« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月31日 (水)

カメレオン女

morning_glorly_3 ”彼”は何年か前にカメレオン女を見たと言って、譲りません。

 毎年楽しみにしている東京での夏のコンサートが終了し、地下鉄に乗っているとき、髪の毛、浴衣、足袋、草履、眼鏡の身につけているもの全てが黄緑色の50代後半と思われるオバチャンが途中の駅で乗ってきました。顔もどこか人間離れしていて、は虫類っぽいのです。
 引き寄せるんでしょうか、満席で立っている私の左隣にそのオバチャンが来たんです。あまりに面白いので右隣にいた高校時代からの悪友に教えなきゃ、ということで教えてあげたんですが、なぜか友人は無関心なんですね。
 ジロジロ見て田舎者だと思われるのも嫌なので、私は窓ガラス越しに観察していたのですが・・・目の前のオッサンの額に止まった蠅が一瞬のうちに・・・

 ”彼”は見たと、言うのです。
 黄緑の髪の毛、浴衣、足袋、草履の女はカメレオン女に間違いない、と言い張るのです。

 バカも程々にしとけ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

こういうの

kyoko こういうの、好きなんです。

http://www.f7.dion.ne.jp/~moorend/news/index.html

 悪意や思想のないユーモアを考えるのって案外難しく、何かを考えていて「バカらしい」と思ったら最後、なにもできません。
 ちょっと考えれば、な~んだと思うものから、そりゃ無いだろ!ってものまで、よくここまで考えたものです。脱帽ものです。

 とりあえず、のぞいてちょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

菓子

baby_star_kishimen_package 私が子供の頃のおやつの定番の一つが、ベビースターラーメン。
 今食べると、まぁまぁ。正直そんなにおいしいものではありませんが、懐かしの味としてついつい食べてしまいます。

 子供の頃からバカですから、ラーメンと書いてあったのでふつうのラーメンのように食べたことがあります。まずい!の一言でした。

baby_stara_kishimen_snack コンビニは便利ですが、価格が安いわけではありませんので私はどちらかというとスーパー派ですが、時々ふらり立ち寄ってしまうことがあります。

 幾たびに名古屋フェアをやっているような気もするのですが、また名古屋フェアをやっていました。で、見つけたのがベビースターラーメンの”きしめん味”と”ひつまぶし味”。今回は”きしめん味”をご紹介。

 食べてみると、確かに出汁の味がぷ~んと和風の味がします。
 麺?も普通のベビースターラーメンより太くなっていて、きしめん風です。

 そういえば、近所のコンビニにはミソカツサンドなる、サンドイッチがありました。
 ミソカツも好きな食べ物ですので挑戦したい気持ちはありますが、無駄使いになりそうなので、止めております。
 ほかの地域から見れば際物になるのかもしれませんが、私の町は関東と関西、関東と名古屋の味の分岐点に当たる場所なので、さほど抵抗はありません。
 パンにアンコを挟んだ、小倉サンドも案外平気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

市川団十郎

12naritaya 十二代目 市川団十郎
 屋号 成田屋

 ネットニュースでさえ読まない私が、団十郎さんの病気が再発したというのを見て、驚かされました。

 団十郎さん、好きな役者です。大きくて、優しいところが舞台の姿にでていると思います。
 楽屋口から出てこられた姿を見ていても、暖かみのある方だというのが私の印象でした。

 どんな役をされても良いなと思うのですが、特に私が好きなのは義経千本桜の”いがみの権太”。すし屋の部分はもちろんですが、私はどちらかというと”木の実”の方が好きなんです。子役の子と接しているところは、見ていて権太の子供に対する愛情がとても団十郎さんはほのぼのして、見ているこちらの気持ちが暖かくなってくるようです。
 その暖かさがあるから、その後のすし屋の女房・子供を替え玉に出す辛さが引き立ってくるような気もします。

 治療に専念されて、何度も何度もあの権太を見たいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月27日 (土)

杭州ナビ 創刊! フリーペーパー

hangzhou_navi_magazine 杭州行きの際、色々とお世話になっている杭州ナビが雑誌フリーペーパーを発行しました。
 この前の杭州行きの時お世話になったDadaoさんが送って下さったのですが、封筒を開けて驚きました。
 これが本当に無料で良いの?と思うくらいの紙の質。
 紙の質がいいので、もちろん杭州の美しい写真も映えています。
 写真を眺めつつ文章を読んでいると、行ってみたいと思いたくなってきます。今回の特集は富春山居と西渓湿地ですが、どちらも魅力的。

