« 正山小種 | トップページ | ♪奮闘~努力の甲斐もなく~♪ »

2005年9月16日 (金)

小核桃仁

shoukakutounin お茶請けといえば、日本茶ならば煎餅、羊羹が代表格でしょうか。

 中国茶のお茶請けはと思い、茶館に行ったとき見たら、まぁ山のようにありました。その中でもドライフルーツにナッツの類が、お茶請けとしてはポピュラーなものでしょうか。

 ナッツといえば食べるの面倒ですが、ヒマワリの種が個人的には好きです。
 日本ではほとんど知られていないナッツに小核桃仁があります。これは浙江省付近の特産品で、小型のクルミに塩で味付けをしたもので、一度食べ始まると癖になります。

 ということで、ヒマワリの種と一緒にスーパーマーケットで買ってきました小核桃仁。
 味にうるさい私の食の師匠にも好評で、次回行ったときにはスーツケース一杯に買ってこい!との指示を受けたくらいです。

 浙江省で生産し、上海の会社が販売しているこの小核桃仁ですが、パッケージを見ていて?と考えました。ローカルな菓子であることは間違いないので、パッケージのデザインはてっきり中国語もしくは中国のデザインであると思っていましたが、どうもそうではありません。密かにブームとなっている日本語とも考えましたが全く読むことが出来ず、次に思いついたのがハングル。でも○や+のようなハングル風の文字でも無し、じゃぁトンパ文字?でもちがう。しばらく見て考えを巡らしていてふと日本語であることに気づきました。
shoukakutounin2 上記の写真を反転すると左のようになります。
 そうすると、日本語が現れます。

 出てきた文字は、「わさび」 「わさびビーンズ」なる意味のある(無い)言葉。何故にクルミのナッツに「わさび」? そして、「わさびビーンズ」って何だ?
 いったい、どんな人が「わさびビーンズ」なる言葉を作ったのか、興味のあるところです。

|

« 正山小種 | トップページ | ♪奮闘~努力の甲斐もなく~♪ »

コメント

確かに!
先生が中国へ行って、お土産で買ってきました。本当に微妙に美味しいですよ。
日本国内ではないでしょうかね?

投稿: hejushi | 2009年1月13日 (火) 22時23分

hejushi さま
 
 はじめまして。
 小核桃仁って日本に無いもの、という意識でしか見てなかったので、日本で入手できるかと云うところまでは考えてませんでした。
 先ほど少しグーグッてみましたが、見つかりませんでした。
 もしかすると、中華街辺りにあるかもしれませんが、如何せんマイナーな存在ですので(笑)

 ナッツの類だと、ヒマワリの種も食べ慣れると美味しいですよ!

投稿: osome | 2009年1月13日 (火) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/5974141

この記事へのトラックバック一覧です: 小核桃仁:

« 正山小種 | トップページ | ♪奮闘~努力の甲斐もなく~♪ »