« こういうの | トップページ | 8月29日の続き »

2005年8月31日 (水)

カメレオン女

morning_glorly_3 ”彼”は何年か前にカメレオン女を見たと言って、譲りません。

 毎年楽しみにしている東京での夏のコンサートが終了し、地下鉄に乗っているとき、髪の毛、浴衣、足袋、草履、眼鏡の身につけているもの全てが黄緑色の50代後半と思われるオバチャンが途中の駅で乗ってきました。顔もどこか人間離れしていて、は虫類っぽいのです。
 引き寄せるんでしょうか、満席で立っている私の左隣にそのオバチャンが来たんです。あまりに面白いので右隣にいた高校時代からの悪友に教えなきゃ、ということで教えてあげたんですが、なぜか友人は無関心なんですね。
 ジロジロ見て田舎者だと思われるのも嫌なので、私は窓ガラス越しに観察していたのですが・・・目の前のオッサンの額に止まった蠅が一瞬のうちに・・・

 ”彼”は見たと、言うのです。
 黄緑の髪の毛、浴衣、足袋、草履の女はカメレオン女に間違いない、と言い張るのです。

 バカも程々にしとけ! 

|

« こういうの | トップページ | 8月29日の続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/5726621

この記事へのトラックバック一覧です: カメレオン女:

« こういうの | トップページ | 8月29日の続き »