« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

フキノトウの天ぷら

Fukinotoutenpura 同じ団地に住む母の友人からのお裾分けで、フキノトウの天ぷらをいただきました。

 チョット早いような気がしますが、今年は暖かいので早めに芽を出したのかもしれません。

 桜の芽も徐々にふくらみ、このままいくと例年より早く花が咲くかもしれません。
 あまりに早く咲くのも、考え物なんですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

わかるものなんですね

Yanagi_namiki_2 本日、一緒に働いている人から

 「○○の部品を一箱持ってきてくれる?で、残りの箱数も確認しといて。」

 との依頼に素早く行動をし供給し、残りの箱数を伝える時に、本来は「」残り3箱だよ」というのを、可能な限り早口で

 「残りパン箱だよ!」 

 と意味不明な答えで返したのですが

 「残り3箱ね!」

 と正しい答えを返してきました。
 人間の耳、脳味噌というのはどういう構造になっているのか分かりませんが、いい加減な事を言っても、伝わるものなのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

チョコレートを作るpart3

Kinjyoodori1small_11  土曜日から続いているチョコレートを作るシリーズです。

 昨日のチョコレートの味ですが、味はバッチリ!成功でした。

 ただ、一つ忘れていました。
 それは、オレンジのブランデー”グランマニエ”を入れることを忘れたのです。
 味にメリハリが出るので、お酒は適度に入れるのが私の好みです。

 何となくチョコレートと生クリームの割合も分かってきました。
 来週は(来週もやろうとしています)チョコを散らかすことなく、完璧に作れるかどうか?
 まぁ、無理でしょうね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

チョコレートを作るpart2

Kingyo_shabon2_8 昨日に引き続き、今日もチョコレートを作ってみました。

 昨日の失敗を繰り返さぬように作ったつもりですが、どこかに手抜かりがあるのが私の特徴。
 いうならば、行き当たりばったり、見切り発車ですな。

 現在チョコレートを固めている最中ですので味は判断出来ませんが、固まってくれれば昨日よりも美味しいものが出来るはずです。

 しかし、頭を使って刻んだチョコが飛び散らないようにとプラスチック製の薄っぺらなまな板の上で刻みましたが・・・静電気が発生し、刻んだチョコレートが昨日よりも飛び散る結果に。

 他にも失敗はありますが、そこはいつもの土壇場のリカバリーで何とかなりましたので、結果オーライ。

 今回は昨日の半分の分量で作りましたので、大量のホッとチョコレートを飲まなくても済みそうですが、果たして食べられるものになっているかが問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

チョコレートを作る

Kingyo_shabon2_7 1月18日に書いたチョコレートの件、とりあえず作ってみました。

 ずぼらで、いい加減な性格ですからレシピ通りに出来るわけありません。
 美味いの不味いの、ここはこの味ではおかしい、と言いたいことは言えるのですが、作るとなると経験が全くありませんので自分で作りながら失敗しているのを見つけると、大笑いしてしまう始末。

 チョコレートの選択に始まり、準備まで全てに手抜かり有りの状態でもなんとか形になるものです。

 しかし、食べられるかどうかは別。
 沢山食べると胃が痛くなるようなものができあがってしまいました。

 初めてだからこんなもんだろう、と思い次に挑戦する時はここをこうしてと反省点を見つけ訂正していけば良いだろうと前向きな私を誉めつつ、胃が痛くなることを覚悟し食べました。
 が、量を多く作りすぎました。
 仕方ないので、お腹がゴロゴロしない牛乳を買い、ホッとチョコレートにして飲んでおります。

 次回は、美味しいものが出来るように考えております。
 しかも、周りをなるべく汚さないこともせねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

とんでもない貰い物

Naxtutouame 会社の同僚に中国のミルクソフトキャンディ 金糸猴 をあげたら、お返しにくれたのが写真のキャンデー。

 最悪です!
 こんなの、ありえません。
 私があげたミルクソフトキャンディーと釣り合いが取れません。

 何気なく貰ってポッケに入れ、食べようと思った時無意識にパッケージを見て幸いしました。
 でなけば、私の命はなかったでしょう。

 製品名は 『納豆あめ なめちゃいました』
 しかも、日本初”名物” なんて書いてあります。
 これを外国人が食べたら、世界中から総スカンをくい、日本は再び鎖国しなければならない状態になるでしょう。

