« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月30日 (木)

雷神

weekend_sold_out ピカッ ゴロゴロ ドッカーン ピィーッ

 今朝四時頃、雷さまの御乱心に起こされました。

 普段は雷くらいでは起きない常に平常心の神経を持つ私ですが、さすがに今回は起きてしまいました。
 かなり近くでなっていたようで、記憶の中では4度ほどどこかに落ちたようです。

 あまりに恐く、といっても落雷によりパソコンが壊れることがですが、飛び起きてパソコンのコンセントを全て抜きました。
 それを忘れて、帰宅後パソコンの電源を入れようと思ったら電源が入らなくて、焦ってしまいました。

 ちなみに ドッカーン ピィーッのピィーッは私のお腹がピィーッな鳴る音です。
 今回は大丈夫でしたが、普段は雷が鳴り始めるとお腹が痛くなり、トイレに駆け込みます。特殊体質のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月29日 (水)

あいさつ

madelene_2 スペイン語で”おはよう”って ベサメムーチョ だよね!

 スペイン語を知っている外国人にこの話しをすると、必ず笑ってくれます。

 ラテン音楽で有名なこの”ベサメムーチョ”という言葉、意味は「もっと、チュー(キス)してよ」です。
 ベサメがキス、ムーチョがもっとです。

 ある音楽家がこんな甘ったるいラブソング、演奏できるか!と拒んでいたそうですが、他人から『病気で死にそうな奥さんが、旦那さんに言っている一言という設定もあるね』と言われ、演奏する気になったとか。
 歌詞の善し悪しは分かりませんが、メロディーラインは名曲の一つだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火)

TB企画『MUSICAL BATON』

DaDaoさんのblog「だーだおの杭州生活雑記 から回ってきました。

こういうのも良いですね。

≪この企画のルール≫
①以下の質問に答える
②回答後、次の5人にバトンを渡す。

Total volume of music files on my computer***今パソコンに入っている音楽ファイルの容量は?***
 
パソコンで音楽を聴くことはないんですが、運動の時に聞くMP3プレイヤー用の曲がピッタリ1GB入っています。
 楽曲は、ディスコからボサノバまでゴッタ煮状態です

Song playing right now***今聴いている曲は?*** 
 子守歌替わりにのチェット・ベーカー(ジャズトランペッター)のCHETを。
 運動中は高校時代に聞いていたスパイロジャイラ(フュージョンバンド)のIncognitoを、爽やか気分で聞いています。
 車ではチェン・ミン(二胡奏者)の I Wish-我願が流れています。

The last CD I bought***最後に買ったCDは?*** 
shinshou 古今亭志ん生の”らくだ”・・・・って落語じゃん
 病後の録音なので、何言ってんのか聞き取れないところがあるものの、つい聞き入ってしまいます。面白いし。
 音楽は、The King Cole Trio(Nat King Coleのトリオ)のVocal Classics/Instrumental Classics・・・高校時代に買ったLPをCDで聞き直しています。ちなみに、高校当ナット・キングコールはすでに故人でした。

Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me***
よく聴く、または特別な思い入れのある5曲は?***

nabesada_calilfornia_shower  1.渡辺貞夫/カリフォルニア・シャワー(Fusion)
 初めて買ったCDが渡辺貞夫のカリフォルニアシャワー。
 小学6年生か、中学1年生の頃。
 資生堂の男性化粧品ブラバスのCMに使われ、当時フュージョンとしては大ヒットしていたようです。
 今も当時のテレビCMを見に近所の資生堂企業博物館へ出掛けます。
 今も大切な一枚です

2.スパイロ・ジャイラ/Incognito(Fusion)
 なにより、お気に入りのラテン・ジャズピアニストのJorge Dalto(ホルヘ・ダルト)のソロピアノを聞くことができます。CDそのものも素晴らしいのですが、私にはホルヘのピアノが聞けるだけで幸せです。でも、今はもう彼のピアノを聞くことができません。

3.Billy Joel/The Stranger(Pops)
 これも古いですね~(笑)
 でも、何度聞いても、いつ聞いても、飽きることがありません。
 アルバムタイトルと同じ2曲目The Strangerの口笛から始まるイントロを聞くと、条件反射で口先が細くなります。