 私にとって有り難いのは、繁華街の地図。日本の地図のように番地の入った地図を持っていない私にとっては、店の名前の書かれた地図は喉から手が出るほど欲しかったものです。これで、お目当ての店を探す時間のロスが減りそうです。地図を眺めているだけで新しい発見があり、面白いものです。

 杭州の日本人が集まる場所に置かれているようです。
 駐在さん、これから杭州を訪れる旅行者の皆さん、杭州に行った際にはまず最初に入手して下さい。杭州をより楽しめること、間違いないと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金)

セミ

semi 私を悩ませたセミも徐々に数を減らし、やっと朝も静かになってきました。

 昨日の台風が少しだけ秋を持ってきてくれたので、夜暑くて目が開いてしまうということもなくなりそうです。

 写真は私の街では珍しいクマゼミです。
 地上に出てきて一週間の命ですが、地上に出てきて元気よくメスにアピールしているのでしょうが、まさか『五月蠅くて眠れん!』と陰口を叩かれているとは知らないでしょうね。

 それにしても、四国の水不足は心配です。
 四国に雨を降らせて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

大雨・強風

lily 台風が近づくにつれ3時頃から風雨が強まり、帰社しようとした6寺頃にはとんでもないことになっていました。

 そんな時、雨が窓硝子を鳴らす音が聞こえる廊下で、うら若き女性とすれ違ったとき彼はこう言いました
『パンツの替えは持ってきた?』
 セクハラです!間違いなくセクハラです。

 まったく、とんでもない奴だ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

片岡仁左衛門

15matsushimaya 十五代目 片岡仁左衛門。
 松島屋。

 歌舞伎座楽屋口にていただきました。

 何の演目の時だったのか全く憶えていないのですが、楽屋口には仁左衛門さんのファンの”お姉さま”達が沢山いて、テレビカメラがあったのだけは記憶に残っています。

 普段からサインを戴くときには一言声を掛けさせてもらうのですが、このときは何を思ったか『仁左衛門さんって、本当にいい男ですよねぇ』でした。
 確かに、これって役者にとって最も大切なことですが、なにもねぇ、こんな時に本人に言わなくてもと思い始めたら、恥ずかしくて恥ずかしくて(笑)。

 仁左衛門さん、何をやっても良いなと思います。
 特に時代物、上方和事は私の好みです。
 ただ、上方の役者さんだからでしょうか、私は仁左衛門さんの江戸の芝居はど~もいけません。玉三郎さん相手の源氏店の与三郎なんて、絵になっていい景色だナァと思うのですが、私の心が付いていかないのです。

 そろそろ、仁左衛門さんの上方歌舞伎を見たくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

茶畑にて

pheromone_net 茶畑で見つけた看板を見て、まぁいつものように妄想モードに入ってしまったのでしょうね。彼はこう思ったそうです

 『こんなネットなら、捕まってもいいな~』

 彼に成り代わり謝ります。ホント、ごめんなさい、いつも下らないことばかり考えて。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

蓮と睡蓮

rotus 写真は杭州の西湖十景の一つ曲院風荷の景色です。

 曲院風荷は蓮の公園として知られ、私が行ったときには数種類の蓮が美しい花を咲かせていました。写真の花は日本でも一般的に見られるものと同じだと思います。

 蓮と睡蓮の違いですが、蓮は茎がのび葉っぱが水面から離れる状態でいます(一部水面に浮かぶタイプもあります)。一方睡蓮は茎は水面よりしたで、葉っぱは水面に漂うように浮いています。
蓮の花は水面から立ち上がり、花の中心には花托(はちす)と呼ばれる蜂の巣に似たものがあります。で、睡蓮は水面に浮かぶように咲いています(一部、水面より立ち上がって咲くものもあります)。
 根なのですが、蓮はレンコンと呼ばれる地下茎があり、睡蓮は普通の植物と同じ根っこ”ヒゲ根”となっています。

 食いしん坊に言われると、蓮はレンコンがあって食べれるけど、睡蓮は食べれないということになります。

 まぁ、どちらも似たような綺麗な花を咲かせますから、そんな細かく気にすることもないでしょう。でも、知っていると自慢できます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

和茶館のいす

china_chair オッチャンなので椅子を見るとどんなものでも座りたくなるのですが、疲れていなくても思わず座りたくなる椅子ってあるものです。その逆に、どんなに優れたデザインでも、どんなに豪華でも座りたくない椅子もあります。

 写真の椅子、思わず座りたくなります。
 長時間座っていたいとは思いませんが、ちょこっと座るには具合が良さそうです。

 これを見かけたのは、杭州でも有名な茶館の一つ『和茶館』の店内。
 この店は中国の骨董・小民具を展示していて、殆どのお客さんが大人数で来店しトランプ・ゲームに興じ、半日・一日と賑やかに楽しんでいる中でも、これら古のものを眺めながらお茶を飲むと案外落ち着くものです。

 中国の椅子などのデザインを見ていると、日本や北欧とは違うアプローチをしていますが、これを洗練していくとシンプルなものが好まれる今の世界でも充分通用するような気がします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月20日 (土)

閉店間際

morning_growly2 運動終了後、明日の朝食の食材を買いに閉店間際のスーパーへ行ったのですが、いろんなものに割引のシールが貼ってあり良いですねぇ。

 お肉も安いし、野菜も安い。残り物の総菜は半額なんて当たり前。
 買い物好きの私は割引シール大好きです。
でも、こんな昨今ですから、無駄な買い物はしません。必要と思われるものだけ、それを安い値段で買う、それが良い消費者と思い、買っています。

 四分の一に切ったスイカが5割引。運動後でノドが渇いていたこともあり、思わず買ってしまいました。糖度11で甘さもわかっていますから、玉で買って失敗することもありません。

 スイカって水だけで、本当に栄養があるの?と疑問に思い調べてみました。
 あるでんすねぇ。抗酸化力のあるリコピンの量は一食あたりはトメィトとよりも多く、腎機能を高めてくれたりと他にも色々な効能もあるようです。

 最も、そんなこと考えてスイカを食べる人はいませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

こいつら

semi_nukegara どこかの国の変人総理は、官邸を改築したとき、庭を掘り返していたにもかかわらず、木の根元にセミの抜け殻を見つけて喜んでいたそうね。
 百匹以上のセミの大合唱で起こされる私にしてみれば、セミの抜け殻を見て喜ぶ気の知れません。

 政治のことはよくわからないのだけど、自民党は郵政民営に反対した議員には対抗馬を立てているのをみると、なにか”粛清”という言葉を思い浮かべます。
 テレビを見ていても、粛清と云う言葉は使っていませんが、これって明らかな粛清ではないでしょうか。今風のオブラートに来るんだ言葉で言うならば、イジメでしょうね。粛清でないとしても、ありゃぁリンチだね。

 ライブドアのホリエモンが無所属で立候補するみたいだけど、それ聞いたら私の頭の中でホリエモン=Dr.中松 という図式が浮かんできました。

 政治の話しを書くのは好きじゃないけど、ネタが思いつか無かったものですから(笑)。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

流行歌

lily 私、流行を追うというのが苦手というか、性分に合わないのです。
 ですから、流行歌のCDを買ったり、流行の服を買うなんてことは間違ったら買いますが、間違わなければ買いません。

 でも、流行歌はテレビ・ラジオで勝手に流れてきますから、タイトルは知らなくても、なんとなく知っています。

 何年?何十何前か知りませんが♪涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く花のように♪ってのがありましたねぇ。もちろん、タイトルも誰が歌っているのかも知りませんが。
 で、ついに見つけました、アスファルトに咲く花! 
 この曲を作った人は、間違いなくこんな光景をイメージしてたのでしょうね。

 ホントか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

坂東三津五郎

10yamatoya_mitsugorou

 十代目 坂東三津五郎
 屋号 大和屋

 十代まで続くと今の三津五郎さんは何代目?ということになりますが、今の三津五郎さんは十代目です。

 サインを戴いたちょうどその時、団菊祭で現片岡市蔵、河原崎権十郎、市川男女蔵、市川男寅さんの襲名時で”女なまず(照葉)”を演じているときで、私は三津五郎さんの女形の記憶が無くサインを書いていただいている間に掛けた言葉が『三津五郎さんの女形を始めてみました』といもの。

 後で考えると、もう少し他にあったんじゃないかと思うのですが、口から出たものは仕方ありません(笑)。
 で、三津五郎さんから帰ってきた言葉が『そうですか、わからなかったでしょ!』。

 その後、何をどうしたか憶えていませんが、三津五郎さんの声は爽やかで、私にはないものを間違いなく持っていらっしゃいました。同時に、これなら女の人にもてるわけだ、と勝手に思いこんだのですが。

 三津五郎さんで好きなのは、踊り。荒事・世話物・時代物も良いのですが、私はやはり踊りが好きです。特に、松葉目もので茶壺のような狂言から導入されたものがいいですねぇ。
 踊りを見ていても、なんて爽やかな人なのだろう、と感じるのは私だけでしょうか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

彼京都を語る

kyoto 彼は大阪へ転勤となっている”京都ヲタク”の友人と久しぶりに地元で会い、大阪へ帰る日の話しと京都のお盆の話しになったときの会話です。

友『ウチの会社の盆休みは4日間だけで、15日にちは大阪に帰らなければならんのよ』
彼『じゃぁ10日も盆休みがある自分は、幸せもんだな』
友『でも16日は、京都から来ている同僚は有給取って休むのが多いよ』
彼『そういえばCSテレビの京都チャンネルで、何か言ってたなぁ・・・”五山のどんと焼き”』
友『バカ!』

 8月16日、京都では五山の送り火が行われます。
 これから、京都チャンネルで五山の送り火の生放送を見ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

不思議な話

title_b

 このHPを一体どうやって見つけたか、さっぱり憶えていません。
 HPのタイトルは『座敷浪人の壺蔵』。
 タイトルだけではどんなHPなのか、想像も付きません。

http://home.att.ne.jp/red/sronin/index.htm

 街歩きで見つけた面白画像などもありますが、それはパスしてでも読みたいのは”怪しい古典文学の壺”。
 古典文学の怪しい部分だけを現代語訳しているだけなのですが、まぁ面白いこと。

 今の時代はホラーブームとやらで、ただ単に恐怖心ばかりを煽る話しばかりが先行していますが、このHPはそういうものとは一線を画しています。
 不思議だなぁ、こんなこともあったのか、などという話しが恐怖心よりも、好奇心を煽っているように思えます。

 不思議な話は当時でも身近なものではなかったのでしょうが、いまよりも近い存在だったのではないでしょうか。
 知り合いのお坊さんが一言、『あの世ってのは、案外近い場所にあるのかもしれないな』

 8月15日、戦争が終わった日でもあり、お盆でもあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

5656

west_lake_rotus_flower_1 昨日、一昨日と酷い夕立がありました。

 出掛けるときには降りそうもない空なのに、なぜかトレーニングルームで汗を流していると雷と大雨になるんです。

 傘も持たずに出掛けましたから、二日続けてビショ濡れ!
 たまったものじゃありません。
 一昨日は運動が終わっても雷が大きくなっていて、大通りを走っていたら近所に雷が落ち停電で信号機が消えてしまったため、大渋滞となってしまいました。
 私は要領よく信号のない脇道へ入ったため大渋滞に巻き込まれることはありませんでしたが、短い時間でも停電になると地方の田舎町でも交通網はパニックになってしまうものなんですね。これが、首都圏だったら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

普段使いに

tenugui_book 忙しかったり、体調が悪かったりと、出来なかった運動を一昨日再開。
 昨日からウエイトを若干落として筋トレも再開したのですが、まぁ今日は身体が痛いこと、痛いこと。
 ベットから落ちた傷みは全くないものの、筋肉痛は酷いものです。
 今日も行くつもりですが、しばらく筋肉痛は続きそうです。

 今は扱う店も増え、デザインも江戸時代のように奇抜なものも増えてきましたが、私は一時かなり真剣に”染絵手ぬぐい”を集めようとしていた時期があります。

 あります、というくらいですから今は集めていないのですが、止めてしまった理由は”きりがない”からです。ちょっと考えると、コレクションの楽しみはキリがないところなのですが、今回はなぜかそう考えてしまったんですねぇ。
 手ぬぐいを普段使いにしたい、ということが集めようと思ったきっかけでしたから、僅かばかり集めた手ぬぐいは無駄なものになっておらず、毎日私のポッケに入っています。
 ハンカチより大きく、顔を洗ってもハンカチのようにビショビショになることもありません。ふと、温泉や温泉に行きたいと思ったときも、パッと広げれば粋に見えますね。

 そこの小汚いタオルを頭に載せているニイチャン、そろそろタオルはみっともないよ。粋に手ぬぐいを頭で縛ってごらんなさい。格好いいよ。

 江戸時代から続く伝統的な図案もいいですし、現代風のモダンな手ぬぐいの中にも良いものが沢山あります。
 布の長さ、質、図柄のイメージを知るには手にとって見るのが一番ですが、最近はネット販売も盛んになっています。オークションサイトでは本当に沢山出品されています。まずは恥ずかしがらず、手ぬぐいを手に入れてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

落ちる

mornig_glory ベットから落ちた!

 明け方ジィージィー鳴くアブラゼミの声でウツラウツラしているとき、ベットから落ちました。何年ぶりでしょう。

 夢を見ていて、内容は支離滅裂なので端折りますが、相手を蹴ろうとした瞬間にベットから落ち気づいた次第で。

 いい年した大人がベットから落ちる、しかも下らない夢が原因で。
 まぁ、恥ずかしいこと。
 もっとも、言わなければ誰も知らないことなんですが(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

お気楽観光

the_tea_museum 夏休み、どこへ行っても暑いし、混雑しているしで、観光地には行きたくないというのが、本音の一つです。

 で、人参烏龍さんが遊びに来ても混雑するところは避け、お気楽に観光できる”お茶の郷”に出掛けてきました。

 以前は金谷町、今は島田市にあるこの施設、日本茶を中心に世界の茶文化を紹介する博物館です。

 ここでは、茶文化を学習するのに適した場所です。
 お茶好きでない方も是非訪れて下さい。

 お茶好き、お茶マニアの人も訪れて下さい。大井川、金谷、島田の山々、そして茶畑を見渡せる3階展望台は絶景です。この風景を見るためだけに、私は晩秋にもう一度出掛けてみようと思っています。

 また、博物館に併設されている売店は地場産の茶、お土産はもちろんのこと、紅茶、緑茶、烏龍茶などなど世界の茶葉を買うことが出来ます。また、手軽な価格の茶器も販売しています。
 買い物大好き!というかたも、充分満足できると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

笑うこと

category_of_love 最近、腹の底から笑った?

 と聞いても、殆どの人が「ううん」。
 なぜなんでしょう、私なんて腹の底から笑うことよくあるんですが。

 そんな、笑いの足りないあなた。この本を読んで下さい。

 みうらじゅん著 「アイノカテゴリー

 立ち読みでも良いのですが、エヘラエヘラしている顔を他人に見られないよう、気を付けて下さい。

 面白いと思うことを発見する人は、他人と視点が違うのではなく、好奇心旺盛で観察力に優れている人である、と私は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

まいったな~

kani こんな奴らに捕まっちまって、ほんとまいったよ。

 1人はいつもの”彼”って奴で、もう1人は”人参なんとか”って奴だ。
 お昼御飯を食べようかと石の下で準備してたら、”彼”がいきなり石を持ち上げ、僕を捕まえたんだよな~。

 僕は入ると足だけじゃなく身体も赤くなってしまうんで無理なんだけど、奴らは温泉ってものに入りに来たようなんだね。
 でなに、話を聞いてたらあれを食べただの、これを飲んだだの、食べ物の話しばっかりしてやがんの。僕がまだお昼御飯を食べていないのに、頭にきちゃったよ。

 でも、奴ら僕の家の近くにビールの空き缶を捨てるようなキャンプ客と違い、写真を撮ったら逃がしてくれたので、まぁ許してやるとするか。

 さぁ、お昼御飯でも食べますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

スパイ

from_airplane 昨日、Webサーフィン中に怪しい英語のメッセージが出ました。

 その時は怪しいHPを見ていませんでしたので、なんだろう?と思いメッセージの指示に従おうと思いましたが、元来疑い深い性格ですので、まずはメッセージの件名などから調べてみました。

 そうしたら、なんとスパイウェアの疑いが。
 無料でスパイウェアを検索・駆除するソフトを見つけ、ダウンロード→検索してみたら、20件以上のスパイウェアを見つけてくれました。
 ウィルス駆除ソフトは導入していますが、スパイウェアまでは対応していないようで、ウィルス駆除ソフトでは全くヒットしませんでした。

 今まで、私のパソコンを覗き見られていた可能性があると思っただけで、ぞっとしましたが、その流入経路は記憶にありません。
 怪しいHP?それとも、毎日のように来るスパムメール?

 何はともあれ、一安心。

 もしスパイウェアが気になる方は、こちらのHPをご覧になり、ダウンロードしてみて下さい。驚く結果が出るかもしれません。
http://www.higaitaisaku.com/index.html
http://www.higaitaisaku.com/spybot2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

草刈り

kannna 今日は朝から団地の草取りで汗を流しました。
 汗をかくのは嫌いではありませんが、肌が弱いので日焼けや草が肌に当たると痒くなってしまいます。
 また、埃によるアレルギーもありますので、草を刈ったことで埃が立ち芽が痒くてたまりません。
 それでも、住んでいる団地の草刈りですから、嫌ではないのですが。

 今日の写真は中国、浙江省杭州市の西湖で撮影した斑入りのカンナです。
 詳細な場所は西湖十景の曲院風荷なのですが、睡蓮の公園の中に突然美しいカンナの姿を見たときにはハッとしました。
 中国の風景に南アメリカの植物があることが不思議と共に、この場所では斑入りカンナの存在感が大きく、クローズアップされて私には見えました。

 カンナの思いでといえば、小学生にまで戻ります。
 夏、小学校のプールで遊んだ帰り、校門のところに植えられているカンナの花の中を覗くと小指の爪ほどのマメコガネが頭を突っ込んで、ミツを吸っているのを捕まえたのを今でも思い出します。
 飼育するのは専らカブトムシとクワガタムシですから、捕まえてもすぐに逃がしてしまうのですが、兎に角捕まえることが楽しかったのです。

 カンナ、ただただ暑い夏の思いでしかありませんが、杭州で見かけた斑入りのカンナは涼しさを感じさせてくれるカンナでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

大笑い

hangzhou 私の職場では日系ブラジル人が何人も働いています。

 彼らはポルトガル語を使いますので、説明するときにウノ・ドス・トレス・クアトロ・と言って説明しようと思ったのですが、間違えてイー・アー・サン・スーと言ってしまいました。

 気づいたときには既に遅く、独りで大笑いしていました。
 もちろん、何語かも分からないブラジル人は置いてけぼりです。

 ジャスミン茶をモーリー茶と中国語で言ってしまうのも、最近の癖です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 5日 (金)

ヒマワリの種

seeds_of_sunflower ヒマワリの種。
 最近、お気に入りのお茶のお供です。

 杭州の友人達を茶館に行ったとき、ヒマワリの種を歯だけを使い器用に種だけを取りだして食べているのを見て、羨ましく思いました。

 で、私も挑戦。といっても簡単に出来るものではなく、あえなく失敗。
 しかし、ヒマワリの種を中国のスーパーで買い求め、日本に帰って練習しました。
 やれば出来るもので、もちろん友人達には敵いませんが、歯だけを使って食べることができるようになりました。

 ちょっとした、自慢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 4日 (木)

彼、人の恐怖心を煽る

snap 彼が杭州へ行った時、通訳をお願いしたのがDadaoさん。
 通訳してもらったのにも関わらず、美味しいもの食べることのできる店を紹介せいだの、近くに茶館は無いかとワガママ放題だったようです。

 茶館では彼お得意の”大笑い”できる怪談話を披露し、Dadaoさんを震え上がらせたようです。彼は”大笑い”と思っていることも、一般的に考えると恐い話しのようなのですが、大笑いしながら話すんですね。いやぁ~、本当に面白いんですって。でも、文字にはしませんよ。というより、できません。

 で、彼は杭州での恩を忘れ、またDadaoさんを恐怖話で震え上がらせたようです。
 詳細はDadaoさんの だーだおの杭州生活雑記 7月29日のブログを見ていただきたいのですが、彼女が転んで怪我をしたというのにも関わらず、彼はこんなメールを送りました。
で、すっ転んだとき床を見ましたか?
そこから、手が出ていませんでしたか?
足首を見て下さい、手の跡が付いていませんか?

 うら若き女性を恐がらせるなんて、彼は許せん奴です!