 こんな飴を作るなんて、考えられんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

ニンニク

Kinjyoodori1small_10 スーパーマーケットに行くのが好きなのですが、先日見つけたのがニンニクの醤油漬け。

 平日食べたのでは他人に迷惑を掛けてしまいますので、週末に食べてみました。
 臭いも臭くないし、ニンニクの健康パワーが得られますので、最近は平日も食べるようになっています。
 本人が臭わないだけなのかもしれません。
 もし臭っているのなら皆さんすいません。

 何故ニンニクを食べ始めたのかといいますと、中医へ行ったことと先日の健康診断を見てからのことです。
 ニンニクには血液サラサラ効果、肝機能の改善、そしてスタミナパワーの効果が得られることを期待してのことです。

 やはり、臭いが気になるところ。 
 何種類も売られていますので、臭くないものを選ぶようにして対策をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

プレゼント

Chinese_knot 先日、新しく来た研修生の寮に行ったところ壁に写真の巨大な中国結びの飾りがありました。

 まぁ、こんな大きな飾りは見たことがなかったので
 『これ、大きいね!』
 と話をしたら、
 『プレゼントするから、帰りに持ってかえって!』

 安いものではないので遠慮しましたが、帰りにはしっかり持たされました。

 中国結びの吊し飾りは綺麗で好きなので、始めていった時から一個、二個行く度に買って帰ってくるのですが、こんな多く美しいものをプレゼントされて、正直うれしいです。

 この時に彼らから他にも幾つもプレゼントを貰いましたが、プレゼントを貰ったことよりも、彼らが私のことを気に掛けてくれたことが、私にとってはとても嬉しいことと思っています。

 これから彼らは半年間日本にいるのですから、少なくとも”日本は良い国だ”と思って帰れるように、何かをしてあげたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

梅干菜的包子

Meigancai 以前 ”梅干菜”の包子(まんじゅう)  を紹介しましたが、今回は梅干菜の炒め物です。


Mei_guan_cai_resturant  梅干菜は紹興付近の特産品で、青菜(?)の古漬けではなく、漬け物を乾燥させたもののようで、梅干菜を出しているレストランでは蒸しパンのようなものに挟んで食べることがあります。
 以前紹介した包子はそのパターンの一つだと思います。

 一般家庭で食べる時には白飯のおかずとして食べられているようです。

 梅干菜は発酵食品ですので、人によっては抵抗を感じられる方もいるかもしれませんが、見つけたらまずは挑戦です。

 で、日本に持ち帰りたいと思ったらスーパーマーケットに行けば手に入れることが出来ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

四月はまさか

Kabukiza_1 先日書きましたが、2月の歌舞伎座は忠臣蔵の通し狂言。

 今日歌舞伎座のメールマガジンを見たら3月の歌舞伎座は義経千本桜の通し狂言。

 もしかして、4月の歌舞伎座は・・・・菅原伝授手習鑑の通し???

 そんな簡単な答えはないですよね、松竹さん!

| | コメント (2)

2007年1月18日 (木)

チョコレートの季節

Roundtablechocolate そろそろチョコレートの季節となってきました。
 バカの一つ覚えのように言いますが、チョコ・プリン・シュークリームが私の基本。

 でチョコレートですが。私は並板チョコから生チョコまでなんでもござれで、無性に食べたくなることがあります。
 ふいに生チョコが食べたいと思っても近所で年中売っている店はなく、無い季節は諦めざるをえませんが、これからは店に並び始めますので、大丈夫。

 で、今年考えているのが生チョコを自分で作ること。
 上質なクーベルチュールを購入し、たらふく食べてやろうかと思案しています。
 上手に出来たら、ついでに(あくまで”ついで”です)中国からの研修生達にお裾分けしてやろうかと思っています。

