« 杏仁豆腐 | トップページ | 紅心観音王 »

2006年4月16日 (日)

西湖国際茶人邸

Chajintei1_1  南山路はバーや飲食店が集中しているにもかかわらず、落ち着いた雰囲気の通りで、私がもっとも気に入っている場所の一つです。

 そのような場所の南山路にある西湖国際茶人邸は、旅行ガイドブックや中国茶に関する書籍にも紹介される有名な茶館です。

 市街地にある茶館のように黄色や緑の看板が掲げられていないため、私は通り過ぎてしまいましたが、2メートルくらいの石に赤い文字で「茶人邸」と書かれた看板(?)を探して歩けば通り過ぎることはないと思います。

Chajintei4_1 趣のある昔風の入り口はこの通りの雰囲気に溶け込み、 茶人邸の格式の高さを感じさせます。

 私が訪れた日は雪で客は一人もおらず閑古鳥が鳴いていましたが、私を迎えてくれた店員の態度は悪いものではなく、たった一人の客にも関わらず丁寧に席に案内してくれました。

Chajintei2_1 雪で身体全体が冷えていましたので、身体を温めたいということから岩茶をセレクトしました。
 50元からあるお茶の品揃えは、杭州の平均的以上のもののように見えました。龍井茶はもちろん、日本では飲む機会の少ない浙江省産の緑茶や福建省産の高価な烏龍茶まで一通り揃えていました。

 席に腰を落ち着け建物の内部を眺めると、柱や装飾の品の良さは私が見た茶館とは趣が大きく異なっていて、私が思い描いていた茶館そのもののが目の前にありました。中国で吉祥を表す赤い色もギラギラした赤ではなく、柔らかさを感じさせる赤を使用し、自然光と間接照明はその柔らかさを引き出し、センスの良さを感じさせられました。

Chajintei3_2   他の大型茶館と同じようにブッフェスタイルのお茶請けも用意されていますが、茶人邸では始めにある程度の量のお茶請けをテーブルまで持ってきてくれます。
 テーブルの横にはアルコールランプを使用した湯が用意され、何杯でも飲むことが出来ます。

 入ったときには私一人だった店内もしばらくすると人が入り始めザワザワしてきましたが、店内の雰囲気がそうさせるのでしょうか、それとも茶人邸でのマナーなのでしょうか大きな声で話す方がおらず、一人でゆったりした気分を味わうには最適な場所であると感じました。

 朝は9:00から、夜は26:00まで営業していますので、時間を選ばず茶を楽しむことができます。
 日本語のメニューはなく、店員も日本語(英語も×?)ができませんが、漢字の国ですからなんとかなります。是非、利用して下さい。気が落ち着く茶館です。

|

« 杏仁豆腐 | トップページ | 紅心観音王 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/9615673

この記事へのトラックバック一覧です: 西湖国際茶人邸:

« 杏仁豆腐 | トップページ | 紅心観音王 »