« ウチョウラン | トップページ | 言葉の使い方 »

2005年6月 2日 (木)

女性には嫌がられるのですが

uchouran3 5月26日『好きな木』の最後に西条八十作詞”東京行進曲”を紹介しましたが、その歌詞の中に ~な年増~ という言葉が出てきます。

 この年増、江戸時代から使われている言葉です。
 女性に年増の話しをすると必ず嫌がられます。
 年増女というと今は40才位からの女性のことを言うと私は思うのですが、江戸時代~明治・大正期くらいまでは20才過ぎたら年増、25歳前後を中年増、それ以上は大年増とされていたそうなのです。

 オバサマ連にその話しをすると「じゃぁ、あたしはどうなるのよ!」と聞かれるとつい言ってしまうんですよね「オバぁちゃん」。
 そんなこと言えば怒られるのわかっているんですが、習性でつい言っちゃうんですよねぇ。

 オバサマ連の皆さん、本気じゃないんですよ。この場を借りて、謝りたいと思います。

|

« ウチョウラン | トップページ | 言葉の使い方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/4381774

この記事へのトラックバック一覧です: 女性には嫌がられるのですが:

« ウチョウラン | トップページ | 言葉の使い方 »