 去年、静岡県袋井市のラウンドテーブルで購入した生チョコを研修で来ていた中国人に食べさせたら満面の笑みで「こんな美味しいの、食べたこと無い!」と叫んでいたのを思い出しました。
 食に関しては保守的な彼らが、チョコレートだけは無条件に受け入れてしまうのが不思議でなりません。
 日本に来てチョコレートの食べ過ぎで太ったのもいますから、日本のチョコレートは彼らにとっては美味しいのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

1円で落札

Suisen ネットオークションを時々利用しています。

 趣味の物であったり、実用性の高い物であったりするのですが、いずれも送料・送金手数料を含めても市場で購入するよりも安く入手出来たり、市場では容易に入手出来ない物を入手出来たりと、使い方によってはお得なお店代わりであったりします。

 落札回数も100回以上になりましたが、先日初めて1円で欲しかった土瓶を落札しました。
 送料を含めて551円。ホームセンターのような安売り店で買っても3000円はしていますので、とてもお得な取引となりました。

 ただ、1円での落札って落札者の気持ちを考えると、妙に複雑な気分になります。
 いくらか余分に送金しようかと思いましたが、余分に送金したとしても自己満足で終わりそうですし、かといって1円で落札したことは悪いことではないですし・・・と色々考えてしまいました。
 色々考えた末に、落札金額の1円を送りました。

 なんか、妙に後味が良くありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

スルメのスープ

Surumesoup 日本語を教えている中国人のところで生まれて初めて食べたのが、スルメのスープ。

 スルメは予め水に入れふやかして使います。
 味付けは単純に塩。ただ、スルメから出る味と混ざりマイルドなスープになります。

 作るところを見ていましたが、勿体ないことにスルメを戻した時に使った水を捨ててしまいました。
 この出汁を含んだ水を煮る時に使ったら美味しいと思うのですが、日本と中国の味覚の違いなのでしょうね。

 具はスルメ・魚肉ソーセージと大根。
 スープの味付けと大根がベストマッチ。
 私は何杯もお代わりをしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震

Kaeru2_22 今晩7時半頃、静岡中部で地震がありました。
 トンッ と音がしたと思ったら ゆっくり揺れていました。
 揺れたといっても、何か作業をしていたら分からない程度の揺れでしたので、地震という程の地震でもなかったのです。

 昨日、中国の連中と会話をしていた時に地震の話が出たのですが、彼らの主な出身地である浙江省には地震がないとのことですから、彼らは少しの揺れでも驚いたのではないでしょうか。
 静岡県は地震で有名ですが、一年になんかいもあるわけでなく珍しいことなので、彼らは貴重な経験をしたと言ってもいいのでしょうね。

 昨日、地震の話をしていた時
「中国には地震があるの?」
 との問いに、一人が
「無いよ!」
 とすかさず、もう一人が
「台湾にはあるよ!」

 日本から見ると台湾は非常に微妙な地域で、はっきり中国とは言えないところがありますが、当事者である彼らは違うんですね。
 そういえば台湾県って言葉、どこかで読んだ気がします。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

ノンブリンチン

Kingyo_shabon2_6 新しく中国工場からの研修生が先週水曜日に7名来日しました。
 前回に比べ今回の研修生達とは距離を置こうと思ってしましたが、宋は問屋はおろさないようです。

 別の会社に勤めている中国人のところへ日本語を教えに行ったら、今回来た研修生7名がそこへ集まり始めるではないですか。
 多少のバカ話を幾つかしていたら、7名全員とコミュニケーションを図ることになってしまいました。

 杭州の方言で”ノンブリンチン(訳分かんない)”って言うと皆大笑いしてくれます。
 そりゃそうです、たどたどしい中国語しかしゃべれない奴が杭州にいるとならば誰でも知っている方言をいうのですからね。

 予期せぬ出会いは良いのですが、問題は彼らの名前を覚えること。
 中国って名字の数が少なすぎます。
 李、王、張、徐、周、陳 この名字が3~4割くらいを締めるのではないでしょうか。
 張さんなんて3人もいるんですよ!
 名字で呼ぶのに慣れている日本人からしてみると、訳分かんなくなってしまいます。

 仕方ないので名字と出身地をセットにし、それに顔を合わせて覚えるようにしています。
 まったく、ノンブリンチンです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

忠臣蔵

Kabukiza 2月の歌舞伎座は仮名手本忠臣蔵

 歌舞伎といっても最初から歌舞伎のために書かれた台本もあれば、落語を歌舞伎に仕立てたもの、人形浄瑠璃のために書かれたものを歌舞伎に導入したものなどがあります。

 その中でも人形浄瑠璃から歌舞伎化された作品で代表的なのが、義経千本桜・菅原伝授手習鑑そしてこの忠臣蔵です。

 この3作品の中でもこの忠臣蔵が一番好きです。
 特に5・6段目が特に気に入っています。
 私だけでなくこの場面は江戸時代から人気があるようで、この場面だけが上演されることが多く、私もこの場面だけを何度も見ています。

 今回は通しで上演されますが、私が見たいのはやはり5・6段目。
 主な配役で今回気になる役者は 判人源六の東蔵さんと母おかやの吉之丞さんのお二人でしょうか。
 本音を言えば松助さんが源六を演じ、東蔵さんには一文字屋を演じて貰うのが良いのですが、それは叶わぬことですから諦めるしかありません。

 梅玉さんの定九郎、梅玉さんがどう演じるのかも楽しみです。

 2月は歌舞伎に行きます・・・日帰りになるかもしれませんが

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

日本語

Yanagi_namiki_1 自分が喋っている日本語も怪しいのに、先日中国人に日本語を教えてしまいました。

 教えたと偉そうなことを言っていますが、実は過去に出題された日本語検定2級の問題を一問ずつ説明していっただけなのですが、教えていて一つ感じたことがあります。
 それは・・・日本語って難しすぎる!

 こんなに日本語って難しいものだとは、思ってもいませんでした。
 敬語が問題に出てくるのですが、敬語って今の世の中ほとんど使うことがありません。
 例えば”召し上がる”なんてこと、一年の間に何度使うでしょうか?
 普通に生きている限り一年に一度も使わないかもしれません。
 でも、学ばなければいけないことだと理解していますから、しどろもどろになりながら教えました。

 中国人はまだ漢字を書くことが出来るだけ有利かもしれません。
 四苦八苦していたのはブラジル人の友人達でした。
 日本語ベラベラ!
 私も彼らには全く気を遣うことなく、普段の日本語で話しかけます。
 大抵の外来語も理解してくれますので、若干のアクセントの違和感を無視すればほぼ完璧な日本語を話す彼らも、漢字にはお手上げのようです。

 異国の地に来て、積極的に日本語を学ぼうとしている彼ら、なんとか日本語検定2級が合格できるように手伝いしてあげたいと思っている今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

空港で土産を買う

Hangzhouairport 杭州の空港から日本に帰る時、今までは空港の中を散策することなくチェックインカウンターへ向かいましたが、今回はチェックインカウンターへ入るまでの入り口が空く時間が遅く、暫く時間が出来てしまい散策をして初めて気づいたのですが、国際線と国内線のカウンターの間にお土産屋さんがあるんですね。

 免税店にあるお土産屋さんよりも、このお土産屋さんの方が品数が多く扱っている品物も庶民的なような気がします。
 ただ、店員が後ろをず~と付いてきて、これは龍井茶(沢山持ってます)、これは月餅(これも沢山持っているって)、これは金華ハム(こんなの税関で没収されるって)、等々うるさく説明してきます。
 免税店で売られているものよりも安いか?と言われるとさほど安い感覚もありませんが、品物は面白そうな物が並んでいます。
 お金が余ってしまったが、暫く中国には来そうもない、両替が面倒という方は免税区域に入る前に覗いてみると良いかもしれません。
 ただ、価格は決して安くはありません。

