« 腰 | トップページ | 青藤茶館 »

2005年9月13日 (火)

坂東吉弥

2bandou_kichiya 2代目 板東吉弥 
 屋号 大和屋

 好きな役者の一人でした。
 過去形なのは、平成16年4月に亡くなられているからです。

 サインは亡くなる5ヶ月前、中村富十郎さんの代役で勤められた「河庄」の孫右衛門をなさったときに、歌舞伎座の楽屋口で頂いたと記憶しています。
 吉弥さんといえば、義経千本桜・すし屋の弥左衛門や石切梶原の六郎太夫などが思い起こされます。もちろん、これらの役は吉弥さんのはまり役だと思いますが、私は前述の「河庄」の孫右衛門がとても印象深く記憶に残っています。

 上手い役者ですから、どんな役をなさっても舞台が絵になるのですが、私は時代物や上方の舞台が私の好みです。

 歌舞伎の役者さんはファンを大切にして下さいますので、よほど急いでいない限り求められたらサインをして下さいます。
 吉弥さんにお声を掛けたとき、緊張していた私の心を察してくださったのか、笑顔で応対して下さり、サインをして下さいました。

 吉弥さんを早くに失ったことは、歌舞伎界にとって大きな損失であると私は感じています。
他の役者さんでも六郎太夫は勤められますが、やはり私は吉弥さんの六郎太夫を見てみたいです。

|

« 腰 | トップページ | 青藤茶館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/5927291

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東吉弥:

« 腰 | トップページ | 青藤茶館 »