« 闘病日記 | トップページ | 程々に »

2005年11月 3日 (木)

石川や浜の真砂は

kyouto_from_nanzenji 石川五右衛門といえばルパン三世、というのは今のご時世の人の話。

 石川や浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ・・・とスラスラいえるのは、ずいぶん前の人の話です。

 歌舞伎「楼門五三桐」のなかで絶景かな絶景かな、と京都東山の南禅寺の山門でのセリフを思いだし、南禅寺の山門から京都を眺めてみました。

 雨が降っていたため絶景かなという雰囲気は味わえませんでした。しかし、ビルヂングが立ち並ぶ京都を眺めて幻滅するよりも、霧に隠された当時の風景を想像している方が情緒があって良いのかもしれません。

|

« 闘病日記 | トップページ | 程々に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/6879203

この記事へのトラックバック一覧です: 石川や浜の真砂は:

« 闘病日記 | トップページ | 程々に »