 出国手続きが終わった後の免税店ですが、成田空港で見られるような海外のブランド品は一切売られていません。売っているのは中国の製品のみ。
 免税店といいながら、価格は観光地で買うよりも高く設定されてると思います。
 コーヒーやお茶なども高価で、正直飲む気にはなりません。

 ということで、空港でお土産を買うと高価な買い物をすることになります。
 観光地で高いと思っても、空港で買うよりは安いと割り切って見つけた時に購入してしまった方が賢明な場合もあります。
 もし、無駄な出費を控えたいとお思いの方で空港での軽食を考えているのならば、飲み物などを持って行った方が安く上がります。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

今年もリップクリームで

Kingyo_shabon2_5 私は脂性の、水分不足という変則的な肌をしています。
 ですので、顔をゴシゴシ石けんなどで洗うと顔がガビガビになってしまいます。

 一昨日ヒゲを剃った時に石けん使ってゴシゴシ洗いましたら、昨日から顔がガビガビになってしまい、今日になって例年のようにリップクリームを口の周り(顔の部分です)に塗りたくりました。

 リップクリームを顔に塗ると翌日ガビガビが治るのです。
 男がクリームなんていけません。
 リップクリームです。 しかもメンソレータムに限ります。

 ただリップクリームを顔に塗ると、リップクリームの減る量が早いのが難点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

不健康確認のための健康診断の結果

Kinjyoodori1small_9 年末に健康診断があり、初めてのバリウムに七転八倒、抱腹絶倒状態になったのですが、その健康診断の結果が今日来ました。

 以前から、あそこ、ここ、こっちも、そっちもと血液検査の結果は悪い方向に向いていたのですが、今回の結果も同じでした。
 中性脂肪、悪玉コレステロール、尿酸値が高くオバサマ達に「美味しい物食べ過ぎてんでしょ!」とか言われておりました。
 確かに食べ過ぎているのは自覚しております。ストレスたまると食べちゃうんですね。

 で、今回の健康診断の結果で今までと異なっていたのが赤血球の値が高かったことと、胃にポリープが出来ているのが発覚したことです。
 ポリープは良性と云うことですので、まぁ心配もしていません。

 ただ、オバサマ達にポリープの話をしたら「そんなに気を遣ってるの?」
 『気を遣っているのが分からないように気を遣うのが、本物の気を遣いぃだ!』
 とは、さすがの私も言えませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

二敗目

Snackhabanero_2 カラムーチョ、暴君ハバネロが中国人達に人気だったことは12月3日に書きましたが、調子に乗って新しく知り合った中国人達に食べさせてみました。

 やはり彼らも美味しいと食べていたのですが、さすがに暴君ハバネロは辛いと言うだろうとおもい食べさせたら
『そんなに辛くないよ!』
 そんなことはないだろうと私も食べましたが、やはり辛い。
『辛いじゃん』
 と抗議しましたが
『うん、食べた後に少し辛いけど、そんなに辛くないよ』

 子供の頃から辛い食べ物に慣れていて、辛さに免疫が出来ているのでしょう。
 暴君ハバネロより辛いスナック菓子、あるのでしょうか?
 誰か教えて下さい。

 今年の春からハバネロを栽培して、彼らをギャフンと言わせてやるつもりです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

寒い

Matsukichi 部屋を片付けていて、ふと窓の外を見ると雪が降っていました。

 強い風、雨混じりでしたので積もることはありませんでしたが、この冬初めての雪となりました。
 午後になり、風も雨も弱くなり外出しましたが、こんな寒い日は家の中に閉じこもっていたい気分でした。

 明日から仕事ですから、家でグダグダしていると明日が辛くなるので外出したのですが、それがなければ家で閉じこもっていたに違いありません。

 お腹に肉も付いていたので、そろそろ身体を動かさなければなりませんので、仕事もまぁしゃぁないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

京都検定

Kyoken3 正月休みに友人と会ったのですが、彼が持ってきたのは京都検定の3級の試験用紙。
 以前から彼が京都ヲタクであったことは知っていましたが、まさか京都検定を受検していたとは思ってもいませんでした。
 で、メリットって何だ?と尋ねましたら
「京都ヲタクとして自慢が出来る!」
 と胸を張って言っておりました。
 彼曰く『大人になって興味のあることを勉強するってのは、楽しいな』

 自己採点は74点。
 7割以上の正解で合格なので、自己採点上は3級合格なようです。

 彼に負けじと、私は江戸ヲタクになろうと考えております。
 ということで、江戸検定(江戸文化歴史検定)を受験しようかな、などと思っております。
 ただねぇ、受験料が京都検定の2倍してるんですよ。
 何とかなりませんか?主催者さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

骨董市

Sakazuki 昨日、骨董市に行ってきました。

 見ても骨董品の価値は私には分かりません。
 見ていて欲しいと思う物はありますが、価格を見ると”無理”と諦めるのが現実です。

 そんな中見つけたのが、写真の杯。
 私は酒を飲みませんから、烏龍茶を飲むために購入しました。
 見たところとりあえず手書きのようです。
 気に入った物で烏龍茶を美味しく飲むとが出来れば、300円でも価値がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

胃が痛んでいます

Kaeru2_21 長期の休みに入り、家に閉じこもることが多かったからでしょうか、胃の調子が悪くなってきました。

 食べるものはなるべく避けているのですが、水物やら運動しないことから胃の中が空になることが少なかったことが原因であることは、間違い有りません。

 治すには胃の中に物を入れないことが一番。
 でも、それは仕事が始まるまでは無理そうです・・・今も白湯を飲みながら書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

発音

Kaeru2_20 知り合いの中国人と話していて気づいたのが、なにぬねのらりるれろの発音の区別が上手にできない人がいること。

 例えば 分からない を発音させると 分かなない となってしまうのです。
 
 私はその法則に気づいているので彼らがそれを間違えて、他の単語となってしまっても理解することはできるのですが、それを理解できない人は何がなにやら分からなくなってしまうでしょう。

 
なにぬねのらりるれろの法則は私だけでなく、ネットで検索したら中国語を教えている人の多くが経験しているようですので、解決することは可能なようで、それを理解したら意識することで慣れるようです。

 それよりも中国語を話す時のchiやriの発音、私には難しいところがあります。
 もっとも広大な中国大陸ですから、私と同じように発音できない地域が多くありますので、彼らが使っている言葉を上手に取り入れれば私でも通じるようになるようです。
 それが、杭州付近で使われている言葉なんですね。
 ただ、それでも彼らの発音では妙に喋りにくいところがあるので、他の地域の発音と混ぜちゃったりします。
 かなりいい加減なのですが、なるべく早く話すようにすると通じるようです。
 ゆっくり話すと、同じ発音をしていても通じないことが多いんですよねぇ。
 四声や発音ではなく、どうも勢いが大切なようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

静岡弁

Fushishan_1 先程まで静岡弁を使って文章を書いていたのですが、さて問題です以下の文章は標準語で何というのでしょう。

 あんも、あんま食べると太るら

 中国語で”按摩”を読める方はギョッと思われるかもしれませんね。

 答えは
 お餅を あまり食べると 太るよね

 となります。
 決して
 按摩(中国語でアンモ)、按摩(日本語でアンマ”)食べると、太るよね
 ではありませんので、誤解しないで下さいね。
 しぞぉーか人にマッサージ師を食べる文化はありませんので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

今年もよろしくお願いします

Tate204 あけまして、おめでとうございます
 今年もよろしくお願いします

 それでもって、昨年は皆さんにご迷惑を掛けたことを、謝りたいと思います。ゴメンナサイ

 毎年のように正月には”今年は○○したい”と誓いを立てるのですが、まぁ三日坊主の私ですから達成されないばかり、何を誓ったのかも忘れてしまうのが恒例のようになっています。

 ですので、今年の誓いは”しぶとく・貪欲に”と達成されたのか、それともされていないのか、判断付きにくい誓いにすることにしました。

 ということで、今年もグダグダになりそうな気もしますが(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »