« お米のクッキー | トップページ | 径山茶 »

2005年9月27日 (火)

粉を食べる

Breakfast 正直言って、最初は”もそもそ”して美味くないな~、というのが最初の印象でした。

 ホテルで朝食を取るのがもっとも楽だけど、せっかく中国に行くのならば現地の人達が食べている露天の饅頭のような食べ物を食べたいという思いから、ホテルの近くにあった店のものを幾つか食べてみました。

 最初は具の部分が少なく、粉の比率が多く、もそもそして美味しくないと云うのが印象でした。しかし、彼らが朝食代わりに食べている、日本人が米を主食としているように彼らは饅頭の粉を主食としているというのにふと気づき、その感覚で具の少ない饅頭を食べてみたら、味が変わりました。
 いままで美味しいと感じなかった粉の味が、突然美味しいものに変化しました。

 同じ食べ物でも、食べる場所(雰囲気)や気温・湿度などで変化することは知っていましたが、思考回路を変えただけで食べ物の味が変わるというのは、初めての経験でした。

 中華街の肉饅が美味しくないと思ったのは、これと同じだったのかと納得しいのですが、粉そのものの質が日本と中国では異なりますから、同じ思考回路で食べたとしても中華街の肉饅が美味しいと感じられるか、疑問が残るところです。 

|

« お米のクッキー | トップページ | 径山茶 »

コメント

これ、私好きです。
朝食によく食べていました。手だけではなく、口の中が、油っぽくなるんですけど、朝からよく食べられるなぁ、と思いながらもやっぱり食べちゃいます。
魅惑の小吃。

サニーホテルの裏にある店ですね!

投稿: DaDao | 2005年9月28日 (水) 01時51分

他にも糯米入りのシューマイみたいのとか、雪菜の入ったのも食べましたが、どれも美味しかったです。

そうそう、サニーホテルから馴染みの店に行く途中にありました。

物珍しくて、しかも手頃な金額なので、小吃ってついつい食べてしまいます。

次回中国行くときには太って帰ってきそうなので、体重を落としてから行きますね(笑)

投稿: osome | 2005年9月28日 (水) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/6144979

この記事へのトラックバック一覧です: 粉を食べる:

« お米のクッキー | トップページ | 径山茶 »