4.ミシェル・カミロ&トマティート/スペイン(Latin Jazz)
 ラテンピアニストとフラメンコギタリストの二人だけで作り上げたアルバムで、私が最初に聞いたのはCDではなく彼らのライブでした。
 ラテンピアノ、好きなんです。ただ明るいだけでなく、持って行き場のない悲しさを含んだピアノは、聞いていて切なくなります。

5.ランディ・クロフォード/ネイキッド・アンド・トゥルー(Black)
 よく聞き込みました。全曲カバーです。
 ピアノをバックに歌う、ブルース調にアレンジされたプリンスのパープル・レインを聞きたくて買いましたが、全てが素晴らしく繰り返し何度も何度も何度も聞いています。
 彼女の声とアルバム全体の雰囲気から
、私は秋になると聞きたくなります。

Five people to whom I'm passing the baton***バトンを渡す5人***
 パソコンを持っている友人は何人かいますが、ブログを持っている友人・知人がいませんでした。いや1人ますが、DaDaoさんに戻さなきゃいけなくなってしまいますんで。
 友達、少ないんですねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005年6月27日 (月)

おやつ

madelene 昨日のオヤツは、静岡県袋井市にあるラウンドテーブルのマドレーヌ。

 お子さまからお年寄りまで、全ての年齢の方に好まれる味・食感となるよう作られています。

 大人はカフェオレ、お子ちゃまはホットミルクで美味しく食べられると思います。
 バター、グラニュー糖、卵、小麦粉、バニラと極々シンプルな材料で作られているにも関わらず、深い味わいがあります。

 一度食べると、二度、三度と癖になります。
 販売を始めた頃からこのマドレーヌを食べていますが、一向に飽きる気配がありません。

 地方にも、首都圏に負けない菓子があります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

キィキィ

kamikirimushi 母が夜買い物に出掛け、帰ってきて開口一番。

 『○○スーパーの駐車場にねぇ、こんなのいたよ!』

 もう子供じゃないんだからねぇと思いつつも、スーパー設置の豆腐を入れるような袋を覗き込んだら、子供の頃から見慣れたゴマダラカミキリとは違い、デカイ!
 見た記憶がないカミキリムシ。ネットで調べたら、日本最大級のシロスジカミキリと云うことが判明。
 写真を見て黄色いのになぜシロスジかとお思いでしょうが、このカミキリムシは死ぬと黄色い筋が白に変わるそうなのです。

 写真撮影のため座布団の上に載せたら
 『俺をつかまえやがって、こんなのかみ切ってやる。キィキィ!』
 と、暫の間座布団に噛み付いていました。
 こいつの顎の力はかなり強く、後で座布団を見たら穴が開いていました。

 こんな昆虫が出てくる季節になったんですね。暑いはずです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

ブログを書く

egg_plant 毎日日記を付ける人って、凄い才能の持ち主だと思います。

 日々の生活って淡々として、私なんて毎日同じ内容になってしまうと思うんです。

 こんな事を書いているわけですから、私は日記を付けていません。
 ブログをつけ始め、気づきました。私には記憶力の持続がありません。
 ブログのネタを見つけて『今日はこれにしよっ』って思っても、数時間後には内容を忘れてるんですね。今日も10時頃ネタを思いついたんですが、お昼には既に忘れています。
 まさにボケナス。

 ちゃんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月24日 (金)

かっぱ

katupa 写真は中国の自転車用のカッパ(合羽)の写真です。
 長いこと日本に住んでいますが、身体だけでなく自転車もスッポリ入ってしまう合羽は始めてみました。

 どうも、このタイプは中国ではポピュラーなようです。
 自転車に対応するため、このようなスタイルになったのでしょうね。

 手に入れて、日本でこのカッパ着て自転車乗り回したら、目立つこと間違い無しですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月23日 (木)

あのねぇ

hana 彼から聞いたんですが、どんなに澄まし顔の女の人でもこの一言を言えば、本性がわかるそうです。

 「ねぇ、屁こいた?」

 ここで、「こいてません!」と言ったらアウト。
 「してません!」ならセーフ

 だって、澄まし顔の上品な女性は屁は”こきません”。
 おななら、しますがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

どれがいい?

u003icn 彼のイヂの悪いところを、ご紹介。

 彼は毎週末のように馴染みのケーキ屋さんへお茶しに行っています。
 以前は紅茶を飲み続け、一時は一番苦いコーヒーをブラックで飲み、今は適当に出されたものを飲んでいます。

