« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

お好み焼き(貧乏くさいって言わないでね)

Okonomiyaki 疲れていたのか、昨晩11時30分に寝たというのに今朝起きたのは朝10時。近所の工場の10時の休憩のサイレンの音に起こされてやっと起きた次第です。

 で、何を食べようかと思い考えついたのが キャベツを刻み、そこに粉と水を入れた(もちろん他にも具は入ります) 食べ物。
 一般的には お好み焼き と言われる食べ物です。

 今朝これを食べようと思ったのは、とある食材が3枚ラップに包まれ冷蔵庫の隅でショボンとしていたからです。

 子供の頃に食べたお好み焼きの記憶・・・子供と言っても小学生の頃ですから、お好み焼き屋のような店ではなく、駄菓子屋でしかも50円程度で食べるものです。

 遠州地方の駄菓子屋で食べられるお好み焼きは、関西のお好み焼きのように生地を厚くし中を蒸らしたのもではなく、生地は薄く、ソースも専門のものではなく怪しげなソース。
 静岡の食べ物らしく、完成したお好み焼きの上には出汁粉と青ノリがのっています。

 遠州地方のお好み焼きの具ですが、キャベツ、ネギ、紅ショウガ。高級な店になると豚肉を乗せたり、桜エビが入ったりしますが、子供の小遣いで食べるお好み焼きは肉、エビなどは入らず、オバチャンが「卵を入れたきゃ、自分でもっておいで」という粗末なものです。

 ここまで書くと、単に貧乏ったれなお好み焼きになってしまうのですが、遠州地方のお好み焼き最大の特徴は・・・

☆☆☆ 刻み タクワン ☆☆☆

 が入ること(全ての店で入れるわけではありませんが)
              ・・・余計に貧乏くさくなったって、言わないで下さいな

 タクワンを入れると、甘さが加わり、私は好きです。
 関西人の皆さん、怒らないでね

 ウソぢゃない証拠
http://www.nhk.or.jp/shizuoka-ana-blog/040/1628.html
http://proxy.bbsnews.jp/2ch/konamono/1096296034/#last

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

黄砂

Kingyo_shabon2_14 杉花粉で黄色く(?)なった空気も、入れ替わるように黄砂で黄色く(?)染まる季節となってきました。

 気象庁発表の黄砂情報によると、今は九州までしか到達していないのでまだ安心していますが、黄砂が来始めると車は白くなるし、風の強い日は埃と黄砂の影響で目がゴロゴロしてくるし、人によっては中国上空で大気汚染を黄砂が吸着し日本まで大気汚染を運ぶなんて云う話しまであります。

 北京では黄砂の被害が大きく、車の上に黄砂が積もり、ホウキで黄砂を掃いていたという、昨年のニュースを思い出しました。

 昨年、中国(浙江省杭州市)からの研修者に

「今年は黄砂が酷いね!」
「黄砂って何?」

 そう、黄砂を知らなかったのです。
 黄砂って云うのはね・・・黄河上流部の方にある中国西部の砂漠からね、云々というのを日本人の私が説明したのですが、そうしたら帰ってきたのが

「あたし達は、長江の下流の方だから知らないよ」

 なぁるほど、納得してしまいました。
 でも、中国国内では黄砂のニュースを報道しないんでしょうか?
 ドラマ”チャングムの誓い”では黄砂の話題が出てきたので、韓国でも知られているというのに、江南地方の人が知らなかったのは何とも納得出来ません。
 もしかすると、その人だけが知らなかったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

お茶の新芽

Tealeaf モクレン、桃、が咲き、桜も今週・来週末と楽しみになってきましたが、私のもう一つの楽しみは、茶摘み風景を見ること。

 去年も書きましたが、手摘みをしているのは殆どがバァちゃんですが、それでもお茶を摘んでいる風景を見るのは、子供の頃からの私の楽しみです。

 私の住む団地のすぐ裏に茶畑があり、お茶の芽がどのくらいになっているか観察してみると・・・普通の年だと4月下旬が茶摘みシーズンの始まりになりますが、今年は暖冬の影響からもしかすると多少早まるのかもしれません。

 杭州では龍井茶の収穫が始まり、慶春路のラマダホテルでは実演販売も行われたようです。
 龍井茶に使われる茶葉は今回使われている写真の新芽と同じくらいの大きさです。
 おそらくもう少し成長してから、必要な部分だけを摘み取るのでしょうが、まぁ贅沢なお茶には間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

カラスノエンドウ

Karasunoendou まぁ雑草の類なんですが、子供の頃は”シービビー”と言っていた植物が、カラスノエンドウという和名であるのを知ったのは、最近のことです。

 青く大きく実った種のヘタの部分を斜めに切り取り、シービビーのリズムで吹くことからシービビーと呼ばれるようになったのだと思います。

 ただ、このシービビーが私の住む土地の呼び方なのかは分かりませんが、最近の子供達はこんな草で遊ぶことはあるんでしょうか。
 今度、近所の子供に聞いてみることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

中国十大名茶

Ronjinchafield チョットばかり調べてみたんです、中国十大名茶について。
 中国、日本、両方を調べてみたのですが、十大名茶と言いながら調べると間違いなく10種類以上の茶葉の名前が出てきます。

 1:洞庭碧螺春 (緑茶)
 2:西湖龍井茶 (緑茶)
 3:安渓鉄観音 (烏龍茶)
 4:黄山毛峰 (緑茶)
 5:六安瓜片 (緑茶)
 6:君山銀針 (黄茶)
 7:武夷大紅袍 (烏龍茶)
 8:頭頂烏龍 (烏龍茶)
 9:祁門紅茶 (紅茶)
10:雲南プーアル茶 (プーアル茶)
11:都均毛尖 (緑茶)
12:信陽
尖 (緑茶)
13:廬山雲霧 (緑茶)
14:茉莉花茶 (花茶)
15:武威 岩茶 (烏龍茶)
16:鉄観音 (烏龍茶)
17:屯渓 (緑茶)
18:平水珠茶 (緑茶)
19:テン紅 (紅茶)
20:福建白牡丹 (白茶)
21:白毫銀針 (白茶)

 15分足らずの間に、20種類をも超す中国十大名茶を検索出来るのですから、何をもって十代名茶というのか、さっぱり分からなくなります。

 何百・何千という茶の種類があり、歴史的名茶、品評会で評価されたもの、価格が高いもの、それらの名前をあげればキリがありません。
 基準を設けて選んだとしても、選ぶのには難しい作業になってしまうでしょうし。

 
中国国家が選んで決めてしまえば一発解決になるのでしょうが・・・ってことは、今のところは勝手に10代名茶を作り出すことも可能なわけですね。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

それって日本の・・・

Namaoke_1 中国の連中と付き合うようになり、彼らの寮に行くと必ずと言っていい程音楽を大音量で掛けています。
 もちろん中国語の歌なのですが、時折聞いたことのある曲が混ざっています。

 kiroro  ”未来へ”
 原由子  ”花咲く旅路”
 長渕剛  ”とんぼ”
 喜納 昌吉  ”花~すべての人の心に花を~”

 で、ある時言ってみたんですね

「これって、日本の曲だよ!」

 ???って顔をすることなく、

「ううん、中国の歌だよ!」

 って言うんですね。
 昨日も長渕剛の曲を聴きながら「コレって日本の歌だよ!」って言っても、信じないんですね。
 日本の場合は多くの人がカバー曲であることを知りながら聞いているのに対し、どうも彼らは中国で歌われている曲を、余程でない限り自国の歌だと思っているようです。

 友人が中国へ行った時タクシーの中で

「これって言い曲だろ! 日本にはこんなに良い曲無いだろ!」

 ってサザンオールスターズの曲を紹介されたそうです。

 う~ん、どうなってんでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

めまい???

Mokuren_1 昨日から身体全体が痛いのです。
 何もしていないのに、全身筋肉痛、それに加え軽い頭痛も続いています。

 パソコンの前でメールをしている最中、くらくらと”めまい”がして、

「今日は、ホントに体調良くないなぁ」

 調子悪ければ寝ればいいのに、と感じながらもメールをしていたのですが、それでも目眩が止まりません。
 周りを見たら、部屋干ししている洗濯物が揺れているではありませんか。

「な~んだ、地震か」

 震度2程度だったでしょうか。長い時間横揺れが続いていましたが、それでもキーボードを叩き続けていました。
 おそらく日本にいる外国人は、死ぬ思いをしたのではないでしょうか。

 そういえば、歌舞伎座の前でしゃがみながら携帯メールをしている時も、酷い目眩に襲われ 「あ~、体調悪いなぁ」 と思っていたら、隣にいたオジチャンに 「けっこう大きな地震ですねぇ」 と言われ、初めて地震に気づいたこともありました。
 このときは震度4。
 後で冷静に 「歌舞伎座の前にいる」 と考えたら、冷や汗が出てきました。

 たまに本当に目眩もするので、最近はホントに地震なのか目眩なのか、周りを見るまでは分からなくなってきました。
 そう、年々鈍感になってきています(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

信号機付き横断歩道

Hanzhouroad1 今日は中国からの研修者達と、私の住んでいる町の繁華街を歩きました。

 繁華街なんて言っても、車なんて大した量は走っていません。
 商店も活気が無く、なんとも寂しい街なんです。
 横断歩道で信号待ちなんてしても、車なんて2,3台目の前を通過するていどなんです。

 それでも、日本人は律儀に信号が青に変わるのを待っているんです。

『中国人だと、信号が赤でも車がなければ行くよね?』
『うん、そうそう ^^』

 私の問いかけに笑いながら答えていましたが、彼らの本心はどうなのでしょう。

「信号は赤なのだから、車が来なくてもルールは守らなきゃ」 
  ・・・このあたり、日本人に見習わなきゃ
「信号は赤でも、車が来なければ安全だから行っても大丈夫」
  ・・・無駄に待つなんて、日本人ってバカじゃない

 どっちの考えも間違ってはいないような気がします。
 彼らが、中国と日本の違いを分かってくれれば、それで良いと思っています。

 私も時々赤信号でも渡りますが、子供が近くにいたら絶対に赤信号で渡らないようにしています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

ブラブラ歩く

Nansanrogallerly NHKで”世界ふれあい街歩き”というカメラを持って世界各地の街を歩く、という街歩き好きにはたまらない番組があります。

 BSハイビジョンで初めに放送し、それから総合テレビで放送しているようで、BSなんていうハイテク機器のない我が家では地上波でこの番組を見ます。

 夜中の放送しか見ることができませんので、極まれにしか見られませんが、なぜか中国の街を歩いている時のものばかり見ています。
 3月14日も何気なくテレビ欄を見ていたら、杭州を街歩きしていました。

 しかも歩いた地域は、私が杭州の中でも気に入っている南山路周辺。
 西湖東岸の南側を走る道が南山路ですが、この道は他の道と雰囲気が異なっていて、杭州の街ってガヤガヤしているところが多いのですが、この通りは妙に静かで落ち着いた雰囲気があります。
 番組では南山路を起点に、東側の住宅地を歩いていました。
 路地のような生活道路なので、旅行者の私が入っていくのは勇気が要るので入ったことはありませんでしたが、テレビの画面を通してみる限りは遠慮無く歩いても良さそうな奮起でした。

 古い建物、塀が多く残っている住宅地は生活の臭いがしつつも、古き良き杭州が見つかりそうです。
 一日は無理ですが、半日くらいはデジカメ持って歩いちゃおうかな~と思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月21日 (水)

お金

Kinjyoodori1small_17 先々週から2週間もの間、一円の現金も持たずに過ごしていたことを知人に話したら大笑いされてしまったのですが、今週はお金を持って過ごしています。

 で、お金があることを思い出し、自販機でコーヒーを買おうと思いいざ自販機の前に行ってがっかり、財布の中を見たら5千円札しか入っていませんでした。
 『これじゃぁ、コーヒーも買えん』
 とぼやきながら、自販機の前を退散!

 まぁ、なんとタイミングの悪いこと。

 さて、花粉症で書いたり書かなかったりのブログですが、どうも花粉のピークが過ぎたようで割と体調の良い日が続いています。
 そろそろ、毎日ぼやこうかと思っています。
 でも、雨が降るとダメなんです。花粉症の症状が酷くなります。
 その時は、またサボっちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

方言だったとは!

