« 間違った日本語 | トップページ | 上湯炒飯 »

2005年9月 7日 (水)

恥知らずに

kurumaisu_mark ハンディキャップを持った方用に準備された駐車場は、公共機関や大きめの店では積極的に設置される傾向にあります。
 しかし、その駐車場に健常者が平気な顔をして車を止めるというのはどういうことなんだろう。

 今日も仕事帰りにスポーツジムへ寄ったのですが、体に何の問題のない若者が他の駐車スペースを探すこともせず、車椅子マークのある駐車場にとめていました。彼が上半身にも、下半身にも生涯が無く、車に障害者マークがないこと、そして健常者と同じように歩くことを確認し、『よく、恥ずかしげも無くそこに車を止めれるなぁ』と一言いってやりました。
 もちろん、常識のない奴ですから、私が何をいっているのかもわからないのでしょう。恥ずかしげも無く、そのまま歩いて行きました。

 ある意味”障害を持った者”なのでしょうが、そういう問題じゃありません。
 ハンディキャップの人達の苦労を想像できない奴は、自分がハンディキャップを持つまでわからないのでしょう。非常識な意見であることは充分理解しています、しかし私はそんな奴らがハンディキャップを負ったとしても、なにも可哀想とも思いません。ザマァみろ、と思うだけです。

 ハンディキャップを持つ人のお世話をすることだけがボランティアではなく、電車で座席を譲る、車椅子マークのある駐車場には車を止めない、そういう誰でも出来ることでも立派なボランティアだと思うのですが。

 こんな方もいるのですね。
車椅子マークの駐車場保護運動
http://one-glow.jp/hogo/

 あまり頭に血を上らせたくはないけど、胃がむかつくほど腹が立つ!

 

 

|

« 間違った日本語 | トップページ | 上湯炒飯 »

コメント

ボランティアってーか、それが普通だよね
でも、普通が多すぎて大変大変
きっと、その若者もシール貼っちゃうんでありましょうなぁ~
でも、きっと いつか きがつくであります!!

投稿: 人参烏龍 | 2005年9月10日 (土) 22時51分

 そのいつかが問題で、明日・明後日なら許しましょう。そのくらいの問題ですから。
 自分がそうなってから、大切な人がそうなってからでは遅すぎますね。
 想像力の欠如ならばいいですが、単なるキの字の可能性もありますから。

 この手の話題は、どうも怒りっぽくてなりません。

投稿: osome | 2005年9月10日 (土) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/5833030

この記事へのトラックバック一覧です: 恥知らずに:

« 間違った日本語 | トップページ | 上湯炒飯 »