 ですが、新製品のケーキが出たときは別。飲み物をしっかり選びます。
 いや、選ぶんではなく選ばせます。しかも、従業員の女性に。
 「このケーキに合う、飲み物出して」って。

 え~っ、て良いながら悩んでいる姿を見るのが好きなんです。
 彼の中ではケーキの材料、堅さ、香りを確認した時点で、既に飲むものは決まっているのに、わざわざ聞くんですね。
 で、一致しないと「本当に?」って言って、余計に悩ませるんですね。

 ホント、彼はイヂワルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月21日 (火)

炭酸

mousse_chocolte 炭酸飲料の類は最近とんと飲まなくなってしまいましたが、それでも月に一度は無性に飲みたくなることがあります。

 そういうときにはスーパーに立ちより買ってしまうわけですが、炭酸飲料には大量に砂糖が含まれていると云うことですから、デ×の私にはダイエット○○を買うのは私の常識です。

 熱帯魚飼育者で、水草を専門に栽培している方は当たり前のようにしようしている二酸化炭素ですが、この二酸化炭素をビニール袋に入れて鼻から吸い込んだ人は何人いるでしょうか。

 自慢じゃありませんが、私やったことがあります。
 どうなるかって?炭酸飲料10本一気飲みして、鼻からゲップをしてみて下さい。
 私と同じ体験をすることができます。

 是非、お試しを!

 炭酸飲料に合うケーキではありませんが、写真のケーキはチョコムース。
 濃いコーヒーによく合います。
 炭酸飲料がダメな方は、こちらをお試しあれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

静岡土産 Part6

unagi_burger             静岡土産も、第六段となりました。
 とりあえず、今回はこれでネタ切れです。

 最初見つけたときは、私にとって衝撃的なものでした。
 名前も”うなぎバーガー”!
 好奇心半分、恐いもの見たさ半分というのが正直なところ。
 とりあえず、買っててみました。

unagi_burger2 バーガーといってもマックのような丸いバンズに挟まれているのではなく、焼きそばパンと同じパンに”うなぎ”を挟んでいます。
 問題はうなぎの部分。うなぎの蒲焼きをそのまま挟み込んでいるのではなく、卵焼きの間にうなぎを挟み込んだ”う巻き”を挟んであります。

 味は、う巻きの味で・・・
 不味くはありません。東名高速小笠PAにあります。
 まずは、挑戦を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日)

静岡土産Part5 アイス編2

unagi_tororo_ice_kanban さて昨日の続きです。

 バニラ、抹茶、緑茶、ワサビまでは許容範囲。
 驚きは、写真の”うなぎ””とろろ”

tororo_ice

 まずは、とろろアイス。
 静岡市丸子には江戸時代から続く”とろろ”屋さんがあり、自然薯を使ったとろろ汁と食べさせてくれます。
 観光バスがずらりと並び、メニューもとろろ汁だけという話しも聞いたことがあります。
 今は自然薯も栽培され、私の住む掛川市でもお土産として売られています。確かに、静岡特産品であることは間違いありませんが・・・

unagi_ice もう一つは、”うなぎアイス”。
 うなぎパイという超メジャーな菓子がありますが、うなぎパイはうなぎの粉末をパイに練り込んで甘く仕上げてあります。うなぎの粉末といっても、味は極ノーマル。案外美味しく食べることができます。
 浜名湖はうなぎの養殖で有名な場所ですが、最近は中国等からの輸入品に押され、養鰻業者も少なくなりスッポンの養殖に切り替えている業者も見られるそうです。
 うなぎの養殖は浜名湖だけでなく、中部地方にある吉田町でも同様に行われており、東京銀座の名店で出される蒲焼きには”静岡県吉田産”の表示がありました。
 蒲焼き美味しいですね~、ヨダレが出そうです。
 しかし、うなぎをアイスにするのは・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

静岡土産 Part4 アイス編1

wasabi お土産ではありませんが、地元でなければ買えないもの。
 例の東名小笠PAで見つけたものです。

 アイスも兎に角いろんな味付けができます。
 バニラ、ミルク、チョコレート、抹茶は代表、イチゴ、メロン、パイナップル等フルーツ系などはそんなに不思議なものでもありません。

cha_ice 写真のアイスは、静岡土産でもまぁ、理解の出来るものです。
 上の写真、バニラは静岡特産でもありませんね。
 わさび味、これも伊豆地方では有名な特産品。ワサビ漬けは静岡では定番のお土産品ですから、アイスにしてもOK。

 抹茶、一般家庭ではそう飲むものではありませんが、アイスのネタとしては一般的、特別静岡の特産品というものでもないでしょう。
 緑茶、これは完全に静岡の特産品。美味しくいただいて、安全運転でお帰り下さい。

 ・・・明日に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

二者択一

uchouran7 梅雨入りし、涼しい日はいいのですが、蒸し暑いのだけは我慢できません。

 とくに、ジットリとかく汗で仕事が終わった後のTシャツは、着ている本人でも鼻が曲がりそうになります。
 誤解しないで貰いたいのですが、私は脇臭はありません。それでも、Tシャツは汗くさくなります。

 日本人は臭いに敏感と言われています。
 欧米人が香水をつけて臭いを消そうとするのに対して、日本人はシャワーを浴びたり、着替えたりと根本となる臭いの元を絶つ行動をとります。

 ふと思い、会社の女性陣に「”ブス!”って言われるのと”臭い”と言われるの、どちらが嫌?”と聞いたら、全員が”臭い”という回答でした。
 今気になっているのは、海外の人はどうかということ。
 どうなんでしょう。他の国の人達。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月16日 (木)

静岡土産 Part3

unagi_kitty 静岡土産の第三段。

 今日は超有名人に、ご登場願いました。

 ”はろうきてぃ”も静岡土産になると”うなぎきてぃ”になってしまうのですね。
 最初はウナギ味のポテチかと思っていましたが、塩味なんですね。

 この”うなぎきてぃ”、妙に可愛らしいと思いません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

静岡土産 Part2

umaibou 昨日に続き、静岡土産です。

 まずは”うまい棒”。
 名前は知っているんですが、うまい棒ってどんなお菓子か、知らないんですね。
 チョコバットとは違うな!とは想像できるんですが。
 で、静岡限定は”蒲焼き味”。
 確かにねぇ、静岡と云えば”ウナギ”ですが、蒲焼き味ってのはあんまり地域と関係ないような気がするんですが。まぁ、美味しければそれで良いってところもあるんですが。

unagi_kakipi

 チョコレートがコーティングされた”柿の種”を初めて食べたときはちょっとショックでしたが、ミスマッチ的な美味しさがあり、それはそれで受け入れられましたが、これは”蒲焼き味”の柿の種。
 どうしても、味が想像できません。
 蒲焼き味の柿の種、驚きですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年6月14日 (火)

静岡限定

aporo 昨日紹介した、カエルサブレと同じ東名小笠PAで見つけた、静岡限定品です。

 アポロ。緑茶味。

kinokono_yama

 きのこの山。緑茶味

 やはり静岡というと、お茶ということですね。

 個人的には抹茶味、緑茶味はあまり好きではありませんが、それは少数派。緑茶アイスに抹茶のケーキ等々、抹茶味の食べ物はとても人気があります。
 チョコレートにお茶の味を合わせるのは、定番中の定番。
 静岡土産に、いかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

おみやげPart1

frog_sablet ♪ 白・黒・抹茶・あがり・珈琲・柚子・桜…青柳ういろ~♪

 名古屋圏の人なら、思わず口ずさんでしまう有名なCMソングですが、その青柳から出ている ”カエルサブレ” を東名小笠PAにて発見! ご近所さんなので、散歩がてらPAにプラリ出掛けることがあるんです。

 まさか、カエルの粉末を・・・と想像してしまいましたが、違うんですね。
 そりゃそうだわな。いくら何でもカエルの粉末を使うわけありません。
 パッケージをよく見たら”みんな笑顔で無事カエル”。
 単なる、駄洒落でした。
 ちゃんちゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日)

4代目&15代目

yasu 昨日の彼は、左脇腹を寝違えていましたが(たぶん、夜中誰かに蹴られたと思います)、今日は元気いっぱい。朝から、ベランダでウチョウランを眺めていました。

 で、同じ写真を使うのは二度目ですが、コウモリの話題に誰も突っ込んでくれませんので、自分で突っ込みます。

 コウモリって、蝙蝠安じゃん!

 写真は”与話情浮名横櫛”。一般的には”切られ与三郎”。ディック・ミネさんが歌った”お富さん”の元になった歌舞伎です。
 この写真の凄いのは、役者! 男前で有名な
15代目市村羽左衛門と名人4代目尾上松助なんです。
 15代目羽左に4代目松助は私の憧れの歌舞伎役者。手に入れたときは、大喜びしたくらいです。

 この写真には、以前の持ち主により「松助ノ蝙蝠安ハ天下一品ニテ 此ノ度歌舞伎座ニ於イテ 一世一代ニテ勤メタリ」とのコメントが書かれていて、持ち主の思いのこもったものを手に入れることができて、心底喜んでいます。

 スミマセン、カルト過ぎる話しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

uchouran6 今日の彼は、日頃の悪行三昧が祟ってか、左脇腹を寝違え静かにしております。

 雨でどこかに出掛けることも億劫。
 まぁ、ちょうどいいやと彼は申しております。

 明日になれば痛みも治まり、彼も元気になるんでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

梅雨入り

tenkizu 昨年は酷暑、台風、洪水と散々な夏で、水害でなくなった方は250人前後となったようです。

 今回の台風は本土へ上陸することないという予想のようで、被害にあわれた方達は、胸をなで下ろしているのではないでしょうか。

 九州・関東甲信越が今日梅雨入り。私の住む東海地方はまだ梅雨入り宣言していませんが、ここ数日の天候を見ていると梅雨に入っているようにも思えます。
 雨は嫌いではありませんが、

 今年の夏は、どんな夏になるのでしょう。多少暑くても、自然災害で人が死なない夏になってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

ふわふわと

yasu 会社を出て空を眺めたら、空を飛ぶ生き物を発見。

 ツバメのようにも見えましたが、よく見たらコウモリでした。

 私の町では見たことがなかったのですが、隣町で見ることができるというのは不思議です。

 久しぶりに見たコウモリ、妙に感動しました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年6月 8日 (水)

中村鴈治郎

3_ganjirou 以前から話しはありましたが、鴈治郎さんの坂田藤十郎襲名の日程が決まりましたね。

 今年は中村勘三郎襲名の年にも関わらず、12月京都南座のスケジュールが決まっておらず、京都なので江戸には譲らず藤十郎襲名のスタートになるのではないかと噂しておりましたが、ピッタリ大当たりでした。

 3代目中村鴈治郎。成駒屋。妹は中村玉緒さん、奥さんは扇千景さん。
 歌舞伎座の楽屋口にて、ご本人から戴きました。

 この時は、仁左衛門さんの八右衛門に鴈治郎さんの梅忠といい顔あわせでした。
 鴈治郎さんの梅忠、小判の封印を切るときに注目してみていましたが、まるで武士が腹を切るかのような演技で、死を覚悟した雰囲気をだしていました。
 ってなことをサインを戴いている間に話しをしたという記憶がありますが、まぁ当時は恐いもの知らずだったんですね・・・今も変わりないのですが。

 坂田藤十郎さん屋号が山城屋に代わります。
 初代から消えていたと思っていたのですが、4代目になるのですね。
 消えてしまった名前の復活、若い役者にあてがってもらうと嬉しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月 7日 (火)

心ない人達

uchouran5 昨日ホタルを見に行った時、”ホタルを捕まえないで下さい”という看板を見てお嬢さん達が「そんな、心ない人達がいるんだ~」と話していたこと、昔はその辺でホタルを見かけた等と云うことを会社で話そうとしたときのことです。

 「昨日、蛍狩りに行きましてね」
 「えっ、オヤジ狩り・・・?」

 心ない人が、身近にいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月)

蛍狩り

fire_fly 蛍を見たのは何年ぶりでしょう。
 子供の頃は自然も多く探さなくても蛍なんて近所にいたものなんですが、最近はわざわざ車で出掛けなくては見ることができなくなってしまいました。まぁ、仕方のないことですが、残念なことです。

 暗闇をホタルが乱舞する光景、幽玄的でこの世の風景ではないようです。
 日常にあるものですが、非日常的なものの代表のようにも思えます

 光の下で見るホタルは単なる虫にすぎませんが、暗闇で見るホタルは虫では無いと思ってしまうのは私だけでしょうか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

懐かしの

nabesada_calilfornia_shower 深セン組さんと音楽の趣味が似通っていることが判明しました。

 で、思わず押入の奥にあったのを、引っぱり出してしまいました。
 同世代の方はジャケット見ただけで、すぐにわかりましたね。
 ナベサダ(渡辺貞夫)のカリフォルニアシャワーです。

 中学1年か小学6年生の頃だと思うのですが、カリフォルニアシャワーは私が自分の小遣いで、初めて気に入って買ったLPです。好きでCDを買い直したほどです。
 近所にある資生堂企業博物館では、当時のテレビCMを全て流しています。時折、貞夫さんが出演したブラバスのCMを見たくなり、散歩がてら出掛けることがあります。

 当時から今の下地があったのですから、まぁ昔からこしゃまっくれたガキだったんですねぇ。
 ちなみに、小学生の頃からラジオで落語を聞いたり、ダイ・ラケさんの漫才を見たりしていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土)

古典

kaminarimon 浅草、雷門。

 TBS系金曜10時からのドラマ「タイガー&ドラゴン」の影響で落語がブームになっているそうで。
 その前から、小朝・釣瓶・志の輔・昇太・花緑・正蔵の六人の会や昇太・講談の神田山陽等がSWAを結成し落語ブームの兆しはありましたが、タイガー&ドラゴンで一気に火がついたようです。ブームブームとマスコミが言っているだけなのかもしれません。寄席に客が戻ってきていればいいのですが。

 落語、歌舞伎ともに古典と云われる芸能ですが、古典を古くさいものというイメージが古くからあるものというものに変わってくれると、古典好きには嬉しいのですが。
 いや、古典に限らず、新作もモチロン楽しいです。

 聞き取り難いものもありますが、志ん生の落語は良いですよ~。なんせ、初代吉右衛門が「役者でも落語くらいは聞いておかないと」と志ん生師匠を呼びよせ、弟子に落語を聞かせたということですから。今ふと思ったのですが、弟子への勉強というのを理由に初代播磨屋が志ん生の落語を聞きたかったんではないでしょうか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

言葉の使い方

uchouran4 彼の悪行三昧は皆さん周知のことですね。

 彼の勤め先には、節度を持って言いたいことを言い合えるお姉さまがいるのですが、彼はこのお姉さまにババァだの鬼ババだの言いたい放題言っているそうです。

 まぁ、そんなのは日常茶飯事のことですので、相手も怒りもしません。

 で、ある日のこと彼は思いついたのです、特別の一言を。思いついたら、黙っていることはできません。機会を見つけてってとても優しい声で言ってあげました。”おばあちゃん”って。

 そしたら”あたしゃぁね、まだ婆さんじゃないんだからね(`´)ってすんごい怒られました。

 彼はシメシメと思い、ニヤニヤしながらその場を後にしました。

 彼は、他人の感情を逆撫でするのが得意なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 2日 (木)

女性には嫌がられるのですが

uchouran3 5月26日『好きな木』の最後に西条八十作詞”東京行進曲”を紹介しましたが、その歌詞の中に ~な年増~ という言葉が出てきます。

 この年増、江戸時代から使われている言葉です。
 女性に年増の話しをすると必ず嫌がられます。
 年増女というと今は40才位からの女性のことを言うと私は思うのですが、江戸時代~明治・大正期くらいまでは20才過ぎたら年増、25歳前後を中年増、それ以上は大年増とされていたそうなのです。

 オバサマ連にその話しをすると「じゃぁ、あたしはどうなるのよ!」と聞かれるとつい言ってしまうんですよね「オバぁちゃん」。
 そんなこと言えば怒られるのわかっているんですが、習性でつい言っちゃうんですよねぇ。

 オバサマ連の皆さん、本気じゃないんですよ。この場を借りて、謝りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 1日 (水)

ウチョウラン

uchouran_shiro 今まであまり日本の山野草に興味がなかったのですが、暫く前から日本の山野草に目が行き始め、年末・年始の休みにオークションでウチョウランの球根を格安で手に入れました。

 ウチョウランは古くから栽培種として扱われ、品種によっては1球1万円台というものもあるようです。

 私が入手したのは1球100円程度の楽しみで育てるもの。
 そのウチョウランが花を付け始めました。
 ウチョウランを漢字で書くと羽蝶蘭。花の形はまるで蝶が羽を広げたような形です。

 花が咲いてくれましたので、まずは一喜び。
 次は球根を肥大させ、分球を促進させるという作業になります。
 花が咲いて終わりではなく、来年寄りよい花を付けてくれるかどうかは、これからの管理次第。初めてなので、上手くいきますかどうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »