« 和茶館のいす | トップページ | 茶畑にて »

2005年8月22日 (月)

蓮と睡蓮

rotus 写真は杭州の西湖十景の一つ曲院風荷の景色です。

 曲院風荷は蓮の公園として知られ、私が行ったときには数種類の蓮が美しい花を咲かせていました。写真の花は日本でも一般的に見られるものと同じだと思います。

 蓮と睡蓮の違いですが、蓮は茎がのび葉っぱが水面から離れる状態でいます(一部水面に浮かぶタイプもあります)。一方睡蓮は茎は水面よりしたで、葉っぱは水面に漂うように浮いています。
蓮の花は水面から立ち上がり、花の中心には花托(はちす)と呼ばれる蜂の巣に似たものがあります。で、睡蓮は水面に浮かぶように咲いています(一部、水面より立ち上がって咲くものもあります)。
 根なのですが、蓮はレンコンと呼ばれる地下茎があり、睡蓮は普通の植物と同じ根っこ”ヒゲ根”となっています。

 食いしん坊に言われると、蓮はレンコンがあって食べれるけど、睡蓮は食べれないということになります。

 まぁ、どちらも似たような綺麗な花を咲かせますから、そんな細かく気にすることもないでしょう。でも、知っていると自慢できます。 

|

« 和茶館のいす | トップページ | 茶畑にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/5587682

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮と睡蓮:

« 和茶館のいす | トップページ | 茶畑にて »