« 間違えやすい | トップページ | 恐るべし »

2005年5月14日 (土)

何年振り

mornig_glorly アサガオを育てるのは小学2年生以来のことです。

 きっかけは、上野の国立博物館で購入した変化朝顔の本。
 変化に富んだ花が実に魅力的だったのです。
 でも、読んでいてわかったんです。上級者向けの変化朝顔を育てるにはベランダでは難しいことが。劣性遺伝子が重なって出てくる魅力的なアサガオは、理論値で5~6%の出現率のようなのです。現実にはもっと低い可能性もあります。

 それでも、魅力的なので今年のお正月、あまりに暇でしたのでヤフーオークションで検索したら、ありました。難しいのは無理なので、濃紫桔梗咲半八重と呼ばれる品種を落札しました。

 アサガオの種まき、傷を付けたり、水に浸けたりしていたんですね。
 小学生以来ですから、全く憶えていませんでした。
 写真は数日前、芽が出始めたばかりの時です。
 朝顔の観察日記の始まりです。

|

« 間違えやすい | トップページ | 恐るべし »

コメント

仕事の第一段階が、パソコンの前に座ること。
というわけで、たびたびお邪魔しています。

変化朝顔、わたしも一時、魅了されました。
といっても、写真だけです。
変化だろうと無変化だろうと、朝顔には縁のない生活・・・なので。

投稿: カーリュー | 2005年5月14日 (土) 21時09分

おはようございます。
今朝は休日にも関わらず、6時45分に目が開きました。
私はアサガオタイプですね。
カーリューさんはユウガオタイプ。イヤイヤ、源氏物語の夕顔タイプということではありませんよ(ナンテ失礼な)。

投稿: Osome | 2005年5月15日 (日) 08時48分

旦那~
相変らず キワモノがすきですな~
えっと・・・ボクは興味ありませんからね。
もういいですからね・・・・・

投稿: 人参烏龍 | 2005年5月16日 (月) 00時01分

あぁそうですか、興味ないんですね。
じゃぁ、種が取れたら送りますから安心して下さい。
もう一種類、安定した形質の変化朝顔がありますので、そちらにしましょうか?
フェンスにツタを這わせれば、良い景色になるでしょうねぇ。

投稿: Osome | 2005年5月16日 (月) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98110/4124482

この記事へのトラックバック一覧です: 何年振り:

« 間違えやすい | トップページ | 恐るべし »