« 築地で朝食を | トップページ | 吉右衛門と志ん生 »

2005年11月12日 (土)

六安瓜片

liu_an_gua_pian 六安瓜片(ろくあんかへん)
 中国緑茶
 産地 安徽省六安斉雲山周辺

 味はどう?と尋ねられた友人が「抹茶アイスの味がするね!」
という言い得て妙な答えを返してくれたことに、正直驚かされたことがあります。

 しかし、まさにそうなのです、私の六安瓜片は抹茶の味がするのです。
 今まで飲んだ六安瓜片も美味しく楽しめましたが、私のものは“旨味”が強く含まれているように感じられ、一煎目だけでなく3煎目くらいまでその旨味は楽しめます。
 思わずその旨味に頬は緩み、幸せな気持ちになるほどです。

 香りにもその旨味が含まれ、その香りを楽しみたいが為に蒸らしの途中でも蓋腕の蓋を取り上げ、香りを嗅いでしまいます。

 湯を注ぐ前の茶葉の色はコケのような深い緑から若草色まで様々で、形は一枚の茶葉を横方向に自然に丸まり、とても壊れやすくデリケートな形をしています。
 実際とてもデリケートで、中国から持ち帰る際には壊れやすいからということで、箱に入れて持ち帰ったほどです。
 湯を注いだ茶葉は大きく広がり、芽を使わず新しい葉を使って作られていることが分かります。
 
 普段は若干低めの温度の湯を使いますが、このお茶は香りを引き出すため高温で入れた方が良いのかもしれません。
 しかし、味、香りのどちらを楽しむかにより、湯温を変えて飲むのも楽しみの一つではないでしょうか。

 六安瓜片は中国十大銘茶の一つに数えられ、中国を代表するお茶として龍井茶同様に国家の礼品としても使われているようです。

 茶農家が大切に育て作られた上質のお茶は、大切にゆったりした気持ちで味わいたいものです。

|

« 築地で朝食を | トップページ | 吉右衛門と志ん生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/7056487

この記事へのトラックバック一覧です: 六安瓜片:

« 築地で朝食を | トップページ | 吉右衛門と志ん生 »