 そんな怒りを静める時には、美しい風景写真を見て下さい。
 写真の場所は杭州 西湖十景 の一つ曲院風荷です。
 蓮の公園で、暑くて堪らなかったのですが、美しい蓮の花を何種類も見ることができました。
 杭州へお出かけの際には、是非訪れて下さい。
 西湖は本当に、美しい湖です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 3日 (水)

ほどほどに

garden 杭州で泊まったホテルからの何気ない風景を切り取ったものです。

 ホテルのある大通り沿いは新しい建物が並んでいますが、一歩路地を入るとそこには旧市街地が広がっています。

 で、ふと気づいたのですが、屋上に人が歩いているんですね。
 人のいるところだけ緑があるので、よく見たらそこは屋上庭園らしく、水やりのために屋上に来ていたようです。

 私も園芸好きですから、気持はよくわかりますが背丈以上もある樹木を育てるというのは私にはできません。しかも、屋上で。屋上って重さに絶えられるような設計をしていないでしょうから、いつか天井が抜けてしまいそうで。
 オジサン、ホドホドにしておかないと大変なことになるよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

はがれる

cake7 ここ1ヶ月ほど、忙しいやら体調が悪いやらで運動していなかったので、日曜日久しぶりに体調も良かったためジムに行ってきました。

 Tシャツ、トレーニングパンツを履き替え、さぁレッツゴーと靴を履こうと思ったら靴底がベロベロとはがれ落ちました。
 仕方ないので、再びシャツとジーパンに替え直し、何事もなかったかのように(心の中はションボリと)スポーツ店に直行しました。

 で、安い靴を見つけましたが、同時に靴底を接着剤で修理することを思いつき、そのままホームセンターに直行。
 見事に靴属復活!となったかどうかは、ジムで使ってみて分かります。

 直っていると、本当に嬉しいです。
 ボロボロなのですが、愛着があるものですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

調味料バトン

misonikomi_katsu 愛地球博が開催されている名古屋の食べ物の名物といえば数々ありますが、ミソ煮込みウドン、味噌カツは八丁ミソを使った名古屋名物です。
 写真はその名物を足して2で割った、その名もミソ煮込みカツ、といいます。名古屋へ歌舞伎を見に行った時に見つけて、思わず食べました。
 ミソ○○を敬遠される方もいますが、私は大好きです。みそ汁も赤出汁があったらそれを頼みます。

 Dadaoさんから回ってきた、TB企画。今回は調味料についていです。
 話しているだけで幸せになってくるので、食べ物の話しは良いですねぇ。
 先日も、あんなの食べた、こんなの飲んだと、食の師匠とグダグダ話しをしていました。

 それでは本題に。
Q1☆次のメニューに調味料をかけますか。
目玉焼き → ケチャップ
納豆 → 納豆を食べ物として扱うこと自体が間違いです。(`ヘ´)
冷奴 → 醤油・・・ネギに鰹節を乗っけるのが我が家の定番
餃子 → 酢+醤油+ラー油
カレーライス →  粉チーズを振り掛けると美味しいけど、普段は何も掛けません
ナポリタン → 粉チーズ
ピザ → 特に何も掛けないですね
生キャベツ → 醤油 or 豚カツソース
トマト → エキストラバージンオリーブオイル・・・ウソ! 何もかけません
サラダ → ドレッシング or 塩
カキフライ → タルタルソース
メンチカツ → 豚カツソース+ケチャップ
コロッケ → 豚カツソース+ケチャップ
天ぷら → 豚カツソース
とんかつ → ソース+ケチャップ
ごはん(おかずがない時) → ミツカンゆずポン
以下、勝手に追加
揚げ春巻き → ケチャップ
シウマイ → 醤油+カラシ
スイカ → 塩(砂糖を付ける地域もありますね)

Q2☆周囲に意外と驚かれる好きな組み合わせは?
特にごじゃいません・・・中国でリプトン紅茶にミルクと砂糖を入れたら驚かれ、まず~い!って顔されました。(例 パン+納豆)

Q3☆それが一般的だと分っているのに苦手な組み合わせは?
 御飯に納豆。 納豆なんて、食べちゃいけません!
 そんなの食べると、お腹壊すよ。

Q4☆バトンを回したい5名は誰ですか?
 中学生時代、陸上部で(ホントだよ!)リレーに出たとき、アンカーでしたのでアンカーを選択いたしますぅ。

 うーん、はたして私の普段は、普通なのでしょうか?
 味覚ナンテもんは感性だからしょうがないんですが、なんにでもマヨネーズを付けるのはイカンと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »