« 茶館のシステム | トップページ | 恭賀新年 »

2006年1月28日 (土)

中村吉右衛門

2hariyama 2代目 中村吉右衛門
 屋号 播磨屋
 本名 波野辰次郎

 歌舞伎を見ない方でも、「鬼平犯科帳の鬼平」と言えば多くの方が分かってもらえる、歌舞伎役者です。
 血縁関係のあるお兄さんは、「ラマンチャの男」や「王様のレストラン」等々の舞台・テレビでも活躍なさっている9代目松本幸四郎(本名:藤間昭暁)さんです。

 歌舞伎の名字 吉右衛門さんが中村、幸四郎さんが松本。本名も波野と藤間で異なっています。これは、お二人のお父さん8代目松本幸四郎(白鸚)さんが、先代(初代)中村吉右衛門の娘さんと結婚され2人の男子が生まれた時、男子のいなかった初代吉右衛門のところに次男の現吉右衛門さんを養子に出されたことによります。

 主役の役者よりも脇の役者に目が行く変な性格ですが、団菊吉の三人だけは別です。
 彼らが主役で、どんな演目か、そして脇に誰がいるかでその舞台が見たい、見たくないかが決まってきます。

 吉右衛門さんの場合、時代物、世話物、荒事、何を演じても様になり、その役にはまるところがあるように思います。今まで主演をされた舞台で、これ仁じゃないね、と思った舞台はありませんでした。
 印象に残っている舞台は幾つもあります。一条大蔵譚、熊谷陣屋、身代わり座禅の玉の井なんてのもありますね。そんな中で強く記憶に残っているのが2つあります。一つは俊寛、もう一つは吃又です。
 俊寛は初代吉右衛門五十回忌追善で見ましたが、これには感動を覚えました。筋を知っていて、何度か見た芝居だと慣れてしまい感動は薄くなるのですが、この俊寛は別で岩に登る場面が終わり幕がしまってもしばらく放心状態になるほどの感動を覚えました。
 吉右衛門さんの吃又は2度見ていますが、2004年6月歌舞伎座で見た2度目の吃又が印象的でした。この時”おとく”をなさった雀右衛門さんが前月に体調を崩し休演されていたのが嘘のような熱演で、その雀右衛門さんが舞台全体を引っ張り、吉右衛門さんも女房をいたわるような雰囲気が出ていて、妙に印象強く残っています。

 5月の新橋演舞場は、吉右衛門さん好きには堪らない演目になっています。
 余裕があれば見に行きたい、演目が揃っています。
 昼夜どちらかを選ぶなら、石川五右衛門とお土砂のある夜の部でしょうか。
 吉右衛門さんのお土砂、どれだけハチャメチャにしてくれるか楽しみです。

|

« 茶館のシステム | トップページ | 恭賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/8383485

この記事へのトラックバック一覧です: 中村吉右衛門:

« 茶館のシステム | トップページ | 恭賀新年 »