« 公衆トイレ | トップページ | 江山緑牡丹 »

2006年3月22日 (水)

菊花 杭白菊

Hangbaiju  杭白菊(こうはくぎく)
 保健類
 浙江省杭州

 菊の花を飲料として飲むのは中国だけでなく、ヨーロッパでもカモミールティーとして古くから飲まれています。
 どちらも菊の花がもつ香りを楽しみ、薬効を期待して飲まれています。

 中国で飲料として飲まれる菊には、生産地・品種として幾つかあるようですが、今回の写真で紹介しているのは浙江省杭州で生産される”杭白菊”になります。

 浙江省では古くから漢方薬の栽培が行われていて、浙江省を代表する栽培漢方薬”浙八味”の中にも”杭白菊”が含まれています。

 菊の花を飲むときには、その薬効が気になります。
 中国では菊の花には鎮静・解熱・疲れ目などに効果があるとされています。また、高血圧にも効果があるとされています。

 杭白菊の清々しい香りは、カモミールのように単体を湯に入れて飲んでも充分美味しいのですが、杭白菊は緑茶、プーアル茶など様々なお茶と一緒に飲んでも美味しく飲むことができます。

 杭州で宿泊したホテルでのブッフェタイプの朝食では、杭白菊と龍井茶が置かれていました。龍井茶がとびきり上等な物ではありませんでしたので杭白菊をブレンドして飲みましたが、若干味の落ちたお茶などとブレンドして飲むと良いかもしれません。

 菊花はお茶として飲むだけでなく、その香りと薬効から、焼酎に漬け菊花酒として飲まれたり、香りを利用して菓子の素材として利用されています。
 

|

« 公衆トイレ | トップページ | 江山緑牡丹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/9211871

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花 杭白菊:

« 公衆トイレ | トップページ | 江山緑牡丹 »