝ようと思ったのですが、雷がうるさくて眠れません。
 それに、落雷も不安です。
 いや、建物には避雷針が付いているでしょうから大丈夫なんですが、雷が落ちるとパソコン・テレビなどの電化製品が一瞬のうちにパーになってしまうので、それが心配でなりません。
 テレビは半分壊れ掛けていますので、惜しくはありませんが、パソコンだけはデータが消えてしまいますので、壊れたら大変なことになってしまいます。

 そのため、雷が近づき始めると少々面倒ですが背面に付いている配線を全て外しています。
 面倒ですが、しかたありません。壊したくありませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

料理

Kingyo_shabon2_22 昨晩は母が風邪で寝込んでしまい、私がチャッチャと料理を一品作ったのですが、これが美味しいやら大笑いやらの一品で。。。

 作ったのは、簡単に言うとトマトとエノキダケの炒め物です。

1:フライパンに油を敷き、ニンニクのみじん切りをいためます。
2:挽肉を炒めます
3:そこにトマト・エノキダケ・赤唐辛子の切ったのを入れます。
4:鶏ガラスープの素、塩、醤油で味付けます。

 とまぁ、簡単なのですが、ご飯が進む一品となりました。

 じゃぁ、何が大笑いか・・・それは、赤唐辛子を入れすぎたことです。

 一口食べて

『辛~!味は良いけども、辛すぎて食べらんないね。』

 というのが母と私の意見で一致しました。

 次回は赤唐辛子の量を加減し、エノキダケをシメジに変えて再挑戦しようかと考えています。
 あっ、それとトマトの量をもう少し増やしてみます。

 成功した暁には、写真もアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

ハードディスク

Kinjyoodori1small_31 新しく作ったパソコン、私が作った割には順調に動いています。
 なぜ動きがおかしくならないのか、私自身でも不思議でなりません。

 と、そんなことは横に置いておいて、80GBのハードディスクを購入したのですが、友人達に頼まれたデジタルビデオの編集をし始めたら既に75%を使ってしまっています。

 いずれは頼まれた動画はDVD化しハードディスクから消すつもりでいますが、私自身がデジタルビデオを購入しようかと考えていますので、いずれハードディスクは一杯になってしまうと思います。

 色々できるようになったのは良いのですが、それだけ扱うデータの量が多くなると云うこと、完全に忘れていました。
 完全に計算ミスです。
 さて、どうしましょう。思案どころです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

丸刈り

Ochanokimarugari 丸刈りといっても、私の頭ではありません。
 丸刈りとなっているのは、写真のようにお茶の木です。

 茶の木の形を整えることが理由なのですが、茶色になってしまった茶の木は妙に痛々しく見えます。
 茶の木は放っておくと2メートル以上にもなり、またとても成長が早く、しっかり刈り込まないと茶の木と茶の木の間が狭くなり、茶摘みもできなくなってしまいます。
 刈り込む季節もこの時期と決まっていますので、この時期ならばこれだけ選定しても数日すれば復活してくれます。

 でも茶色い茶の木は、何とも痛々しく見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

ギボウシ

Yakushimagiboushi1_4 昨年ヤクシマギボウシの花が咲き写真に納めましたが、今年は新たに2種類のギボウシを手に入れましたので、うまくいけばこの2種類のギボウシの写真も撮影できるかもしれません。

 今年手に入れたのはコガラシギボウシと岩ギボウシ秩父産の2種類。

 我が家は団地住まいでベランダ園芸家なのですが、冬は日が当たるのですが夏は半日陰状態になります。

 そのため、夏に成長・開花する太陽を好む植物は我が家では上手に育てられません。
冬は地下茎や球根を残したまま、葉っぱは枯れてしまうギボウシは我が家にとっては最適な環境なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

夢2

Kinjyoodori1small_30 先日まで見ていた良くない夢、それが気持ちの持ち方を方向転換したことにより、悪くない夢に変わり始めました。

 良くない夢を見ていた間はぐっすり寝た気がしなかったのですが、悪くない夢を見るようになりぐっすり寝た気になり始めました。

 最近は嫌なことが起こっても、腹を立てずに(多少は頭に来ますが)相手の愚かな行動を笑えるようになってきました。
 そうなると、日々楽しくて^^

 昨晩は9時に寝たので、今朝は6時に起きてベランダの植物に水やりをしました。
 朝から気持ちの良いスタートが切れましたので、今日は良いことあるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

地震

Kinjyoodori1small_29 昼ちょっと前の11時42分に、私の住む掛川を震源とする大きな地震がありました。

 工場の2階にいてドスン・ガタガタという大きな共に揺れ始め、暫くしたら揺れも収まりました。
 この大きな自身が来る30分前くらいにも小さな地震があり、大きな地震の後にも小さな地震があったので、今日一日で3度の身体に感じる揺れを感じました。

 震度4の発表ですが、揺れていた時間が短かったこともあり私はさほど身の危険を感じることもなく、冷静に揺れるのを見ていました。

 揺れが収まり周りの状況を確認するために表に出たのですが、地震が起こらない地域から来たブラジル人の中にはパニックになっていた者がいたり、やはり地震が起こらない中国浙江省から来た研修生達も一様に怖がっていました。

 震度4の地震は日本人でも多く経験しませんから、彼らにとってはいい話の種になったのではないでしょうか。

 そういえば以前歌舞伎座の前で、震度4の地震を経験したことがあります。
 外で下を向いて携帯メールに夢中になっていたら、急にめまいを感じ
『いやぁ~、睡眠不足が祟ったか!』
と思っていたら、私のすぐ前にいたオッチャンが
『結構大きな地震でしたね!』
 って話しかけたのを聞いて、初めて地震とわかったことがあります。
 後で冷静に考えたら、戦争中に戦火にあり戦後に改修し現在に至る古い建物の前で、良くも大きな地震というのにのんびり構えていられたものです。

 地震という自然の現象を相手にとやかく言っても仕方ありませんが、まぁ死人や怪我人が出なかったのは、良かったことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »