« もったいない? | トップページ | そういえば »

2005年9月21日 (水)

コーヒー

coffee_gelly 実を言いますと、25歳くらいまでコーヒーが苦手でした。
 無理に飲もうと思えば飲めたのですが、それは殆ど流し込むというのが正しいのですが。

 コーヒーを自ら飲みたいと思ったのは、コーヒー豆を挽いている時の臭いが美味しそうと思ってからです。
 一度美味しそうと思ったら、暗示が解けたかのように飲み始めたのですから不思議なものです。
 ミルクを沢山入れ、砂糖を5個も入れ、それでも無理して飲んでいたコーヒーも、店主が苦い!と思うようなコーヒーもミルク・砂糖無しで飲むようになってしまいました。

 でも今は、ちょっと強いと感じ始め、お茶に移りつつあります。
 歳を取ったんでしょうかねぇ。

|

« もったいない? | トップページ | そういえば »

コメント

いやいや、確かに中国茶同様、珈琲も美味しいね!
でも、やっぱ、管理が肝要。
注文してから、焙煎してもらって
使い尽くすまで長くても冷凍庫で2週間が限度なんて・・・・・・・・・・・・・
って、ことは、その味を知るまで飲んでいた珈琲ってやっぱ、油が酸化した味だったなぁということに気がつく。
ついでに、たまに外のお店で飲むのって体に悪いって感じがバリバリ。
管理がよく、鮮度がよければ、
珈琲は胃に負担がかからないって
やっぱ、ほんとね!

投稿: 人参烏龍 | 2005年9月22日 (木) 23時03分

どういう状況のときに挽く香りが
美味しそうだと思われたのですか?
私の友人は美味しそうな香りだけど
やはり強すぎて飲めないと言うんです。
まあ、無理して飲むものではないけれども
食後のコーヒーとか一緒にしたいな~
なんて思うんです。

投稿: | 2005年10月 7日 (金) 16時10分

真さん、コメントありがとうございます。
行きつけの洋菓子屋を見つけ、コーヒーが飲めるようになるまでは紅茶一筋でした。
もちろんこの店ではコーヒーも提供していて、コーヒーの注文がある度に豆を挽いていて、最初は気にもしていなかったのですが、ある日どうしても香りが気になり、注文してしまったんです。

コーヒーの強さになれるまでは時間が掛かりました。特にコーヒーの酸味が苦手で(今でも)、深炒りした苦く酸味の少ないコーヒーを知り慣れるまでには本当に時間が掛かりましたが、なんとか今は飲めるようになりました。

そういえば、私の場合コーヒー単独で飲むことは少なくて、チョコレートやケーキなどの菓子がお供についています。
そうすると、コーヒーが強くて辛いと思う時でも、いけるような気がします。

投稿: osome | 2005年10月 7日 (金) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/6053685

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー:

« もったいない? | トップページ | そういえば »