« 石川や浜の真砂は | トップページ | また叱られる »

2005年11月 4日 (金)

程々に

kyouto_from_nanzenji_2 会社に出入りしている40半ばの業者さんが、高校のジャージを来ているのを見て思い出しました。
 以前勤めていた会社の人の話です。

 高校時代に急激に成長しなかった小柄な方で、パジャマ代わりに30歳を過ぎても高校時代に使っていたジャージを使っていました。
 夜タバコを買いに行くのに着替えるのも面倒だと、そのままの姿で自販機まで行ったのが、運の尽き。運悪く巡回中のお巡りさんが後ろから近寄り、もちろん職務質問。

 「君は何歳?」
 「3○さいです」
 「嘘を言ったらいけないよ」

 と、すったもんだあった末に、パトカーに乗せられ、警察署までしょっ引かれたそうです。

 身分証明書なんて持っているわけなく、仕方なく親に来てもらい、無罪放免返されたのですが、警察では「良い年して、そんなの着ないで下さい!」と言われる始末。

 物持ちの良いのも、程々に。

|

« 石川や浜の真砂は | トップページ | また叱られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/6895214

この記事へのトラックバック一覧です: 程々に:

« 石川や浜の真砂は | トップページ | また叱られる »