« 叱られる | トップページ | 文山包種 »

2006年3月10日 (金)

今日は2本

 昨日は、花粉症が大爆発。
 日中くしゃみが止まらず、夜はぐったり8時に寝てしまいました。
 ブログを書いて寝ようと思ったのですが、9時までココログがシステムメンテを行っていたため、書くのを諦め寝てしまいました。ということで、今日は2本書きます。

chabei 烏龍茶を飲むには、茶杯と呼ばれる小さな茶碗を使います。
 作法によっては、聞香杯とよばれる筒型の茶碗も使いますが、これは香りを聞くためのものです。

 一般的な茶杯はちっちゃく一口でのんでしまいますので、私は少し大振りな物を探していました。
 日本ではなかなか見つからなかった物が、杭州の土産物街”河坊街”の裏、レストランが建ち並ぶ高銀街にある茶葉と陶磁器を扱う店で見つけました。店員の小姐(お嬢さん)は手書きだよと言っていましたが、どうみてもプリント。でも大きさが気に入ったため、購入。

 自宅に帰って飲んだら、大きさが私にピッタリ。
 大きさといい、形といい、この茶杯は日本の酒杯にそっくり。

jiubei

 良くしてもらっている骨董好きの先輩同僚に、「このくらいの大きさの、杯ってどこかにあります?」と聞いたら、近隣の骨董屋さんを色々教えてくれました。
 慌てて手に入れることもありませんから、機会のあるときに一つ一つ集めようと思っていましたら、翌日彼が「はいっ!」って渡してくれたのが右の写真の杯。
 大きさ、色、形どれをとってもバランスの取れ、一目見ただけでいい杯であることはわかりました。お金を受け取ってくれませんでしたので、そのままいただきましたが、実に嬉しい物をいただきました。

 杯を頂いたことよりも嬉しいのですが、それよりもこんな私に気を掛けてくれたことが何より嬉しいことでした。

 お茶を飲むには、白磁の方が水色がわかり、より美味しく飲めると言われますが、自宅で飲むときにはあまり頑固にこだわらなくても良いのではと思います。
 これで、烏龍茶飲んだら、おいしいだろうなぁ。

|

« 叱られる | トップページ | 文山包種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/9023558

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は2本:

« 叱られる | トップページ | 文山包種 »