Police_1 日本の大手オートバイメーカー4社のうちホンダ・ヤマハ・スズキの3社が静岡県西部が発祥の地であったり、現在でも本社を置いています。

 私たちは子供の頃からオートバイのことを”ポンポン”と呼んでいたのですが、この”ポンポン”という呼び方は方言だったようです。

 当たり前のように使っていた言葉の”ポンポン”がまさか方言だったとは、ホントに驚きでした。

 もちろん、ポンポンはエンジン音から生まれた言葉です。
 ちなみに私がよく使う”ポンポンが痛い”のポンポンとは発音が違い、ポンポン船のポンポンと同じになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

歩行者天国

Bustobousan 毎週日曜の午後、銀座通りは歩行者天国になります。
 銀座通り、もちろん東京都中央区の銀座です。
 銀座通りってのは地図上は中央通りと表記されていますが、銀座のメインストリートですから通称の銀座通りと呼びたいものです。

 そんなことはどうでも良いのですが、銀座で面白い風景を見つけ、つい一枚撮ったのが今回の写真です。

 場所は4丁目の交差点。
 歩行者天国でお坊さんが托鉢をしていたのですが、その後ろを春めいた色で描かれたパンダバスが信号待ちしていました。
 そのギャップが面白くて、パチリと一枚。

 ちなみに、歩行者天国の銀座通り、私は道路の真ん中を歩く癖があります。
 真ん中歩くと、気持ちいいんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

今日は胃が

Kinjyoodori1small_16 日頃の行いが悪いのでしょう、昨日はお腹が痛く下痢止めを飲んで何とか痛みを抑えましたが、今日は胃がキリキリと一日中痛んでいました。

 食べ過ぎなのか、それともストレスか・・・
 昨年末の健康診断では「胃にポリープがありますね」と言われていますから、普段から私の胃は荒れていたんだと思います。
 でも、ここ1年程は胃が痛いということがありませんでした。
 いや、全くなかったわけではないのですが食事をすれば治ってしまっていたのですが、今回は食事をしても胃が痛みます。
 明日の朝になれば治っていると思うのですが(治ってもらいたい)、なんか今回の胃痛はしつこいような気がしています。

 また、以前のように血を吐いて胃カメラを飲まなければならなくなることだけは避けたいので、根性で治したいと思っています。
 血を吐くのはまぁ良いとしても、胃カメラだけは飲みたくないのが本音です。
 だいたい、あんなに太いものを(最近は細くなったようですが)飲み込めって言われても、飲み込めませんって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

引きこもり

Kingyo_shabon2_13 花粉症真っ只中!
 外に出るのがおっくうで、せっかくの週末の休みというのに家から一歩も外に出ることなく、家の中で引きこもっておりました。

 花粉が入ってくる量が少ないためか薬が良く効き、週末は花粉症で悩まされることはありませんでした。

 ただ、花粉症は良かったものの日曜日の今日は腹痛に悩まされました。
 私はカップ麺を食べるとお腹を壊すという、デリケートな胃腸を持っているのですが、今日はそのカップ麺を食べてもいないのに酷い下痢。
 もしかすると、今朝食べた卵が原因かもしれません。
 火を通せば良かったのでしょうが、どうしても卵掛けご飯を食べたくて・・・白身の部分に変な茶色いものが混ざっていたのですが、気にせず食べてしまったのです。
 アレが原因かもしれません。

 とりあえず薬を飲みましたが、トイレに行くために起こされるのは嫌なので、暫く薬の効き目を見てから寝ることにします。
 あ~、ポンポン痛い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

おもちゃ屋

Hakuhinkantoypark 何を思ったか、先日上京した際に銀座にあるオモチャ屋”博品館”へ行ってきました。

 久々にオモチャ屋へ行きましたが、細かく見てみると子供の頃の記憶がよみがえり、妙に興奮してきました。
 プラモデルにボードゲーム、ぬいぐるみ。地下にはリカちゃんClubなんてのもあるようです(行ってないので分かりません)。

 そんな中でも私の気をひいたのがミニカー。
 ミニカーと言ってもヨーロッパで生産される高級な物ではなく、子供の頃に遊んだトミカのミニカーです。
 私の脳味噌はパーなので、子供の頃の記憶(今の記憶もそうですが)は多く残っていないのですが、特にオモチャの記憶は多くないのですが、妙に脳味噌の片隅にへばりついているのがトミカのミニカーを畳の上で遊んだことです。

 価格を見たら多くが400円以下で販売されているではないですか。
 有楽町のビックカメラではディスカウントされ260円で売られています。
 大人買いしようと思えばできない金額ではありません。

 買うなら 働く自動車とスーパーカーだな、とブツブツ言いながらミニカーの前でフリーズし、財布に手が伸びましたがさすがに止めときました。
 友人に飛行機のミニチュアを集めているのがいますが、だんだん気持ちが分かるようになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »