« 肌水分量 | トップページ | 真功夫 »

2006年4月27日 (木)

一茶一座

Yichayizuo1 一茶一座
湖濱店

一茶一座は台湾系の茶館で上海を中心に、南京、蘇州、杭州、寧波そして首都北京に20店舗以上を展開しており、杭州にも3店舗を構え、一般的な茶館と異なり新しいスタイルの茶館として、沢山の人に支持されています。。
青藤茶館や和茶館がブッフェスタイルで軽食程度の食べ物を提供していますが、一茶一座はブッフェではなくメニュー制になっており、お茶を楽しみだけでなく食事もしっかりとることが出来ます。
 日本的な表現をするのならば、レストランと喫茶店が複合したものとなるのかもしれません。

 清潔でモダンな内装、洗練された食器や茶器、そして魅力的なメニューがこの店を人気店にしていて、午後2時頃に入店しましたが、それでも20分程待って2階にある解放路を眺めることの出来る席に着くことが出来ました。
上海に多くの店を展開しているからでしょうか、メニューには中国語・英語そして日本語で書かれていて、中国語が全く分からない観光客にも優しい作りになっています。
チェーン店らしく、メニューは地方料理にこだわることなく、中国料理の良いとこ取りの料理のようで、どれを食べてもそれなりの満足感を与えてくれそうです。料理も魅力的ですが、デザートも充実していて、中華デザートも満喫できそうです。

Yichayizuo3  また、中国茶を始めとするドリンク類の充実は単なるレストランではないと思わせてくれます。
台湾系の店らしく、台湾系の烏龍茶が充実しており、他のお茶はあまり多くないと言うのが私の印象でした。
 伝統的に冷たいお茶は飲まないようですが、この店では伝統にこだわることなく冷茶も提供しています。杭州の暑い夏に冷茶を飲むことが出来るのは、貴重なことかもしれません。
 お茶だけでなく、果物や牛乳を使った飲み物、生姜やクコを使った健康茶のようなドリンクも充実していて、天候だけでなく体調によっても飲み物を選ぶことが出来ます。

 私が選んだお茶は“杏仁茶(熱川貝杏仁茶)”で、杏仁豆腐好きの私にとってはたまりません。
ビターアーモンドの香りと程良い甘さは、雪の中を歩き疲れた身体を温め癒してくれるようでした。

 席に着くまでの間に店内を眺めていて気付いたのですが、この店では品の良い茶壺や茶碗、茶盆のような茶器も販売していました。

Yichayizuo2_1  一茶一座、湖濱店は湖濱路と解放路が交わる角の建物の中に店を構えています。
 延安路から西湖方面に解放路を曲がると南側には解放路解百、反対側に外にパラソルとテーブル・椅子が置かれていますので、そこが一茶一座湖濱店です。

一茶一座 湖濱店
杭州市解放路260号
営業時間:10:00~25:00
URL:http://www.chatea.cn/

|

« 肌水分量 | トップページ | 真功夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/9790488

この記事へのトラックバック一覧です: 一茶一座:

« 肌水分量 | トップページ | 真功夫 »